ロードバイクに乗るときは、
ヘルメットをかぶりましょう!

 

とはいっても、
夏にヘルメットは熱そうですよね。

 

ヘルメットの一番の役割は、
ころんだ時の頭の保護ですが、
その前にヘルメットのせいで熱中症になってはたいへんです。


暑いからといって
ヘルメットをかぶらなければ
転倒時にもっとたいへんなことになります。

 

なので、私は、
通気性が良く、
夏にかぶっても涼しい
ことを第一に、

OGKカブトのヘルメット
コーフー(KOOFU)WG-1を選びました。

 

発売から数年たっていますが、
通気性が良く、とても軽量なモデルです。

 

以下にレビューしますので、
ヘルメット選びのお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク


私が選んだ理由/通気性と軽さ

OGKカブトのヘルメット
コーフー(KOOFU)WG-1は、
定価(税別)が2万4千円です。

 

まえに使っていたヘルメットは1万円だったので、2倍以上の価格です。

 

また、デザインについては、
正面から頭頂部にかけてVの形状がいまだに好きになれません。

 

ですが、
コーフー(KOOFU)WG-1は、
通気性と軽さが違います。

コーフーWG-1/前上

(Vの形状がダメです)

 

コーフーWG-1/横

(横向きはカッコイイです)

通気性

まえのヘルメットは、
クロスバイクと一緒に買ったもので、
その後にロードバイクを買った後も、そのまま使っていました。

 

ですが、
夏にかぶると熱がこもって
我慢できないくらい暑くなります。

 

最初は、
どのヘルメットでもこんなものだろう
と思っていましたが、

どうにも我慢ができなくなったので、
涼しいヘルメットを求めて選んだのが
OGKカブトのコーフー(KOOFU)WG-1です。

 

当時、
ヘルメットに2万円以上は高い
と思っていましたが、
思い切って買って良かったです。

 

暑さで我慢できないなんてことはなくなりました。

 

 

下の写真が示すように、
コーフー(KOOFU)WG-1は、
前方にも後方にもしっかり穴があいています。

コーフーWG-1/正面

 

コーフーWG-1/後

 

そのため、
ヘルメット内にしっかり空気が入り、
入った空気はしっかり排出されます。

 

つまり、空気の抜け良いです。

 

下の写真は、まえに使っていたヘルメットです。穴が小さく、空気の抜けが悪いことが見て分かります。

ヘルメット比較/後

 

下の写真が示すように、
コーフー(KOOFU)WG-1の内側をみると、全体わたって多くの穴が配置されています。

 

また、
深い溝が縦方向に形成され、前から入った空気を後方の穴へ導き、さらに、浅い溝が斜め方向に形成され、両サイドの穴にも空気を導いています。

 

このように、ヘルメット内で空気の流れが良いので
蒸れ(ムレ)が抑えられています。

コーフーWG-1/裏

 

また、
このように空気の抜けが良いので、
下り坂で受ける風圧によって、
ヘルメットが後ろへ持って行かれるようなことはありません。

 

 

さらに、下の写真のように
ヘルメットの表面には穴の前方に
突起があります。

コーフーWG-1/突起

 

この突起により乱流が発生し、
ヘルメット内部の熱気を引き出す効果があります。
(航空機やF1にも導入されている構造です)。

 

どれだけの効果があるか分かりませんが、
少しでも通気性を良くしようという工夫がされています。

軽さ

コーフー(KOOFU)WG-1は、
実測で205g(Lサイズ)と軽量です。
(S/Mサイズは他のサイトによれば189gです)

 

ヘルメットの重さを
ほとんど感じないくらい
なので、
かぶっていてとても軽快です。

 

ちなみに、通勤に使っている
OGKカブトのレフ(LEFF)は、
実測315g(XL/XXLサイズ)です。
(M/Lサイズはカタログ値270gです)

 

100g程度の違いですが、
レフ(LEFF)はしっかり重さを感じます。

 

このように、
コーフー(KOOFU)WG-1は、
軽くて通気性が良いので、
特に夏のロングライドでその効果を実感できます。

 

スポンサーリンク


他にも通気性の良いヘルメットはある?

私がコーフー(KOOFU)WG-1を買ってから今までに、多くのヘルメットがモデルチェンジし、また新製品が発売されました。

 

なので、通気性の点で気になるヘルメットを紹介します。

OGKカブトのゼナード(ZENARD)

同じOGKカブトに
ゼナード(ZENARD)があります。
(ハイエンドモデルです)

 

重さはカタログ値で
Lサイズが225g
S/Mサイズで205g
定価(税別)が2万9千円です。

 

このヘルメットも通気性が良いです。

 

が、
コーフー(KOOFU)WG-1より
わずかですが重く、
デザインも少し古く感じます。
値段も高いです。

 

デザインが好みなら、
Kabuto史上最高のエアフローが生んだ冷感ヘルメット
なので、ゼナード(ZENARD)もおすすめです。

SPECIALIZED S-WORKS 「PREVAIL II」2017年モデル

今年2016年のツールドフランスで
サガンがかぶっていた新型2017年モデルのプリヴェイルIIです。

 

モデルチェンジしてかっこよくなっています。

 

定価(税込み)は28080円です。
(スペシャライズド・ジャパンのHPに画像があります)

 

まだ、あまり情報がないので、
現行モデル「PREVAIL」(プリヴェイル)について説明します。

 

定価(税込み)が2万9千円
Mサイズが185g

軽くて通気性が良いことで知られています。

 

とても個性的なデザインで、
私には似合わないので買わなかったのですが、

新型2017年モデルのプリヴェイルIIなら似合うかもしれないので欲しいです。
(サガンになれないのは分かってます)

 

 

参考までに
現行モデル「PREVAIL」(プリヴェイル)の動画を載せておきます。
空気の流れが分かりますよ。

 


カスク(KASK)のプロトン(protone)

今年のツールドフランスで総合優勝したフルームが所属するTeamSkyが使っていたヘルメットですね。

 

穴あきヘルメットの中で、
エアロダイナミクスと熱放散率の両方にも優れるモデルです。
空気抵抗が小さく、通気性も良いです)

 

が、
頭頂部に穴が少ないので、
その分だけ放熱性が低そうです。

 

Lサイズが295g、Mサイズが235g
定価が3万4千円(税別)
です。

 

上記のモデルに比べて重く、放熱性もやや劣り、
価格も3万円を超えるのが難点です。

 

 

ですが、
ツールドフランスで
マイヨジョーヌを着たフルームがかぶっていたし、
カッコいいですよね。

 

予算があって、
空気抵抗とデザインを重視するなら、

通気性も考慮されたモデルなので、
カスク(KASK)のプロトン(protone)も良さそうです。

 

 

その他の特徴/気に入った点

このように、
他にも良いヘルメットが発売されていますが、

通気性、軽さ、値段の点から、
OGKカブトのヘルメット
コーフー(KOOFU)WG-1は優れていると言えます。

 

 

その他の特徴としては、
チンストラップ(あごひも)が良いです。
(ゼナードも同じものが採用されています)

 

このチンストラップは、汗でベトつきにくく、しかも軽量です。

コーフーWG-1/チンストラップ

 

まえの1万円のヘルメットでは、
ストラップが汗を吸って重くなり、また肌にペトってはりついたりして不快でした。

 

コーフー(KOOFU)WG-1の
チンストラップには、
瞬間消臭繊維や、
強度を保ったまま軽量化を実現するために中空構造
が採用されているのですが、

なにより、
汗でベトつかずにサラっとしているのが良いです。

 

小さいことのようですが、
ホビーサイクリストの私にとっては大きなメリットです。

 

 

その他に、ノーマルのインナーパットが厚みの違う2種類あり、また虫が入るのを防ぐネット状のインナーパッド(AIネット)、風の浸入を抑える冬用のWinterインナーパッドが付属しています。

 

川沿いのサイクリングロードを走ると小さなムシがたくさんヘルメットに入りますが、AIネットがあれば大丈夫です。

 

が、
通気性が悪くなるので注意してください。

 

私は、川沿いを走る以外はつけていません。
(冬の防寒用としてAIネットを使うと蒸れも寒さも抑えられて重宝しています)

おわりに

ヘルメットを選ぶ際は、
まず、自分の頭にフィットすることが大切です。

 

なので、ぜひショップで試着してから購入を検討してください。

 

試着なしで通販で買うときは、
返品や取り替えが可能なことを確認してから発注してくださいね。

 

また、OGKカブトは
日本製なので大丈夫ですが、
外国ブランドには、
日本人の頭に合わないものがあるので注意
してください。
(最近は「アジアンフィット」といって日本人に合う商品が増えてきていますが)

 

 

一般に、
価格とデザインで選ぶ方が多いと思いますが、通気性を忘れないでくださいね。

 

せっかくヘルメットを買っても
暑いからと言ってかぶらなければ意味がありません。かぶったとしても暑さで体力が奪われ、何より暑くてせっかくの夏のライドを楽しめません。

 

なので、
通気性の良いヘルメットがおすすめです。
(ロングライドなら軽ければもっと良いです)

 

涼しい軽いヘルメットで、
快適な夏のライドを楽しんでくださいね。

 

レーパンにも涼しいのがあります↓
パールイズミのコールドブラック3Dネオプラスの購入レビュー

脚の日焼けとすね毛対策についてはコチラの記事をどうぞ↓
パールイズミのコールドブラックレッグカバーの購入レビュー

腕の日焼け対策にはアームカバーがおすすめです↓
パールイズミのアームカバーの購入レビュー

顔の日焼け対策にはフェイスマスクをつかっています↓
涼しいマスクでUVカット!RF-SPORTS MASKの購入レビュー