クロスバイクは、
ママチャリより高価なので盗難対策は必須です。

 

が、最初から鍵がついていません。

 

なので、
鍵を買う必要があるのですが、
カギ式ダイヤル式のどちらが良いのか迷います。


私のクロスバイクは、
カギ式をメインにしているのですが、

その理由を、
メリットとデメリットと併せてまとめてみます。

 

クロスバイクの鍵を選ぶ際に、
お役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク


駐輪時間で判断/ダイヤル式のデメリット

カギ式とダイヤル式のどちらが良いか
駐輪時間で決めることができます。

 

ママチャリのように
駐輪時間が長い使い方をする場合、
メインの鍵にはダイヤル式ではなく、
カギ式をおすすめします。

 

 

例えば、私の場合、
最寄りの駅までの通勤に使うので、
昼は駅の駐輪場に置き、
夜は自宅マンションの駐輪場に置いています。

 

なので、一日のほとんどの間、
自分の目の届かない屋外に置いていることになります。

 

このような駐輪時間が長い場合は、
番号が合いさえすれば、
道具なしで開いてしまうダイヤル式は不安です。

 

駐輪時間が長いほど、
番号を合わせる時間を十分にとれるので
鍵が開けられてしまう可能性が高くなります。

 

特に、番号の桁数が少ない
3桁のダイヤル式は、
順にダイヤルを回していけば誰でも開けることができます。

 

 

4桁のダイヤル式なら、
開けるのが難しくなり、
防犯性も高くなりますが、
自分が開けるのもメンドウになります。

 

そのうち
すぐに開けることができるようにと、
端の1つのダイヤルだけを少し回して
暗唱番号を一桁だけずらす
ようになります。
(窃盗犯はこのような傾向を分かっています)

 

これでは、4桁であっても、
3桁のダイヤル式より防犯性が低くなってしまいます。

 

なので、
駐輪時間が長い場合は、カギ式をおすすめします。

 

 

一方、
夜間は、屋内に保管し、
昼間は、駐輪時間が短いのであれば、
逆にダイヤル式をおすすめします。

 

それは、鍵式には次のデメリットがあるためです。

 

スポンサーリンク


カギ式のデメリット/ダイヤル式のメリット

カギ式のデメリットは、何と言っても、
鍵(キー)をなくしたら大変なことです。
(ダイヤル式も番号を忘れたら大変ですが)

 

特に、自転車で遠くへ行った時に無くすと、途方にくれます。

 

なので、スペアキーを持っていきましょう。
(但し、決して2つのキーを同じ場所にしまわないように)

 

 

一方、ダイヤル式では、
キーをなくす心配はないので、
その点が、ダイヤル式の一番のメリットになります。

3本のキー付きがおすすめ

キーを無くすデメリットよりも、
盗まれる方が大変なので、
駐輪時間が長い場合はカギ式をおすすめします。

 

が、
カギ式を購入するときは、
キーが3本付きの製品をおすすめします。

 

キーが2本しか付いていない場合、
1本を無くしても使い続けていると、
最後の1本を無くしたときが大変です。

 

以前、近所の鍵屋さんに
U字ロックの切断を依頼したら、
出張費込みで5千円請求されました。

 

自宅マンションの駐輪場なので、
このぐらいで済んだのですが、
遠方から呼び出すと5千円では済まないかもしれません。
(ネットを見ると、1万円以上請求された方もいるようです)

 

 

また、製品によっては、
キー番号と商品名をメーカーに知らせると、
有償でスペアキーを送付してくれるものがあります。

 

ですが、そのような製品でもなく、
キーが2本しか付属していないと、
1本キーを無くした時点で、その鍵を使えなくなります。

 

もう一度、キーをなくすと、
切断するしかないので、
もし無くしたらと思うと、その鍵を使う気にはなりません。

 

残りの1本をもとに
合い鍵を作ろうとしても、
作れない製品が増えています。
(むしろ、そのような鍵を選ぶべきですが)

 

実際、私は、
2本のキーの1本を無くしたことがあり、
そのときは、その鍵は使うのをやめて、
新しいものに買い換えたことがあります。

 

 

このように、
キーが2本しか付いていない鍵は、
キーを1本なくすたびに
鍵本体を買い換えることになります。

(使い続けてもいいですが次に無くすと切断です)

 

なので、
最初から3本付きがおすすめです。

 

それでも不安な方は、
スペアキーの送付サービスがある製品を選びましょう。

開け閉めが楽なのはどっち?

カギ式は、キーを
財布やバックから取り出して
開け閉めするので手間がかかります。

 

一方、ダイヤル式には、そのような手間はありません。

 

なので、ダイヤル式が良さそうですが、
少なくとも私にとっては、そうでもありません。

 

私は、指先が不器用なのか、
番号を合わせるのにチョット手間がかかります。

 

せっかく合わせた番号が
次の隣のダイヤルを回すときに
一緒に回ってズレたりします。

 

最近、視力も低下してきたので、
ダイヤルの小さな数字は見にくいですし、
暗いところでは、もっと見えにくくなります。

 

 

番号が3桁のダイヤル式なら
それほど手間はかからないのですが、
盗む人にとっても
番号を合わせやすくなるので、
長い時間の駐輪では盗難が心配になります。

 

では、
1桁多い4桁はどうかというと、
番号を合わせにくくなるので、
盗難の心配は小さくなりますが、
自分が番号を合わせるのがメンドウになります。

 

このように、鍵の開け閉めの点では、
ダイヤル式が良いともカギ式が良いとも言えません。

まとめ

以上をまとめると、次のようになります。

  • 駐輪時間が長い場合(特に夜間)カギ式がおすすめ

  • ただし、鍵(キー)をなくさないように注意!

  • カギ式を買うなら3本のキーが付いたものがおすすめ

  • ダイヤル式は、
    キーを無くす心配はないが、
    長時間の駐輪には不安(特に3桁)

  • 鍵の開け閉めの手間については、
    カギ式もダイヤル式(4桁)も手間がかかる。
    3桁のダイヤル式なら良いが、防犯性が劣る。

というわけで、
私はクロスバイクを
長時間、駐輪場に置くので、
カギ式をメインに使用しています。

 

 

一方、私は、
ロードバイクも所有してますが、
夜間は、屋内に保管し、
昼間は、コンビニ等に立ち寄る程度の短い時間しか駐輪しません。

 

なので、ロードバイクには、
ダイヤル式(3桁)の鍵を使用しています。

 

 

このように、私は、
駐輪時間に応じてカギ式とダイヤル式を使い分けています。

 

カギ式とダイヤル式には、それぞれ、
メリットとデメリットがあるので、
どちらが良い悪いではなく、
自分の駐輪スタイルに合うものを選びましょう。

 

こちらの記事では私が使っている鍵を紹介しています↓
クロスバイクのカギを選ぶポイント

軽さを優先したい方はコチラの記事をどうぞ↓
ロードバイクの鍵を選ぶポイント!やっぱり軽いのがいい

ロードバイクにはダイヤル式を使っています↓
ロードバイクの鍵をカギ式からダイヤル式に替えた3つの理由