ロードバイクは、
とても高価なので
盗難防止のための鍵は必須アイテムです。

 

前の記事では、
クロスバイクについて
カギ式とダイヤル式のどちらが良いか
を書きましたが、

今回は、
ロードバイクについて考えてみます。

前の記事にも書きましたが、
どちらが良いかは特に駐輪時間によります。

 

私は、今年、
カギ式からダイヤル式に替えたので、
その理由も書いてみます。

 

ロードバイクの鍵を選ぶときに参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

3つの理由

ダイヤル式は、
番号が合えば道具なしで開いてしまいます。

 

特に3桁のダイヤル式は、
順にダイヤルを回していけば誰にでも開けることができます。

 

なので、ダイヤル式は
ロードバイクには不安で、
これまでカギ式を使っていました。

 

が、今年に入って、
次の理由で、ダイヤル式(3桁)に替えました。

  1. カギ式は、鍵(キー)の出し入れが手間。
  2. 私の場合、長時間、駐輪することがなかった。
  3. カギ式は、鍵(キー)を無くしたら大変。

以下に、順に説明します。

キーの出し入れが手間

カギ式は、
鍵(キー)を財布やポケットから取り出し、
使ったら元に戻す必要があるので、
その分だけ手間がかかります。

 

チョットしたことですが、
その手間を惜しんで、
つい、鍵をかけないで

自転車から離れてしまうようになります。

 

ロードバイクは軽いので、
ちょっと目を離したすきに、
あっという間に車に積んで持ち去られてしまうおそれがあります。

 

そんなことになったら、
悔やんでも悔やみきれません。

 

その点、ダイヤル式は、
鍵が無くても開け閉めでき、
特に3桁のタイプであれば手間がかかりません。

 

 

また、私は、
仲間たちとツーリングに行くことがあり、
昼食や休憩時に
カギをかけることがあります。

 

その際、
仲間達はみなダイヤル式なので
鍵の開け閉めがスムーズです。

 

一方、カギ式の私は、
ワンテンポですが行動が遅れます。
(店に入るときも最後、出発するときも最後になります)

 

気にするようなことでもないのですが

私は走行時も遅れ気味なので、
自転車を降りたときくらいは
遅れないようにできないものか
と思っていました。

 

今年は、
カギ式からダイヤル式に替えたおかげで、
仲間達に遅れることなく、
スムーズに鍵の開け閉めができています。
(走行時は相変わらず遅れ気味ですが)

 

スポンサーリンク

駐輪時間は短く!

どんな鍵であってもプロに狙われたら盗まれます。

 

その対策として効果的なのは、
駐輪時間を短くすることです。

 

 

初めてロードバイクを買った頃は、
不安なので、
少しでも防犯性が高いものをという理由で、
カギ式を選んでいました。

 

が、
その不安のせいもあり、これまで
ロードバイクを何時間も駐輪することはありませんでした。

 

コンビニに立ち寄るくらいの時間しか駐輪しません。

 

なので、私の場合、カギ式でなくても
短い時間なら開けにくいダイヤル式で十分です。

 


ちなみに、
盗難防止のもう一つの効果的な対策は
複数の鍵をかけることです。

 

仲間とツーリングに行く時は、
昼食時に話がはずんで
駐輪時間が長めになります。

 

なので、
仲間達と一緒に駐輪するときは、
複数のロードバイクを重ねて、
みんなの鍵を複数使ってまとめてロックしています。

鍵を無くしたら大変!

カギ式には、
鍵(キー)を無くすと開けられない
というデメリットがあります。

 

ロードバイクは走行距離が長いので
遠くで無くしたら大変です。

 

私は輪行もするので、
旅先で鍵を無くしたら途方にくれます。

 

なので、カギ式を選んだ場合は、
盗難の不安よりも、
「もし鍵を無くしたら」という
さらに大きな不安をかかえることになります。

 

もちろん、
スペアキーを携帯したり、
鍵にキーホルダーをつけたり、
と工夫をすれば良いのですが、

ダイヤル式ではそのような不安も手間もありません。

おわりに

というわけで、私は、
これまで使っていたカギ式をやめて、
ダイヤル式に替えました。

 

 

ロードバイクは、
高価で狙われやすいので、
鍵をつけるだけでなく、
駐輪時間を短くすることが効果的です。

 

なので、
駐輪時間が短いのであれば、
ダイヤル式で十分です。

 

ダイヤル式は、
鍵(キー)の出し入れの手間が無く、
鍵を無くすこともありません。

 

なので、
駐輪時間が短い場合に限れば、
カギ式よりダイヤル式が良いといえます。

 

 

が、最後に、
ダイヤル式の注意点を書いておきます。

 

ダイヤル式(3桁のタイプ)には表と裏があるので注意してください。

 

というのは、
裏側にも3桁の数字が見えていて、
その裏側で暗証番号を合わせても鍵は開きません!

ワイヤーキー/細め

 

はずかしながら、私は、
カギ式からダイヤル式に替えて初めてツーリングに行ったとき、
裏側で番号を合わせていて鍵が開かなくて
困ったことがあります。

 

私の四苦八苦している様子を見かねた仲間が
「裏側で番号を合わせていない?」
と声をかけてくれて気づきました。

 

一人でツーリングしていたら、
しばらくの間、気づかずに
途方に暮れていたかもしれません。

 

あせっていると、
単純な間違いでも気づけないことを実感しました。

 

 

で、せっかくダイヤル式に替えたのに
みんなを待たせることになったのですが、

仲間達は、
「自分も間違えたことあるよ」
「俺も」
と、フォローしてくれました。
(良い仲間達です)

 

3桁のダイヤル式は、
表と裏を間違えないようにしましょう!
(あわてずに良く見れば表裏の区別は簡単ですが)

 

軽さ優先で私が使っている鍵を紹介しています↓
ロードバイクの鍵を選ぶポイント!やっぱり軽いのがいい

ダブルループロックのおすすめの使い方を記事にしました↓
ロードバイクを地球につなげる?!ダブルループロックの使い方

ロードバイクを
通勤や普段乗りに使っていて
駐輪時間が長い方はコチラの記事を参考にしてください↓
クロスバイクのカギを選ぶポイント
(軽さより頑丈さを優先しています)

クロスバイクの鍵はダイヤル式よりカギ式がよい?その理由は
(本記事とは逆にカギ式をすすめています)