前回は、熱中症/暑さ対策について
まとめてみましたが、今回は、
日焼け紫外線対策についてまとめてみました。

ロードバイクに乗り続けていると
10km、50km、100kmと
走行距離が伸びてロングライドができるようになります。

なので、
ロードバイクがどんどん楽しくなるのですが、
走行距離が伸びるほど
紫外線を長時間あびることになります。

紫外線を長時間あびると、
日焼けでヒリヒリ痛みがでたり、
光老化がすすんで
シミや深いシワができやすくなります。

また、
紫外線を大量にあびると
皮膚がんや
白内障などの目の異常、
免疫の働きの低下が起きやすくなります。

健康にもいいからと
ロードバイクを買ったのに、
そのせいで病院に行くことになったら困ります。

そこで、この記事では、
ロードバイクに乗るときの
日焼け紫外線対策をまとめてみました。


スポンサーリンク

日焼け紫外線対策のポイントとアイテム

       

日焼け紫外線対策のポイントは、
体の露出部分に紫外線をあてないことです。

簡単なようですが、ロードバイクでは
他のアウトドアスポーツ同様、けっこうやっかいです。

例えば
日焼け止めにも種類があるので
適当に選ぶと
汗で流れやすかったり、
日焼け止め自体の効果が低かったりします。

長袖や、長ズボンでは
通気性が悪いと
熱中症を起こしやすくなります。


この記事では
半袖ジャージと
レーパン(レーサーパンツ)、
ヘルメットを着用したとして、
露出部分の
目、顔、腕(手を含む)、脚
紫外線をあてないためのアイテムを以下に紹介します。

  • 日焼け止め(SPAとPAに注意)
  • フェイスカバー(スポーツマスク)
  • サングラス(アイウェア)
  • アームカバーとグローブ
  • レッグカバー

これらのアイテムを上手く組み合わせると、
効果的に紫外線を防止することができます。

以下に、順に説明します。

日焼け止め/SPFとPAに注意

日焼け紫外線対策といえば、
日焼け止めですが、
選ぶときにはその表示に注意してください。

次の2つの表示で
日焼け止め効果の目安が示されています。

  • SPF値:UV-Bによる日焼けを防げる時間の目安
  • PA分類:UV-Aに対する効果の目安
  • (UV-AとUV-Bの違いは後で説明します)

ロードバイクは、
アウトドアでの長時間の運動なので、
できるだけ効果が高いものを選ぶ必要があります。

以下を目安にするとよいです。

  • SPF値なら「30~50」
    (日本で最も高い数値は50)
  • PA分類なら「PA+++」又は「PA++++」
    (+の数が多いほど効果が大)

ただし、効果が高いものほど、
皮膚に負担がかかります。

また、同じSPF、PAであっても
製品によって成分組成が異なるので
肌に合わないときは違う製品を試すとよいです。

日焼け止めは、汗で流れたり、
汗をぬぐったときに取れたりするので
こまめに塗り直す必要があります。

汗で流れにくい耐水性
(ウォータープルーフ:water proof)
の高い製品を選びましょう。

日焼け止めを塗るときは、
すり込むのではなく、
軽く肌に乗せるイメージで
均一に塗ります。

効果の高い日焼け止めは、
値段も高いですが、ケチらずにしっかり塗りましょう!

このぐらい値段が高いと、
しっかり効果があります↓
アグレッシブデザイン 日焼け止め Top Athlete Sun Protect “Fighter”

日焼け止めは落ちにくいので
クレンジングオイルも用意しておくとよいです。

UV-AとUV-Bの違い

UV-Aは波長が長く、
弱いエネルギーの紫外線ですが
皮膚の奥(真皮)まで入って
光老化(シミ、シワ)の原因になります。

一方、
UV-Bは波長が短く、
皮膚の表皮でとまりますが、
強いエネルギーの紫外線なので
皮膚が赤くなる等のいわゆる日焼けの原因になります。

紫外線には、
UV-AとUV-Bの両方が含まれるので
SPFとPAの両方に優れる日焼け止めを選ぶ必要があります。


スポンサーリンク

フェイスカバー(スポーツマスク)

日焼け止めが
肌に合わなかったり
塗り直しがめんどうな方は、
フェイスカバー(スポーツマスク)を使うとよいです。

見た目が怪しくなりますが、紫外線の防止効果は抜群です。

こんな製品があります↓
パールイズミのUVフェイスカバー

このマスクタイプの製品は蒸れにくいです↓
スポーツマスク(RF-SPORTS MASK MINI)

詳しくはこちらの記事に書いています↓
スポーツマスク「RF-SPORTS MASK MINI」の購入レビュー

サングラス(アイウェア)

紫外線は、
目にも悪影響を及ぼします。

なので、
サングラス(アイウェア)で保護する必要があります。
紫外線だけでなく、
飛び石や砂、虫、風圧から
目を保護するためにも必須のアイテムです。

レンズの色はいろいろありますが、
UVカット加工されたものを選びましょう。

レンズが黒のサングラスでも
紫外線(UV)を
カットしないものもあるので注意してください。

逆に、透明のレンズでも
UVカット加工されていれば紫外線を防止できます。

自転車用品メーカーの
サングラスを選んでおけば間違いないです。

例えば
この製品ならしっかり紫外線をカットできます↓
OGKのBINATO-5

紫外線の透過率は0.1%以下なので
99.9%を超える紫外線をカットします。

レンズはポリカーボネート製で
3セットついています。
(クリア、ダークレッド、スモークフラッシュ)

一眼(一枚レンズ)タイプもあります↓
OGKのBINATO-Z

ロングライドに使うなら、
かけ心地がよくて
こめかみが痛くなりにくいこんな製品がいいです↓
OGKのCORAZZA-II

フレームの材質が
弾力性のよいTR90グリルアミド製
テンプルエンドもノーズパッドも調整できます。

このサングラスは紫外線を100%カットできます↓
BBBのサングラス(セレクト)

もっとカッコイイのが良いなら、
ルディ(RUDY)や
オークリー(OAKLEY)があります。
(ともて高価ですが)

ルディ(RUDY)のアイウェア(TRALYX)

オークリー(OAKLEY)のアイウェア(ロックパス)

アームカバーとグローブ

腕の日焼け防止には、
アームカバーを装着すると良いです。

直射日光による火照り(ほてり)も防げます。

見た目は暑そうですが、
この製品なら走行していれば意外に暑くないです↓
パールイズミのメッシュUVアームカバー

黒がいいならこの製品が良いです↓
パールイズミのコールドブラックアームカバー

詳しくはこちらの記事に書いています↓
夏にアームカバーは暑くない?購入レビュー


手の甲も日焼けするので、
紫外線をカットできるグローブを装着すると良いです。

こんな指切りタイプの製品があります↓
パールイズミのアンバウンドグローブ

指先の日焼けや怪我も防ぎたいなら
手のひらにメッシュがついた
通気性の良い長指タイプもあります↓
パールイズミのUVフルフィンガーグローブ

レッグカバー

脚の日焼け防止には
レッグカバーを装着するとよいです。

見た目は暑そうですが、
この製品なら意外に暑くないです↓
パールイズミのコールドブラックレッグカバー

購入レビューはこちらです↓
足の日焼け対策!パールイズミのレッグカバー購入レビュー

紫外線の強い時期

紫外線の特に強い時期は5月~8月です。

なので、
5月~8月はしっかり日焼け紫外線対策をする必要があります。

ですが、他の時期はどうでしょうか?

桜が咲く3月~4月や、
秋風がふく9月であっても
晴れの日なら紫外線はけっこう強いです。

また、
これらの時期では暑さも和らぐので
走行時間が長くなり、
紫外線をあびる時間も長くなります。

なので、
赤くなってヒリヒリ痛む日焼けよりも
長時間あびた紫外線(特にUV-A)による
光老化(シミ、深いシワ)に注意する必要があります。

詳しくはこちらの記事に書いています↓
紫外線の強い時期と時間帯は?


スポンサーリンク

おわりに

もう一度、
日焼け紫外線対策のアイテムを書いておきます。

  • 日焼け止め(SPAとPAに注意)
  • フェイスカバー(スポーツマスク)
  • サングラス(アイウェア)
  • アームカバーとグローブ
  • レッグカバー

これらのアイテムをうまく組み合わせてみてくださいね。


愛車のケアやメンテナンスも大切ですが、

気が付いたら、
愛車はピカピカだけど
自分の顔や手足が
シミ、シワだらけになっていた

とならないように、
しっかり日焼け紫外線対策をしましょう。

この記事がお役に立てれば幸いです。


自転車乗りの紫外線対策についてコチラの記事もどうぞ↓

夏にアームカバーは暑くない?パールイズミのアームカバー購入レビュー

脚の日焼け対策!パールイズミのレッグカバー購入レビュー

顔の日焼け対策!スポーツマスク購入レビュー

紫外線の強い時期と時間帯は?

熱中症/暑さ対策の記事はこちらです↓
ロードバイクの熱中症/暑さ対策をまとめてみた