スポーツ自転車が欲しいけど、
クロスバイクかロードバイクか
どっちを買ったらよいか迷いますよね。

クロスバイクなら5万円
ロードバイクは入門用でも10万円はするので
失敗はできません!

なので、この記事では、
後悔しない判断基準について書いてみました。

私は9年前にクロスバイクを買って
その後、ロードバイクが欲しくなり、2台も買ってしまいました。

なので、
「クロスバイクを買ったらロードバイクが欲しくなるよ」
と、ロードバイクをすすめるところですが、
迷っているならクロスバイクです。

その理由を書いてみたので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

今この時点で欲しいかどうか

当たり前のことを書くようですが、
ロードバイクを買って後悔しない人は
今この時点でロードバイクが欲しい人です。

あなたは
ロードバイクが欲しくて欲しくてたまらないですか?

ちなみに、
私は、ロードバイクが欲しくなってからは
枕もとにロードバイクの
カタログや雑誌を何冊もおいて、
毎晩、
欲しいな乗りたいなと思いながら
眠りについていました。


もし、あなたが次のような理由で
ロードバイクにしようかな、
と思っているならやめた方がよいです。

「クロスバイクを買った後で
もしロードバイクが欲しくなったら、
クロスバイクのお金がムダになるかも」

「値段は高いけど、
その分ロードバイクの方が性能が良いはず」

確かに、性能は大切ですし、
私のように、
クロスバイクを買った後にロードバイクが欲しくなることもあります。

ですが、
そのようなことを思っているなら
クロスバイクを買った方がよいです。

「欲しい!」「乗りたい!」
という気持ちがないまま買ったロードバイクは、
以下の点で苦痛なだけの自転車になってしまいます。

  • 乗り心地が悪い(振動が大きい)
  • 前傾姿勢が苦しい
  • ドロップハンドルが扱いにくい
  • ブレーキが操作しにくい
  • お尻が/腰が/手が痛くなる
  • いつパンクするが不安(空気圧管理がめんどう)
  • アイテムやウェア、メンテナンスにお金がかかる(もう払えない/払いたくない)

上記は、
ロードバイクのデメリットといえます。
ですが、
ロードバイクが欲しくて買った人は
これらのデメリットはあまり苦になりません。


自転車本来の走行性能を比較すると
ロードバイクが優れているので、
結局、ロードバイクの方が良いということになります。

お店にとっても
ロードバイクの方が
性能も売り上げもよいので、
お客さんが欲しいといえば止めることはないです。

単に性能が良いからとか、
後で欲しくなるからとかいう理由だけで
ロードバイクを買ってしまうと
上記のデメリットのせいで
ロードバイクに乗ることが苦痛になり、
結局乗らなくなってしまいます。

欲しくて買ったわけではないので当然の結果です。


ロードバイクとクロスバイクを
性能の優劣や
デメリットの有無で検討していると
本質的なことを見失ってしまいます。

大切なのは、
自分は今、スポーツ自転車で何がしたいかです。


スポンサーリンク

ロードバイクを買う人はこんな人

例えば、こんな人は
ロードバイクを買った後に「クロスバイクにしとけば良かった」なんて思いません。

  • ロードバイクがとにかくカッコイイと思った人(クロスバイクは眼中にない)
  • ツールドフランスを見てロードバイクが欲しくなった人
  • 弱虫ペダルを読んでロードバイクが欲しくなった人
  • レースに出て表彰台に立ちたい人
  • とにかく坂を上りたい人(ヒルクライムをしてみたい人)
  • とにかく速く走りたい人(タイムトライアルやスプリントをしてみたい人)
  • 標高1000m以上の峠に登って達成感と自然を満喫したい人
  • 自転車で遠くへ行ってみたい人(100km以上のロングライドや長距離ツーリング)
  • 輪行でもっと遠くへ旅をしたい人

これらの中にはクロスバイクでも可能なものもありますが、
どれも、ロードバイクでなければ、というものばかりです。

今この時点でロードバイクが欲しい人にとって、

乗り心地が悪いとか、
前傾姿勢が苦しいとか、
ドロップハンドルに抵抗があるとか、
ブレーキが操作しにくいとか、
お尻や手が痛くなるとか、
パンクが不安とか、

このようなデメリットは
ロードバイクを選ばない理由にはなりません。
その先にある目的や求めるもののために、
デメリットは課題として克服しようとします。
(その過程も楽しめてしまいます)


ただ、
ロードバイクにはまると、
一般の人からは
金銭感覚がマヒしているように見えるのが、
デメリットと言えばデメリットです。

ちなみに私は、妻に内緒で
10万円以上するホイール(前輪と後輪)を買ってしまいました。

クロスバイクは日常生活ベースのスポーツ自転車

ロードバイクはスポーツ機材なので、
乗りこなすには、
スキル(技術)と体作り(筋力)が必要です。

ドロップハンドルと
ブレーキの扱いはもちろん、
きつい前傾姿勢、
両足のつかない高いサドルにも慣れる必要があります。

乗りこなせるまで
体のあちこちが痛くなったりします。

ロードバイクに本当に乗りたい人なら
練習や体作りは苦にならないのですが、
そうでない人にとっては、
ロードバイクに乗ること自体が苦行になります。

苦行になるか、ならないかは、
前に書いた通り、
ロードバイクを今の時点で欲しいかどうかで決まります。


一方、
クロスバイクは扱いやすいです。
ハンドリングも
ブレーキも
乗ったときの姿勢も楽です。

通学や通勤、街乗りはもちろん、
ダイエットや健康のためにも使えます。
コンビニ等のチョットした買い物もOKです。

ママチャリと比べれば
スピードは出るし、
坂も楽に登れるし、
ずっと遠くへ行けるので、
日常の行動範囲が広がります。

値段も5万円くらいからあり、
入門車でも10万円するロードバイクの半額以下なので気軽に乗れます。
(とはいっても1万円のママチャリが5台買えますが)

なので、
スポーツ自転車を
日常生活ベースに考える方はクロスバイクが良い
です。


これに対して日常とは関係なく、
というより
日常から脱出したいために
スポーツ自転車を検討しているならロードバイク
です。
違う世界へ連れていってくれますよ。

クロスバイクを買った後にロードバイクが欲しくなっても大丈夫

ロードバイクはとても魅力的な乗り物なので、
どうしても気になると思います。

ですが、前に書いた通り、
今現在、迷っているようなら
クロスバイクを先に買った方がよいです。

先にロードバイクを買って乗らなくなって
結局、クロスバイクを買うことになる方が問題
だからです。

そんなことになるケースでは
前に書いたデメリットのせいで
ロードバイクに乗っていた間は苦行でしかなく、
ロードバイクに乗らなければ10万円が全くムダになります。
苦行の思い出と10万円の損失だけが残ります。


一方、
クロスバイクを買ってロードバイクが欲しくなったら、
5万円がムダになるかといったら、そんなことはありません。

クロスバイクに乗っている間は
苦行でも何でもなく
楽しい自転車ライフを送ることができます。

そもそも
クロスバイクが楽しめなければ
ロードバイクが欲しくなることはありません。

また
クロスバイクに乗っている期間は
ロードバイクに乗るための準備期間になります。
ママチャリからいきなりロードバイクに乗るより、
クロスバイクからロードバイクへはスムーズに移行することができます。


また、
ロードバイクを買った後の
クロスバイクはセカンドバイクとして利用価値があります。
普段の街乗りにはクロスバイクを使って、
休日のロングライドはロードバイクに乗るといった使い分けができます。

駅の駐輪場や
ショッピングセンターの駐輪場に
10万以上もするロードバイクを置くなんて
盗難がこわくてできません。
それに
隣の自転車が倒れてきて傷がついたらショックです。
なによりも
カーボン製のフォークやフレームが破損でもしたら大変です。

なので
ロードバイクを乗り続けている方の中には
セカンドバイクとしてクロスバイクが欲しくなる方もいます。


ちなみに私は、
最寄り駅までの通勤と街乗りにクロスバイクを使い、
休日のロングライドや輪行にはロードバイクを使っています。

私は、クロスバイクを買った後に
ロードバイクが欲しくなったのですが、
最初からロードバイクを買っておけばよかったなんて思ったことはありません。

ロードバイクに乗るまでの期間は
日常の移動手段として
健康のためのスポーツ機材として
休日のサイクリング自転車として、
そして、
ロードバイクが欲しくなってからは
ロードバイクに乗るための練習機材として
とても役立ちましたよ。

サイドスタンドを外し、
細めのタイヤに交換し、
シューズを固定できる
ビンディングペダルに交換して専用シューズを履き、
サドルを高くして、
ハンドルの位置を下げて(ステムを逆にして)前傾を強め、
「いつかはロードバイク」
と思いながらクロスバイクに乗っていました。


スポンサーリンク

おわりに

クロスバイクとロードバイク、
迷っているならクロスバイクがよい、
というのが私の意見です。

クロスバイクを買って
ロードバイクが欲しくなった者の意見の1つとして参考にしてみてください。


ちなみに、ここ数年、
電動アシスト自転車をどこでも見かけるようになりました。
クロスバイクタイプやロードバイクタイプの電動アシスト自転車も販売されています。
例えば、クロスバイクタイプのヤマハ「YPJ-C」(税抜き18万5千円)があります。
トレックからも「VERVE+」(税抜き21万3千円)の発売が予定されています。

こういうのが気になる方は
クロスバイクより先に
ロードバイクを買ってはいけません。

実は私も当時、
ヤマハのスポーツタイプの
電動アシスト自転車が気になっていました。

いま思えば、買わなくてよかったです。

電動アシスト自転車に20万円近くも払うなら
その半額以下の8~10万円あれば
入門用ロードバイクに負けない高性能なクロスバイクが買えます。


とはいっても
クロスバイクに10万円近くも払えないと思うので、
まずは
5万円くらいのクロスバイクを買って実際に乗ってみてください。
1~2年、しっかり乗り込んでから
ロードバイクが欲しくなるかどうかで判断すると良いですよ。


入門用クロスバイクならこんなのがあります↓
4万円台のクロスバイク!トレックFX1
トレックFX1とジャイアントエスケープR3を比較してみた

少し高いですが、
こんなクロスバイクを買うとロードバイクが欲しくなります↓
トレックFX3はカーボンフォーク!
トレックFXS4はロードバイク用のティアグラ仕様!


ロードバイクが欲しくなったら、
このくらいのスペックからスタートすると間違いなくはまります↓
初めてのロードバイク選び!エモンダALRを基準に考えてみた

ロードバイクを買うことになったら、この記事も参考にしてみてください↓
ロードバイクの選び方!購入までの3つのステップ