ペダルをビンディングにしたいけど
SPDSPD-SL
どっちにしたらいいのか迷いますよね。

シマノによれば
SPDは「オフロードタイプ」または
「MTB(マウンテンバイク)タイプ」

SPD-SLは「ロードタイプ」とあります。

なので、
ロードバイクにつけるならSPD-SLということになります。


ですが、
初心者にはSPDがおすすめとか、

またその一方で
SPDはロードバイクに似合わないとか
パワーの伝達効率はSPD-SLがよいとか
いろいろな意見や情報があって
どっちがよいのか分からなくなってしまいます。


また、
クロスバイクの場合は、
「クロスバイクタイプ」と表示された
ビンディングペダルが無いので
何をつければいいの?という状態になります。


そこで、この記事では、
ビンディング初心者の方が
ペダル選びで迷うことがないように
また、
安心して、そして快適に
ロードバイク&クロスバイクに乗れるように
ビンディング選びのポイントをお伝えします。

加えて、初心者に最適なSPDペダルを選んでみました。


スポンサーリンク

自分のサイクリングスタイルに合わせる

ビンディングペダルを選ぶポイントは、
自分のサイクリングスタイルに合わせることです。

自分のサイクリングスタイルとは
簡単にいうと
歩くか、歩かないかです。
つまり

  • 歩くスタイルならSPD
  • 歩かないスタイルならSPD-SL

というのが選ぶ時のポイントです。

自転車に乗るためのペダル選びに
歩くか歩かないかで判断するなんて変ですが、
まず、この判断基準で選ぶとよいです。

ペダルを決めると対応するシューズのタイプも決まります。

次に、歩かないSPD-SL、歩くSPDの順で詳しく説明しますね。

歩かないならSPD-SL

例えば
ロードバイクを買った理由が
競技に出て表彰台に立ちたい!
一分一秒でも速く走りたい!
のなら、SPD-SLで決まりです。
(ロード専用品ならタイムとかルック等の他社製でもよいです)

だれよりも速く走りたいのなら、
歩くなんてあり得ないですよね。

歩きにくいとか、
立ちごけが怖いとか、
1分1秒でも速く走るためには
そんなことは言ってはいられません。

SPD-SLは、
走ることをメインに設計され、
歩くことや乗り降りのことは
ほとんど考えられていません。

SPD-SLは、
ロードバイクに最も効率的にパワーを伝えるためのビンディングです。


なので
SPD-SLは競技に最適ですが
だからといって
競技者専用というわけでもありません。

ツーリングやロングライドで
コンビニくらいしか立ち寄らないなら
ほとんど歩くことはないのでSPD-SLがよいです。

特にロングライドでは
その効率の良さ
軽さ(シューズも軽いです)が効いてきます。



スポンサーリンク

着脱が不安、歩くことも重視するならSPD

一方、
ビンディングが外れなくて
立ちごけしたらどうしよう

とか、
ツーリング途中で
自転車から降りて名所に立ち寄りたい
とか、
輪行(鉄道を利用した自転車旅)で遠くへ行きたい
と思っているのなら、SPDがよいです。

SPDは、
着脱のしやすさや
歩くことも考えて設計されています。
和式のトイレも大丈夫です。
(一方、SPD-SLは歩きにくいだけでなく和式のトイレもつらいです)

SPDは、シマノのホームページでは
「オフロード」や
「エクスプローラー」に分類されていますが
ロードバイクに似合わないということはありませんよ。


ちなみに、
競技者であっても
自転車を押したり、
かついだりすることもある
シクロクロスならSPDを選ぶことになります。

別にシクロクロスでなくても
山や峠の林道を走っていて
木が倒れていたり
土砂崩れで道がふさがれていても
SPDであれば自転車をかついで
越えることができます。
(あまりおすすめできませんが)


このようにSPDは、
ビンディング初心者と
MTB乗りだけが選ぶものではありません。

走行途中で歩くことがあるなら
初心者に限らずSPDがよい
です。

逆に
歩くことがほとんど無いなら
初心者のうちからSPD-SLにして
早く慣れるのがよいです。


ちなみに、
SPD-SLのペダルならこれが定番です↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノ105 SPD-SLペダルPD-5800

楽天へのリンクです↓
シマノ PD-5800 【105シリーズ】 SHIMANO 自転車 ビンディングペダル【送料無料】


一方、SPDペダルなら
シマノSPDの最軽量モデルで、
ロードバイクに似合っているこれがいいです↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノ片面SPDペダルPD-A600

楽天へのリンクです↓
PD-A600 シマノ SPDペダル 【左右セット】(EPDA600) ロード ペダル bebike

初心者のホビーサイクリストならSPD/でもSPD-SLを選ぶ理由

一般にロードバイクには
初心者でも
SPDよりSPD-SLを選ぶ方が多いようです。

SPD-SLがロード用なので
自然な流れかもしれませんが、

何よりも
SPD-SLのほうが
ロードバイクに似合っているし
対応シューズはとても種類が多く
デザイン的にカッコイイ製品が多いです。

ホビーサイクリストなら
デザイン重視でSPD-SLにするのもありかもしれません。


また、SPD-SLは
ペダルもシューズも軽いので
ヒルクライムや峠を登るために
軽さを重視するなら
SPD-SLを選ぶ
ことになります。
(軽いものは高価ですが)


このようにSPD-SLは
初心者にとっても魅力的ですが、
ビンディングの着脱に不安感がある方は
まずSPDでビンディングに慣れてからSPD-SLに移行するとよいです。


次に、SPDを先に選ぶメリットを説明します。

自分のサイクリングスタイルがわからないならSPD

これからロードバイクを買う方や
ロードバイクを買ったばかりの方は
自分のサイクリングスタイルと言われても困りますよね。

ビンディングの着脱に不安感もあると思います。

そのような方は、まず、
外しやすいSPDを選んで
ビンディングになれてください。

そのうち、
自分のサイクリングスタイルが分かるので
そのときに必要であればSPD-SLに交換すればよいです。

それと、
中高年の方で膝(ヒザ)が不安な方は
膝にやさしいSPDがよいです。
SPD-SLに比べて装着時の遊びが大きい(ゆるい)ので。


単に
ロードバイクにはロード用がいいとか
なんとなくデザインが気に入ったから
といった理由だけでSPD-SLを選んで
結局、自分のスタイルに合わなくて
SPDに交換ということになるのは避けたいです。

そのせいで
ビンディングがイヤになって
フラットペダルに戻るのも困ります。

逆に、先にSPDをつけて
その後にSPD-SLに交換する場合は
ビンディングがイヤになることはありません。

SPDのメリット
(歩きやすさや外しやすさ)
より
SPD-SLのメリット
(軽さや効率など)が自分にとって重要になっただけ
だからです。

なので、
自分のサイクリングスタイルが分からないなら
また、ビンディングの着脱が不安なら
先にSPDを選ぶ
とよい
というのが、私の意見です。

SPDとSPD-SLのはめ方・外し方の動画

SPDとSPD-SLの違いがよく分かる
1分ほどの着脱の解説動画をのせておきました。

ちなみに、SPDの場合は、
スプリングを最も弱く設定すると、
動画で見るよりも軽く外せますよ。



どんなSPDペダルがいい?

SPDを選んだのなら
最初は、
片面がビンディング(SPD)で
反対面がフラットの
こんなペダルを使うといいです↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノSPDペダル(シルバー)PD-A530

黒もあります↓
シマノSPDペダル(ブラック)PD-A530-L

楽天へのリンクです↓
PD-A530シマノ SPDペダル (EPDA530)【左右セット】 片面 SPD /片面 フラット ペダル 【80】自転車 ペダル bebike


装着部分のスプリングの強さで
外れやすさが調整できるので
最初は最も弱く設定して外れやすくするとよいです。

それから、クリートを
とっさの時に外れやすい
マルチモードのクリートに交換することをおすすめします↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノSPDマルチモードクリートセット(ナット無し)SM-SH56

楽天へのリンクです↓
【あす楽】【M便】シマノ SM-SH56 ナット無 SPD クリートセット(マルチモード/左右ペア)

私は、このマルチモードのクリートのおかげで何度か立ちごけから救われました。


それでも不安なら
初心者用のビンディングもあります。
「クリッカー」というSPDペダルです↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノ「クリッカー」片面フラット片面SPDペダルPD-T421

楽天へのリンクです↓
PD-T421 ビンディングペダル シマノ CLICK’R(シマノ クリッカー) (EPDT421)【左右セット】【80】 自転車 ペダル SPD ペダル bebikePD-T420後継モデル

通常のSPDより軽く外すことができ、
最初からマルチモードのクリートが付属しています。

反射板もついているので通勤やクロスバイクに最適です。

なお、
クリッカーもよいですが、
通常のSPDペダルでも
スプリングを一番弱く設定して
マルチモードのクリートにすれば
着脱がとても軽くなるので初心者でも大丈夫ですよ。

フラットペダルからビンディングペダルへの移行の流れ

ビンディングの着脱が不安な方は
上記の片面フラット片面SPDペダルからスタートするとよいです。

車や信号の多い市街地では
フラット側で走って
車も信号も少ない道路や
サイクリングロードでは
ビンディング側を使うと安心して走れます。


この片面フラット片面SPDのペダルで
ビンディングになれたら次は
先ほども紹介した
この片面SPDペダルに交換するとよいです↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノ片面SPDペダルPD-A600

楽天へのリンクです↓
PD-A600 シマノ SPDペダル 【左右セット】(EPDA600) ロード ペダル bebike

ロードバイクに似合っていて
SPD-SLに劣らず軽いです(286g)。

シマノ105のカーボン製SPD-SL(285g)と1gしか違いません。

このSPDペダルPD-A600は
後でSPD-SLに交換することになっても
同じ片面タイプで扱いが似ているので
SPD-SLにスムーズに移行できます。



スポンサーリンク

まとめ

ペダルを選ぶときに
SPDとSPD-SLの
どっちにするか迷ったら、
自分のサイクリングスタイルに合わせるとよいです。

歩くスタイルならSPD
歩かないスタイルならSPD-SL
です。

まだ自分がどちらのスタイルか分からないなら
また、着脱が不安なら
まず、SPDを選んでください。

ビンディングに慣れた頃に、
そのままSPDにするか、
SPD-SLに交換するかを判断するとよいです。

このようにすると
スムーズにフラットペダルからビンディングペダルに移行することができます。

以上の判断基準で検討してみてくださいね。


SPDとSPD-SLのどちらを選ぶことになっても
ビンディングに慣れた頃には、
これまでより遠くへ楽に行けるようになっています。

坂道も楽になります。

ロードバイクやクロスバイクに乗ることが
もっと楽しくなりますよ。

この記事がお役に立てれば幸いです。



SPDについてもう少し詳しく書いてみました↓
SPDペダルとシューズに軽いのはある?ロードバイクに重いのはイヤ


ロードバイクのウェアの記事もどうぞ↓
ロードバイクの服装は?初心者もレーパンじゃなきゃダメ?

もしレーパンをはいてみようかなと思ったら値段は高いけどこんなのがいいです↓
パールイズミのコールドブラック3Dネオプラスの購入レビュー

日焼け防止用のアームカバーは肌寒くなった時にも役立ちます↓
パールイズミのアームカバーの購入レビュー


冬のウェアについてはこちらの記事をどうぞ↓
ロードバイクのウェアは高いので冬は重ね着で節約してみた

 

スポンサーリンク