道路交通法の改正(2015/6/1施行)後、
自転車の取り締まりが厳しくなりましたね。

滋賀県警交通指導課の報告によれば、
施行後の1ヶ月間で
「無灯火」の違反が
最も多かったとあります。
(指導警告票を交付した1137件のうち295件)

自分の自転車には
ライトを付けているから大丈夫、
と思っていましたが、

点滅でも大丈夫なのか?
また明るさのルールも気になったので
調べてみました。

今回はフロントライトについて書いてみます。

 

テールライト(リアライト)についてはこちらの記事をみてくださいね↓
→自転車のテールライトは点滅でいい?

 

スポンサーリンク

フロントライトのルール

軽車両である自転車について、
さっそくルールを調べてみると、
次のように定められています。
(長いので短くまとめています)

夜間、道路を通行するときは、
灯火をつけなければならない。

(道路交通法第52条第1項前段、道路交通法施行令第18条第1項第5号)

ここで、「灯火」は、都道府県毎に定められています。

東京都では、次の2つの条件を満たす「前照灯」です。

  • 白色又は淡黄色であること。
  • 夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有すること。

(東京都道路交通規則第9条第1項第1号)

私が住んでいる神奈川県では、
「10メートル」ではなく「5メートル」です。
(神奈川県道路交通法施行細則7条)

いずれにしても、
フロントライト(前照灯)のルールとして、
明るさ(光度)が定められています。

 

なお、他の地域にお住まいの方は、
念のため確認してみてくださいね。

各都道府県のホームページの
サイト内検索により、
「法規(集)」や「例規(集)」で見つけることができます。

法規(例規)集においては
「警察」編の「(道路)交通」章に記載があります。

点滅はダメ?

私は、通勤時に駅まで
自転車に乗っていますが、
帰りの夜道で
ライトを「点滅」させた自転車をよく見かけます。

私自身も、駅前の商店街の明るい道では点滅させていました。

 

点滅は、ドライバーや歩行者へのアピールに効果的といわれています。

ですが、「点滅」では、
街灯の無い暗い道で前方10メートル
(神奈川県では5メートル)の障害物は確認できません。

なので、この場合、
点滅はルール違反になります。

というより、
暗い場所では、点滅だとよく見えないので危ないですよね。

 

警視庁のホームページでは、

点滅式だけでは危険です。必ず点灯式ライトをつけましょう。

といっています(広報けいしちょう第39号web版)。

 

安全のためにも(捕まらないためにも)、
ライトを点灯しましょう!

なお、ライトを2つ装着して、
一方を「点灯」し、他方を「点滅」してもよいですよ。

 

スポンサーリンク

ルールに違反しない明るさは?カンデラとルーメン

ライトを「点灯」しても、
ルールに定められた明るさ(光度)が必要です。

前方10メートル(又は5メートル)の
交通上の障害物を確認することができる光度

といわれても分かりにくいですよね。

調べてみると、
JIS C9502(自転車用灯火装置)に、
光度値として「400cd以上」
の記載があります。

「cd」は明るさの単位で「カンデラ」といいます。

400cd(カンデラ)を目安にできそうです。

実際、自転車用品メーカーの
キャットアイのホームページを見ると、
400カンデラ以上のライトを「前照灯」として表示しています。

 

一方、明るさの他の単位として、
最近は「ルーメン」(lm)がよく使われています。

ルーメンでは、どのくらいの数値が必要でしょうか?

キャットアイの製品で
400カンデラのライト(前照灯)をみると、
「HL-EL140」は「15 lm/400 cd」、
「UNO」(HL-EL010)は「10 lm/400 cd」
と表示されています。

(キャットアイのホームページの「選んでみよう! CATEYEライト!!」より)

10~15ルーメンで
ルール上は問題のない製品があるようです。

 

ですが、
実際に前方を見るための明るさは、
この程度のルーメンの数値では不十分です。

安全のための明るさは?

街灯のない真っ暗な道では、
200ルーメン以上、できれば、
300ルーメンの明るさは欲しいです。

街灯のある道であれば
100ルーメンでもよいです。

 

私は、神奈川県に住んでいますが、
鶴見川や境川、多摩川のサイクリングロードをよく走ります。

夕方のサイクリングロードをのんびり走るのは、とても癒やされます。つい、日が落ちるまで走ってしまい、帰りは真っ暗な道を走ることもあります。ですが、300ルーメンあれば安心です。

具体的にはどんな製品がよい?

キャットアイには、
100ルーメンと300ルーメンの製品があります。

「ボルト100」(HL-EL150RC;100 lm/2000cd)と、
「ボルト300」(HL-EL460RC;300 lm/4500cd)です。

後に、200ルーメンの「ボルト200」と
400ルーメンの「ボルト400」も発売されました。

街灯のある道しか走らない方は、
100ルーメンの「ボルト100」を、
街灯の無い暗い道も走る方は、
200ルーメン以上の製品(ボルト200~400)を使ってください、ということですね。

私は、通勤には、
200ルーメンの「ボルト200」を使っています↓
キャットアイのボルト200

ですが、
スピードの出るロードバイクで
夜間を走る場合は、
300ルーメン以上、できれば400ルーメン以上が良いです。

なので、キャットアイからは、
400ルーメンの「ボルト400」が2タイプも発売されています。

数量限定ですがカラーリングも増えました。

 

バッテリー交換タイプの先行品はこんな製品です↓
キャットアイのボルト400

先行品の動作時間は400lmで3時間
重量は120gです。

一方、後から発売されたタイプは、
バッテリー交換はできず、
動作時間は400lmで1.5時間と短いですが、
その代わり95gに軽量化され、
ゴムバンド式になっています↓
キャットアイのボルト400XC

 

ちなみに、私は、
後で理由を書きますが、
ロードバイクで夜間走るときは、
他社製の700ルーメンのライトを使っています。

キャットアイからは
私が700ルーメンのライトを買った後に
さらに明るい800ルーメンのライトが発売されました↓
キャットアイのボルト800

照射範囲に注意!

キャットアイには、その他に、
「ECONOM FORCE」(HL-EL540RC)というライトがあります。
キャットアイのエコノムフォースHL-EL540RC

私も持っていますが、
明るく(170 lm/4000 cd)、
使用時間が長く(ハイで5時間)、
乾電池も使えます(ハイで2時間)。

少し大きくて重いのですが、
使用時間が長く、乾電池も使えるので、
ブルベ(200~1400kmのロングライドイベント)に参加する方に人気のようです。

が、照射範囲が狭いのが残念です。

「ボルト300」とこの「ECONOM FORCE」を比較すると、
カンデラではあまり違いはありませんが(4500cdと4000cd)、
ルーメンでは2倍近い違いがあります

ボルト300が300lmなのに対して、
ECONOM FORCEが170lmです。

ただ、使用時間は、
ボルト300は3時間なのに対して、
ECONOM FORCEは5時間と長いです。

照射角も影響しますが、
実際に見て感じる明るさは「ルーメン」の方がよく表しています。

 

「ルールのための明るさ」も必要ですが、
「安全のための明るさ」が大切です。

ライトを選ぶときは、
明るさの単位、そして
照射範囲にも注意してくださいね。

700又は800ルーメン以上のライトの必要性は?

「300ルーメンの明るさは欲しい」と書きましたが、
私は、ロードバイクで夜間走るときは、
もっと明るい700ルーメンのライトを使っています。

ボントレガーの「Ion 700R」という製品です。

現在は800ルーメンの「Ion 800R」が発売され、Ion 700Rはありません。

スイッチを押すのが固いのですが、照射範囲が広くて配光が良いライトです。

 

キャットアイからも
800ルーメンのライト「ボルト800」や
もっと明るいライトが発売されています。

 

ですが、私は、
700ルーメンのライトを使うときは、
450ルーメンのモードをよく使います。

700ルーメンはとても明るいかわりに
使用時間が約2時間と短く、
一方、
450ルーメンのモードでは
使用時間が3時間と長くなり、
明るさも十分だからです。

すこし明るい場所では、
200ルーメンのモードにして
バッテリーを節約します。
200ルーメンでは6時間以上もちます。

 

このように、明るさとしては
700又は800ルーメンの必要性は低いですが、

このような明るいライトは、
LEDと電池の性能が良いため、
200~450ルーメンの実用域で長い時間
余裕をもって使える
点でおすすめです。
(ただし、値段がとても高いですが)

明るいライトでは対向車や歩行者に配慮を

明るいライトを使用すると良いことばかりのようですが、問題もあります。

対向車や対面する歩行者にとってまぶしいことです。

普通自動車に乗られる方は分かりますよね。

対向車がライトを
ハイビーム(上向き)にしていると、
まぶしくて前が見えなくなり、とても危険です。

自転車でも、
明るいライトをつけると、
同じようなことが起こります。

なので、
対向車や対面する歩行者がいるときは、
一時的に光度の低いモードに切り換えるか、ライトを少し下向きにしましょう。

ゴムバンド式でハンドルに固定しているライトであれば、スイッチで切り換えなくても、ライト自体を手でチョット下に傾け、対向車や歩行者が通りすぎたら、もとの向きに戻すことで対処できます。

すでに明るいライトを持っている方、これから購入される方は、ライトの構造に応じて操作しやすい方法で試してみてくださいね。

昼間は点灯しなくてもいい?

ルールでは、
「灯火をつけなければならない」のは、
「夜間」でしたね。

なので、昼間
ライトを点灯しなくてもいいです。
(ただしトンネル内は点灯が必要です)

ですが、
同じ二輪車である原付やオートバイは
昼間でもライトの点灯が義務づけられています。

ルールにはなくても、
自転車も、昼間にライトを点灯しなくてもよいのでしょうか?

 

愛媛県警では、自転車の「昼間ライト点灯運動」を実施しています。

ドライバーに自転車の存在をアピールして、事故を防止することを目的としています。

私も、渋滞の車道を走るときや、雨の日の薄暗いときは、ライトを点滅や点灯することがあります。

昔の電池式のライトは、暗く、使用できる時間も短く、またリムダイナモ式のライトはペダルをこぐのが重くなったので、昼間の点灯は現実的ではありませんでした。

ですが、今は、
LEDや電池の性能が良くなり、
価格も手頃になり、

また、ペダルが重くなりにくいハブダイナモ式も普及しています。

「自転車は車道が原則」
ルールも変更されたので、
昼間の点灯や点滅を検討しても良い時期になったと思います。

おわりに

フロントライトには次の2つの役割があります。

  • 夜道での障害物や歩行者を確認するための役割
    (見るための役割)
  • ドライバーや歩行者にアピールする役割
    (見られるための役割)

単にルールを守るだけでなく、
安全のために、

場所や状況、使用目的に応じて、適切なライトを正しく使いましょう!

 

テールライト(リアライト)のルールについてはコチラです↓
自転車のテールライトは点滅でいい?

テールライトの自動点灯式は便利です↓
自転車のテールライトは自動点灯ならトンネルも安心

自転車の交差点でのルールを確認しておきましょう↓
自転車は車道?!交差点でのルールと注意点