大腸検査は何の検査かご存じですか?

 

 

そうですね。
癌(がん)の検査です。

 

先日、有名な俳優さんが大腸がんで亡くなられました。
54歳、末期だったそうです。


 

大腸がんは、
日本人がかかる癌(がん)のなかでも、
胃がんや肺がんに並んで多いと報告されています。

 

男女とも40歳代から
大腸がんになる可能性が上がり、
高齢になるほど発生しやすくなります。

 

早期発見のためには、
定期的な検診が必要です。

 

スポンサーリンク


大腸検査はどのような検査?

会社にお勤めの方ならご存じかと思いますが、大腸検査は、健康診断の検査項目にあります。

 

便潜血検査(検便)ですね。

 

文字通り、便に血液が混じっていないかを検査します。自宅で二日に分けて便を採取し、検診機関等に提出します。

 

 

面倒、忙しい、自分は大丈夫だからと、健康診断で便の提出を怠っていませんか?

 

便潜血検査(検便)はがんの検査です。

 

手遅れにならないように検査を受けましょう!

検査の費用

便潜血検査の費用は、会社による健康診断での検査であれば、通常、無料(会社負担)です。

 

一方、自営業の方や主婦の方など、お勤めでない方は、各自治体が、がん検診の推進(一部又は全額援助)を行っています。ぜひ、お住まいの地域の自治体にご確認ください。

 

私が住む地域の自治体では、2000円ぐらいかかる検査を、満40才以上であれば、600円で受けることができます。

 

また、期限付きですが、無料クーポン券の配布も行っています。

 

自治体のサービスを活用しましょう。

異常なしでも定期的な検診を

大腸検査で「異常なし」の結果であれば、ひとまず安心です。

 

といいたいのですが、その後も、定期的に検診を受ける必要があります。

 

年齢とともに癌が発生しやすくなり、検査後に発生する場合もあるからです。

 

 

また、検査の結果にかかわらず、下腹部に違和感のある方や、腸の調子がよくない方、より精度の高い検査結果を知りたい方は、医師とご相談の上、精密検査として大腸内視鏡検査をご検討ください。

 

スポンサーリンク


異常ありでもあわてないで!

大腸検査(便潜血)の結果、陽性反応があれば精密検査を受ける必要があります。

 

ですが、決してあわてないで下さい!

 

 

といいながら私はあわてました。

 

以前受けた大腸検査の結果が「要精密検査」(陽性)でした。

 

当時の私は、この結果に過剰に反応し、必要以上に不安になりました。

 

本当に癌(がん)なのか?、
進行していたら? 転移は?
余命は何年? 残された家族は・・・

 

がんの宣告のシーンはテレビでよく見ますが、当事者になると(思い過ごしでしたが)、こんなに精神的につらいとは思いませんでした。

 

 

失意の私が精密検査として受けた大腸内視鏡検査については、とても大切な検査ですので、次回、改めてお話します。

他人事にしないで検診を

他人事、自分は大丈夫と思っていませんか?

 

奥様は(パートナーは)検診を受けていますか?
ご両親は大丈夫ですか?

 

癌(がん)は早期発見が大切です。

 

ある日突然、とならないように、定期的に大腸検査を受けましょう!

 

私が受けた大腸内視鏡検査の記事も読んでくださいね↓
大腸内視鏡検査は痛くない?受診の流れと体験記