夏に自転車、特に
クロスバイクやロードバイクに乗ると

サングラスのあとが目の下と鼻にくっきりとついてしまいます。

それだけでなく、
日焼けした顔がヒリヒリ痛みます。
目立つシミもできます。

日焼け止めをぬっても汗ですぐ流れるので効き目がありません。

汗で流れるたびに

塗りなおすのもメンドウです。


なので、私は
スポーツマスク(ファイスマスク)を使っています。


見た目は怪しい感じになりますが、
顔が焼けて痛いのはもっとイヤなので
割り切って使っています。

私が選んだフェイスマスクは、
自転車専用のマスクではないですが、
期待以上に使えたので以下にレビューします。



スポンサーリンク


見た目は大きめなマスク?

私が使っているフェイスマスクは
通販のアマゾンで購入できます。

こんなマスクです↓
RF-SPORTS MASK(RF-スポーツマスク)

税込み1980円で、
使い捨てマスクに比べると高価ですが、
洗濯して繰り返し使えます。


大きさは3タイプがありますが、
最も小さなサイズの「MINI」(ミニ)を選びました。
(が、普通のマスクより大きいです)

色は、涼しそうで怪しさ感の小さい「白」にしました。

黒、グレー、ベージュ、ピンクもあります。

下の写真が示すように
大きめのマスクといった感じです。

フェイスマスク比較

(上がフェイスマスク、下が通常の使い捨てマスクです)



フェイスマスク裏側

(裏側です。口まわりはメッシュ生地のみで他の部分はタオル地です)

息がしやすく、夏でも快適

このスポーツマスク(RF-SPORTS MASK)には次の特徴があります。

  • 目尻のあたりまでカバー
  • 口に密着しないメッシュ生地
  • 肌に接触する部分はタオル地(パイル地)

目尻のあたりまで覆うので、
目尻の日焼けを防げます。

また、
マスクが口に密着しないため
息がしやすいです。
(鼻から下に息が通る空間があります)

走行中に前方から風をうけると、
口に接触しますが、
メッシュ生地のため息苦しくありません。


このメッシュ生地には気化熱作用のある
「クールマックス」という涼しい素材が使われ、
速乾性も高いので、
口まわりでべとつくことがなくサラサラ感があります。

また、
肌(頬と鼻)に接触する部分は
タオル地(パイル地)なので
肌触りもよく汗もしっかり吸い取ります。


このように、
フェイスマスク(RF-SPORTS MASK)は
夏でも快適に日焼けを防止できます。



スポンサーリンク


他の商品(UVフェイスカバー)との比較

価格と涼しさの違い

フェイスマスク「RF-SPORTS MASK」は
自転車専用のマスクではありません。

ですが、
これまでに説明した通り、
自転車専用のマスクではないかと思うほど
ロードバイクやクロスバイクに適しています。



一方、自転車ウェアメーカーから、
顔の日焼け防止用の
フェイスカバーが発売されています。

例えば、パールイズミのUVフェイスカバーがあります。

こんな製品です↓
パールイズミのUVフェイスカバー

口元は呼吸がしやすい仕様で開閉可能です。


ですが、
顔だけでなく首元も覆うタイプなので
その分、熱がこもったり蒸れやすくなります。

また、定価が
税込み約4000円で、
フェイスマスク(RF-SPORTS MASk)の2倍です。

その他のメーカーから、
もう少し安い商品も発売されていますが、
同じように首元を覆うタイプが多いです。


なので私は、値段
涼しさを重視して
首元は覆わないフェイスマスク(RF-SPORTS MASK)を選びました。


首元の日焼けを防止したいときは、
他の方法で、例えば
「フラップ」や「バンタナ」、
「濡らすとヒンヤリする首もとバンド」等でもできます。

また、顔と首を分けて対策した方が
別々に着脱できるので温度調節ができます。

見た目/怪しさ感の違い

パールイズミの
UVフェイスカバーをつけて
サングラスをかけると、
どうみても不審人物です。

ですが、
フェイスマスク(RF-SPORTS MASK)なら
「大きなマスクつけているな~」と思われるくらいですみます。

一般の人からみれば50歩100歩かもしれませんが。

フェイスマスクの使い方

装着の仕方

フェイスマスク(RF-SPORTS MASK)を
つけるときは、鼻をしっかり覆って
その上にサングラスのノーズパッドを載せると良いです。

そうすれば、
鼻の上にサングラスの日焼けあとがつきません。

また、このようにすると、
目の下までカバーできる位置になり、
サングラスの下側の日焼けをしっかり防止できます。



休憩時は
フェイスマスクを外すこともあるので
日焼け止めは塗っておくと良いです。

マスク装着時のドリンクの飲み方

ドリンクの補給時は、
ボトルの飲み口で、マスクを下からめくり上げます。

フェイスマスクのあごの部分が浮いているので片手で出来ます。

フェイスマスクを
下にズリ下げてもいいですが、
ドリンクを飲んだ後に
サングラスのノーズパットの位置を
もとに戻すのがメンドウなので、下からがおすすめです。



スポンサーリンク


洗濯でゴムが伸びたら

フェイスマスク(RF-SPORTS MASK)は
洗濯して繰り返し使えますが、
ゴムが伸びてしまいます。


なので私は、下の写真のように、
使い捨てマスクのゴムを切り取って縫い付けています。

フェイスマスク(RF-SPORTS MASK)は
パールイズミのUVフェイスカバーの
半額といっても2000円もします。
ゴムが伸びる度に
買い換えるのは大変なので、こういうところで節約です。

フェイスマスクのゴム

おわりに

フェイスマスク(RF-SPORTS MASK)は
顔の日焼けをしっかり防止でき、
息がしやすく、蒸れにくく快適です。


見た目が怪しい感じになりますが、
人目を気にせず、割り切って使うとよいです。



ロードバイクや
クロスバイクに限りませんが、
アウトドアスポーツでは紫外線は大敵です。

特に
ロングライドや遠出のツーリングでは
日光を長時間あびるので、

日焼けによるシミなどができやすくなります。

また、
私のような中高年になると、
日焼けによるシミができやすく、治りにくいです。

実際、
フェイスマスクをつける前に、
目尻付近の頬に斑点状のシミや1cm大のシミもできてしまいました。

若い方も日焼け対策をしていないと、
中高年になってから、シミや皮膚ガンなどの肌のトラブルが起きやすくなるといわれています。



近頃は「メンズスキンケア」
という言葉もよく聞くようになりました。

愛車のケアはもちろん、
フェイスマスクで自分のケアもしっかりして、
夏もロングライドを楽しみましょう!



紫外線量が気になったので調べてみました↓
紫外線対策の時期と時間帯は?くもりや峠では?


腕の日焼け対策にはアームカバーが必需品です↓
パールイズミのアームカバーの購入レビュー


脚の日焼けとすね毛対策についてはコチラの記事をどうぞ↓
パールイズミのコールドブラックレッグカバーの購入レビュー