ロードバイクに乗る時は服装が気になりますよね。

ロードバイクのウェアといえば
レーパン(レーサーパンツ)ジャージですが、
ピチピチのあの格好は
どうしても抵抗があると思います。

それに、ペダルに固定するシューズ
ビンディングシューズ)も気になりますよね。

「レースに出るつもりはないから普段着でいい」
と自分に言い聞かせていても
すれ違うロードバイク乗りはみな
ジャージとレーパンを着こなしています。
カチッと装着するシューズもかっこいいです。

 

私もロードバイクに乗り始めた頃は、
どうしてもレーパンには抵抗があって
普通の服装だったのですが、

「こんな格好で大丈夫かな?」
「おかしくないかな?」
と、不安な気持ちになっていました。

学生の頃、着慣れない私服に着替えて
街に出かけたとき以来の気持ちです。
(今でも自分のファッションセンスに自信はないです)

また、他のスポーツのウェアのように
ロードバイクのウェアにも
何か決まり事があるように感じて
これでいいのかな?

と、スッキリしない気持ちでロードバイクに乗っていました。


そこで、この記事では、
ロードバイク初心者の方が
服装で悩むこと無く
安心してロードバイクに乗れるように
サイクリングウェアについて書いてみます。


スポンサーリンク

吸汗速乾性の良い服装なら最初は何でもOK!

最初は好きな服装で

初心者のうちは
自分の好きな服装でいいです。

ロードバイクに乗り慣れた頃になれば
自分の走行スタイルや気候に合った
ウェアを自然と試したくなるので
今からあれこれ考えなくてもよいですよ。

というのが私の意見です。
ただ、ウェアを選ぶ時は次の2点に注意してください。

  • 吸汗速乾性
  • 膝(ヒザ)まわりの伸縮性/ゆとり

ロードバイクに乗ると汗をかくので
吸汗速乾性が良いことが大切です。

汗によるベトツキが抑えられて
快適に走行でき、
汗冷えも防いでくれます。

また、
膝まわりに伸縮性やゆとりがあると
ペダルがこぎやすくなります。

ロードバイクに乗っていて
一番うごかすのが膝なのでとても大切です。

高価なブランドのウェアよりも必要なアイテムを先に

ピチピチのレーパンとジャージは
ばたつかないので空気抵抗に優れるとか
伸縮性がよいのでこぎやすいとか
通気性がよいとか
いろいろ高機能なのですが、

せっかくの休日に
気が進まないものをムリして着ることはないです。

それに
ロードバイクに大金を払って
あまり余裕はないはずです。

高価な海外ブランドの
レーシングウェアにお金を使うよりも
ヘルメットやサングラス、
空気入れに、前後のライト、
携帯工具、メンテナンススタンド等、
優先すべきアイテムはたくさんあります。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) KOOFU[コーフー] WG-1

ロードバイクだけカッコ良くても

ちなみに、
私が初めてロードバイクを買った時、
スペックや性能だけでなく
カラーリングや見た目についても
悩みに悩みました。

好きなカラーがないので
1年我慢して次の年に、
気に入ったカラーのニューモデルを買ったくらいです。
(予算オーバーでお金が足りなかったこともありますが)

ですが、
ロードバイクのことばかり考えていて
服装については何も考えていませんでした。

普通、ママチャリを買う時
服装とのコーディネートを考えることはないですよね。

自動車を買う時も考える人はいないはずです。
乗ってしまえば何を着ていても
外から見えないので。

ところが、当たり前ですが
ロードバイクは乗る人が丸見えです。
服装が今ひとつだと、
ロードバイクがどんなにカッコよくても
全体として今ひとつ
になります。

この当たり前のことに気づいてからは
ロードバイクの見た目にこだわった分だけ自分の服装が気になりました。

なので私のように
ロードバイクを買ったあとに
「何を着ればいいのかな?」
と、服装が気になる方もいると思います。


ですが、まずは、
ロードバイクに乗り慣れることが大切です。
気にせず、どんどん乗ってくださいね。

とはいっても、
何を着たらいいのか分からない方は、
次のサイクリングウェアを参考にしてみてください。


スポンサーリンク

例えばこんなサイクルウェアなら初心者も安心

以下に紹介するウェアは
レース(競技)には向かないですが、
サイクリングの途中で
お店やカフェに立ち寄ったり
輪行で電車に乗っても大丈夫です。

自転車ウェアメーカーの製品なので
デザインの好みは別にして
少なくとも
「自分の服装はおかしくないかな?」
と不安に思わなくてよくなります。

七分丈パンツとインナーパンツの組み合わせ

レーパンの代わりに七分丈パンツ

レーパンに抵抗あるなら、
七分丈パンツ(膝下まであるズボン)がよいです。

例えばこんなのがあります↓

パールイズミ(9120)スリークォーターサイクルパンツ

パールイズミ(9140)テーパードスリークォーターサイクルパンツ

(「テーパード」タイプは膝下が絞ってあります)

七分丈でもすね毛が気になる方は
ふくらはぎをカバーするサポータで隠せます↓

マクダビッドサポーター(ふくらはぎ)パワーレッグスリーブ



パールイズミ(9120)スリークォーターサイクルパンツ

硬いサドルにはインナーパンツ

七分丈のパンツの下には
インナーパンツをはくとよいです。
ロードバイクのサドルは
ママチャリやクロスバイクのサドルより硬いので。

ただ、
インナーパンツを選ぶ時は
安い製品には注意してください。

パッドの厚みが薄くて効果が低かったり、
パッドの縫い目や形状が悪くて逆に痛みが強くなったりします。

値段は高いですが、
この製品なら安心です。
レーパンと同じパッド3D-Neoがついています↓

パールイズミ(159-3D)メッシュインナーパンツ

同じパールイズミに
少し安い製品がありますが、
パッドが薄いので注意してくさい。

この製品は通勤/通学、街乗り用でパッドが薄いです↓

パールイズミ(153)メッシュインナーパンツ(Cパッド)

上記の製品のパッドの厚み3.5mmに対して
下記の製品のパッドは少し厚めの8mmです↓

パールイズミ(157SMT)メッシュインナーパンツ(SMTパッド)

もっと厚いパッドのロングライド用もあります↓

パールイズミ(156MEGA) メガメッシュインナーパンツ


いろいろありますが、
走行距離が50~160kmくらいなら
最初に紹介した159-3Dがよい
です。

パールイズミ(159-3D)メッシュインナーパンツ


ショーツタイプもあるので
間違えて買わないでくださいね↓

パールイズミ(151)メッシュインナーショーツ

インナーパンツもレーパンも、はく時はノーパンで

もしレーパンをはく時がきたら、
ノーパンで直接はいてくださいね。
どうしても抵抗がある方は
上記のメッシュインナーショーツを下にはくとよいです。

レーパンの下に普通のパンツをはくと
レーパンの上からパンツのラインが見えます。


以前、初心者の仲間が
初めてレーパンをはいてきたとき
下着のパンツをはいていて
しっかりパンツのラインが見えていました。

他の仲間に、「セクシー」と
からかわれていましたが、
いい年のオヤジ達の
中高生のようなやりとりに笑ってしまいました。

なお、レーパンと同様、
パッド付きインナーパンツをはく時もノーパンですよ。

長ズボンタイプ

七分丈のパンツをはいていて寒くなったら
長ズボンタイプがあります↓

パールイズミ(9130)バイカーズパンツ

パールイズミ(9150)テーパードバイカーズパンツ

上の9130は膝下が取り外せて七分丈にもなります。
裾(すそ)はスナップで調節可能で
チェーンとギアに挟まったりしません。

一方、その下の9150はテーパードタイプで膝下が絞ってあります。

太めの方にはワイドサイズもあります↓

パールイズ(B9130)バイカーズパンツ(2サイズワイド)

ゆるめのジャージとインナー

ジャージ(上着)は、
吸汗速乾性がよければジョギング用のウェアで十分です。

ですが、
前傾姿勢のとき、
背中の丈が短いとカッコ悪いので
サイズに注意
してくださいね。

前屈して背中が見えない長さならOKです。

その点、自転車用ウェアなら
背中の丈が長めなので心配いりません。
長めの背中についているポケットも便利ですよ。

競技用のジャージはピチピチですが、
こんなゆるめのジャージもあります↓

パールイズミ(335B)フリージーポタージャージ

この下に
インナーシャツ(アンダーシャツ)を着ると
汗をかいてもサラサラで快適です↓

パールイズミ(111)クールフィットドライノースリーブアンダーシャツ


アームカバーを用意すれば
日焼けを防止でき、
秋になって肌寒くなった時にも使えます↓

パールイズミのアームカバーの購入レビュー

冬のウェアについてはこちらの記事を参考にしてください↓

ロードバイクのウェアは高いので冬は重ね着で節約してみた



パールイズミ(335B)フリージーポタージャージ


肌寒くなったら長袖(15℃対応)のこれがいいです↓
(冬になったらインナーとしても使えます)

パールイズミ 長袖 オルタナ ジャージ3112-BL(15℃対応)

ビンディングシューズ/ペダルは必要?

初心者のうちは運動靴とフラットペダルでOK

ロードバイクには、
「ビンディング」という特有のシューズとペダルがあります。

こんなシューズとペダルです(1分ほどの動画です)。



ですが、最初は
運動靴とフラットペダルで十分です。

レースに出るために
ロードバイクを買ったのなら
初心者のうちから
ビンディングシューズ/ペダルにしても良いですが、
そうでないならムリする必要はありません。

まずは、
ドロップハンドルや
両足のつかない高いサドル、
きつい前傾姿勢に慣れるのが先です。

ブレーキングやシフトチェンジも
スムーズに操作するためには慣れが必要です。

ロードバイクにはサイドスタンドが無いので
扱いにも慣れる必要があります。

慣れないといけないことが
たくさんあるので、
ビンディングはその後でいいですよ。


ビンディングペダルをつけると
慣れるまでに1度は立ちごけします。

私は3回も立ちごけしました。
腰を打ったり、ヒジを打ったりして
しばらくの間、痛かったのを思い出します。

特に
車道を走りなれていないなら
安全の面からもやめておいた方がよい
です。

フラットペダルをつけていても、
立ちごけする方もいるので
まずはロードバイクになれることが先です。

ママチャリの時のように
サドルにまたがったまま止まると
両足がつかないので立ちごけします。

止まる時は、
サドルからお尻を前にズラして
トップチューブにまたがって
くださいね。

レースに出なくてもロングライドをするならビンディングは必須アイテム

ロードバイクに乗り慣れて
50kmくらい走れるようになったら
ぜひビンディングシューズ/ペダルにトライしてみてください。

ビンディングの装着に慣れる必要はありますが
慣れてしまうと
さらに遠くへ走れるようになったり
坂道を楽に登れるようになったりするので
ロードバイクがもっと楽しくなります。

最初は、
片面がビンディング(SPD)で
反対面がフラットの
こんなペダルを使うといいです↓
シマノSPDペダル(シルバー)PD-A530

黒もあります↓
シマノSPDペダル(ブラック)PD-A530-L

車や信号の多い市街地では
フラット側で走って
車も信号も少ない道路や
サイクリングロードでは
ビンディング側を使うと安心して走れます。

装着部分のスプリングの強さで
外れやすさが調整できるので
最初は最も弱く設定して外れやすくするとよいです。

それと、クリートは
とっさの時にはずれやすい
マルチモードに交換すると安心です。
私は何度かこれに救われました↓

シマノのクリートセットのマルチモードSM-SH56 Y41S98100

(走行時に外れることはないです。ゆるゆるなので膝(ヒザ)に優しいです。)

また、シマノから初心者用に
SPDの一種として着脱が容易な
「クリッカー」が発売されています。

下の製品は、
片面がビンディングで反対面がフラット、
付属のクリートはマルチモードです。

シマノ「クリッカー」片面SPD片面フラットPD-T421


SPDペダルには
SPDシューズを選んでください。
SPD-SL等の他のタイプは装着できません。

最初は
歩きやすいSPDシューズがよいです。
立ちごけした上に、ロードバイクから降りた後でも転んだら散々なので。

下記の製品は
バックルタイプで締め付けの調整が簡単な上、
サイズもワイドタイプがあるので扁平な足でもOKです↓

シマノSPDビンディングシューズトレイル(ホワイト)SH-M089WE

黒もあります↓
シマノSPDビンディングシューズトレイル( ブラック)SH-M089LE

このシューズはヒモ止めでオシャレです↓

シマノSPDビンディングシューズRT-4

ビンディングについてもう少し知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

ペダルはSPDとSPD-SLのどっちがいい?ビンディング選びのポイント


初めてビンディングペダルをつけるときは、
サドルやハンドルの位置も含めて
ショップで有料のフィッティングをしてもらうといいです。

最終的には自分で調整するとしても、
まずは、基準となるポジション出しは
プロにまかせるのが確かです。

1センチ、数ミリの違いが大きいですよ。
実際にフィッティングしてもらえば体感できます。


スポンサーリンク

おわりに

ロードバイクに乗り始めの頃は、
服装が気になりますが、
まずはロードバイクに乗りなれることが大切です。

4月に新入生や新社会人を見れば
すぐにそれと分かるように、
ロードバイクの初心者も
どんなに高級なブランドの
レーパンやジャージを着ていても
見れば初心者と分かります。

ですが、乗り慣れてくれば
何を着ていても様(さま)になってきます。

そして
レーパンもジャージも
ビンディングシューズ/ペダルも
見た目じゃなくて
自分が求める走りのために

必要性を感じるようになります。

そのときになれば
自分の走行スタイルに応じて
自然と試したくなるので
今からムリすることはないですよ。

なので、
好きな服装で、できれば
吸汗速乾性があるウェアと
こぎやすいパンツ(ズボン)をはいて
ロードバイクにたくさん乗ってくださいね。

この記事がお役に立てれば幸いです。


もしレーパンをはいてみようかなと思ったら値段は高いけどこんなのがいいです↓

パールイズミのコールドブラック3Dネオプラスの購入レビュー

日焼け防止用のアームカバーは肌寒くなった時にも役立ちます↓

パールイズミのアームカバーの購入レビュー

冬のウェアについてはこちらの記事をどうぞ↓

ロードバイクのウェアは高いので冬は重ね着で節約してみた

ビンディング選びのポイントをまとめてみました↓

ペダルはSPDとSPD-SLのどっちがいい?