前回はフロントライトのルールについて書きました。

明るさに決まりがあり、
「点滅」ではなく「点灯」でしたね。
(前回の記事はコチラ

では、
テールライト(リアライト)のルールは、どうなっているのでしょうか?

道路交通法の改正(2015/6/1施行)後、
自転車の取り締まりが厳しくなったので、
以下の疑問点について調べてみました。

  • 点滅はダメ?
  • 明るさに決まりがある?
  • そもそもテールライトは必要?

 

スポンサーリンク

ルール上、テールライトは必要?

道路交通法(第63条の9第2項)には次のように定められています。

  • 夜間、反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。
  • 尾灯をつけている場合は、この限りでない。

要するに、反射器材(リフレクター)があればいいんです。

ただし「反射器材」の適合基準として
視認性と赤色又は橙色が定められています。
(道路交通法施行規則第9条の4)

ホームセンターで売っている安価なママチャリには、テールライトは無いですが赤い反射器材はついています。このルールに従っているのですね。

 

では、クロスバイクやロードバイクはどうでしょうか?

完成車には反射器材が装着されているのですが、取り外しが簡単なので外すことがあります。

特にロードバイクでは、見た目や軽量化のために外すことが多いと思います(私もその一人ですが)。

またロードバイクでは、フレームとホイール、部品(コンポ等)を別々に買って組み立てる場合がありますが、反射器材をわざわざ買って取りつける方は少ないと思います。

なので、反射器材を装着していないロードバイクは結構多いです。

また、「夜は走らないので」という理由でテールライトも装着していない方もいます。

ですが、何かの理由で帰りが遅くなったのでしょうか、夜間、テールライト無しで走っているロードバイクをよく見かけます。

このとき、「反射器材」が無かったら違反です。

 

まとめると

  • 自分の自転車に赤い「反射器材」(リフレクター)が付いていればテールライトがなくてもOK。
  • 反射器材が無ければ「テールライト」(リアライト)が必要です。

なので、
「反射器材」をつけていない場合は、「テールライト(リアライト)のルール」に注意してください。

 

スポンサーリンク

テールライト(リアライト)のルールは? 点滅で大丈夫?

道路交通法(第52条第1項)には車両等の灯火について次のように定められています。

夜間、道路にあるときは、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。

夜間以外でも
トンネルの中や
濃霧等で視界が悪い暗い場所
では
灯火をつけなければいけません。
(道路交通法施行令第19条)

そして灯火としての「尾灯」の条件は
各都道府県でルールが決まっています。

東京都のルールは次の通りです。

赤色で、夜間、後方100メートルの距離から点灯を確認することができる光度を有する尾灯
(東京都道路交通規則第9条第1項2号)

私が住んでいる神奈川県のルールも同様です(「容易に」があるので少し厳しめですが)。
(神奈川県道路交通法施行規則第8第1項第2号)

東京都のルールでは、
「点灯」と明記されているので、

テールライトの点滅はダメ
(反射器材がないとき)

ということになります。

この東京都のルールに従っておけば大丈夫でしょう。

気になる方は、お住まいの各都道府県のルールをご確認ください。

前回の記事でも書きましたが、
各都道府県のホームページの
サイト内検索により、
「法規(集)」や「例規(集)」で見つけることができます。

法規(例規)集においては
「警察」編の「(道路)交通」章に記載があります。

株式会社キャットアイのホームページにも以下の記載があります。

リアリフレクター(赤色)が付いていない自転車の場合、夜間走行時は点灯でお使いください。道交法上、点滅は補助灯としての使用に限定し、リアリフレクター(赤色)と併用してください。

引用元: キャットアイのホームページ

テールライトの明るさ(光度)については、有名メーカーの明るめの製品を選んでおけば安心です。

ご参考までにキャットアイの製品を3つほど挙げておきます。

1つ目は、リアライト選びで迷ったらコレといえる製品です。安くても十分に明るいです。電池式です。息子がクロスバイクに使っています↓
オムニ5(OMNI-5)

とにかく明るいのがいいならこの製品です。大きくて重いです。が、私は通勤に使っています。電池式です↓
ラピッド5(RAPID-5)

デイタイムライト(昼間の点灯)にも使える明るい製品もあります。USB充電式なのでスリムで、ゴムバンド式です↓
ラピッドエックス3(RAPID-X3)

 

まとめると

  • 反射器材(赤のリフレクター)がある場合は「点滅」でもよい。
  • 反射器材(赤のリフレクター)が無い場合は「点灯」が必要です。

「点滅」の方が目立つし電池も長持ちするので良いのですが、反射器材(赤のリフレクター)がない時の「点滅」はルール違反になるので注意してください。

 

「点滅」させたいときは、反射器材(赤のリフレクター)をとりつけるか、テールライトを2つ付けて一方を「点灯」して下さいね。

 

私は 以前、ロングライトで帰りが遅くなった時に、テールライトの電池切れに気づかずに走行していたことがあります。

コンビニで休憩した時に気づいたのですが、そのとき反射器材を付けていなかったので、道路交通法改正後の今であればルール違反で捕まります。

というより追突事故が怖いですよね。

なので、それ以降、帰りが遅くなるときは、テールライトを2灯にすることにしています。

ルールのためだけでなく、安全のために

ルールでは、反射器材(赤のリフレクター)をつけていれば、テールライト(リアライト)は必要ありません。

ですが、後方からくる自動車へアピールするために、テールライト(リアライト)はとても大切です。

自転車の事故において、
後方からの追突事故は突出して致死率が高い
という報告があります。
(イタルダ・インフォメーション、No.88, 2011,April, (財)交通事故総合分析センター)

また夜間の走行に限らず、
トンネルの中や、夕方、雨天、霧などで見通しが悪いときは、追突事故の危険性が高まります。

後ろからの追突は自分では避けようがなく、後方からくる自動車のドライバーにアピールして気づいてもらうしかありません。

テールライトは命を預ける大切なパーツとして装着しておきましょう!

 

フロントライトのルールの記事はこちらです↓
フロントライトは明るさに注意!点滅は無灯火?

自動点灯式のテールライト(リアライト)は便利です↓
テールライト(リアライト)が自動点灯ならトンネルも安心!

自転車の交差点でのルールを確認しておきましょう↓
自転車は車道?!交差点でのルールと注意点