自転車(ロードバイク)に乗って
半袖ジャージで一日走ると、
腕が真っ赤に日焼けして、
帰宅後、お風呂に入るときにヒリヒリ痛みます。


日焼け止めを塗ればいいのですが、
汗で流れるので、
塗り直さないといけないのがメンドウです。

塗るときにベトベトするのもイヤです。


なので私は、日焼け対策に、
パールイズミのアームカバーを使っています。


購入前は、
夏にアームカバーなんて暑くない?
と思いましたが、

暑さより、
日焼けで痛い方がもっとイヤなので、
購入を決めました。


それに、
転んだときの怪我防止(すり傷防止)
にもなります。


以下に、装着感や、購入時のポイント、
私の使い方を紹介しますので、
お役に立てれば幸いです。



スポンサーリンク


暑くない?効果はある?

パールイズミのアームカバーを
着けるようになってから、
腕がヒリヒリ痛むことはなくなりました。


アームカバーとグローブの間に
すき間があると、
その部分だけ赤く焼けるので、
日焼けの防止効果を実感できます。



一方、
装着感については、
つけた方が涼しいともいわれますが、
涼しいとはいえません。


停車中や登り(ヒルクライム)では、
着けたときの方が暑いです。
(なので日かげでは手首のあたりまでズラしてます)



ところが、
平地を走行中は意外と暑くないです。

また、直射日光による
ジリジリ感や火照り(ほてり)
も抑えられています。


汗は出るのですが、
吸汗性と速乾性が良いので、
汗によるベトツキがないです。


また、
汗の蒸発が促進されるので放熱効果があります。

水をかけて走行すると涼しいですよ。
(すぐに乾くので効果は短いですが)


このように、
パールイズミのアームカバーは、
しっかり日焼けを防止でき、
走行中に限りますが、
暑さを和らげる効果
があります。



スポンサーリンク


購入時の注意点

パールイズミのアームカバーには、いくつか種類があるので購入時のポイントを説明します。

夏用と秋冬用

パールイズミのアームカバーは、
日焼け防止用(夏用)の他に、
防寒用(秋冬用)もあるので注意してくださいね。


私もショップで言われたときは、
間違える人なんているのかな?
と思いましたが、

はずかしながら、
ヒートテックの下着(白の半袖)を
まちがえて夏に着ていたことがありました。

とても暑かったので、
アームカバーも間違えずに夏用を選びましょう!

コールドブラックとメッシュUV

夏用のアームカバーにも二つの種類があります。

  • 401 コールドブラックアームカバー
  • 407 メッシュ UVアームカバー

通販で3000~4000円くらいです。
(けっこう高いですね)

アマゾンのリンクを貼っておきます。
401コールドブラックアームカバー
407メッシュUVアームカバー



二つのタイプの違いは、
素材/生地とフィット感(周囲長)です。

以下に説明します。

素材/生地について

コールドブラックアームカバーには
温度の上昇を抑える素材
(赤外線の反射率が高い素材)
が使用されています。


一方、
メッシュUVアームカバーには
紫外線防止のために
特殊セラミックが練り込まれた素材
が使用され、ツルっとした感触です。


どちらも

  • 紫外線の遮断性(日焼け防止性能)
  • 通気性
  • 吸汗性
の良い生地が使用されています。


また、どちらにも
日のあたらないヒジ側(裏側)に
メッシュ部分があります。

メッシュUVの方が、
その名前に「メッシュ」とある通り、
メッシュ部分が広くて目が荒く、
ヒジ側の通気性が良い
です。

フィット感/周囲長について

同じサイズ(S、M、 L、XL)でも、
コールドブラックアームカバーの方が細い(周囲長が短い)です。

人によっては
フィット感があるといえますが、
私にとってLサイズは
きゅうくつ(締め付けが強い)と感じました。


ですが、
何回か使って洗濯しているうちに、
慣れたのか生地が伸びたのか、
気にならなくなりました。



一方、
メッシュUVアームカバーの
Lサイズは、私には
少しゆったりしています。


ちなみに、私は、
身長172cm、体重70kg、
腕の太さは成人男性として普通か少し太めです。
(腕を伸ばした状態で上腕の周囲長が約29cmです)

長さについて

パールイズミのアームカバーの
長さ(Lサイズの未装着時)は、

コールドブラックアームカバーが
約43cm、
メッシュUVアームカバーが
約45cmです。
(1年以上使用した後のサイズです)

どちらも私にはちょうどいい長さです。


メッシュUVの方が少し長めですが、
アームカバーは少し長めの方がいいです。

短いと、手首のあたりで、
グローブとの間にすき間ができて
そこだけ焼けてしまいます。



ちなみに、どちらのタイプも
上腕側の端に滑り止めがあるので、
走行中にずり落ちることはありません。





下の写真は私が使用しているもので、
白がメッシュUVで、
黒がコールドブラックです。

夏用アームカバー

(メッシュUVは少し伸びてますが、コールドブラックより少し長く、幅広で、メッシュ部分も広いことが分かります)

白と黒を使い分け

パールイズミのアームカバーには、
どちらのタイプにも白と黒があります。

私は、次のように白と黒を使い分けています。

白をメインに

私は、夏の晴れの日は白しか使いません。

「白は紫外線を通す」
と言われていますが、
パールイズミのアームカバー
白でもしっかり日焼けを防止します。

白より黒が好みですが、
暑さ対策を優先して、
白のアームカバーを
白系のジャージと組み合わせて使っています。



黒は一般に、
太陽光(赤外線)を吸収して
熱がこもりやすいです。

コールドブラックアームカバーには、
赤外線を反射して
温度上昇をおさえる素材

が使われているのですが、

それでも、
白のアームカバーの方が、暑さがやわらぐように感じます。

見た目も涼しそうですよね。



私は持っていないのですが、
コールドブラックアームカバーには「白」もあります。

名前に「ブラック」とあるのに
白なのでおかしな感じがしますが、
「黒」より暑さがやわらぐはずです。

黒のアームカバーは時期をずらして

では、
黒のアームカバーはどうしてるの?
という声が聞こえてきますが、

私は、
夏の前後の季節の変わり目に、
黒系の半袖ジャージと組合わせて使っています。

長袖では少し暑いときや、
半袖では少し肌寒いときに、

夏用アームカバー+半袖ジャージは快適です。



コールドブラックの黒は、
その名前にある「コールド」
につられて買ったのですが、

日差しの強い真夏に使うと
思ったほど涼しくないし、
締め付けもきつくて、
最初は失敗したと思いました。
(過剰に期待していたせいもありますが)

ですが、
使用する時期をずらすと、このようにとても役に立ちます。

おわりに

パールイズミのアームカバーは、
しっかりと日焼けを防止できます。


決して涼しいとはいえませんが、
走行時であれば、それほど暑く感じません。

また、塗り直しがめんどうな
日焼け止めも必要ありません。



なにより、
日焼けの痛みで苦しまなくていいので
パールイズミのアームカバーは、
夏のロングライドの必須アイテムの一つになっています。



秋冬用のアームカバー(アームウォーマー)と間違えないように、アマゾンへのリンクを貼っておきますね↓
401コールドブラックアームカバー
407メッシュUVアームカバー



レッグカバーも私にとっては必須のアイテムです。レッグカバーにも夏用と秋冬用がありますよ↓
パールイズミのコールドブラックレッグカバーの購入レビュー

顔の日焼け対策にはフェイスマスクを使っています。↓
涼しいマスクでUVカット!RF-SPORTS MASKの購入レビュー



紫外線量が気になったので調べてみました↓
紫外線対策の時期と時間帯は?曇りの日は?峠では?



涼しいヘルメットも夏のライドに必須です↓
OGKカブトのコーフーWG-1の購入レビュー

レーパンにも涼しいのがあります↓
コールドブラック3Dネオプラスの購入レビュー