ママチャリと違って、
クロスバイクには最初から鍵がついていません。

 

大手メーカーのクロスバイクなら、
安くても5万円はするので盗まれたら大変です。

 

なので、別売りの鍵を買う必要があります。

 

ですが、
鍵もいろいろあって、
どれを選んだらいいのか、よく分からないですよね。


なので、私が使っている
ワイヤーロックを紹介しながら、
鍵を選ぶポイントをまとめてみました。

 

鍵の検討の際に、お役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク


私の駐輪環境と選んだ鍵

私のクロスバイクは、
最寄りの駅までの通勤に使っていて、
昼は駅の駐輪場、
帰宅後の夜は自宅マンションの駐輪場に置いています。

 

休日は、
ちょっとした用事にも使うので、
店先の駐輪スペースにも置いたりします。

 

このような駐輪環境で、
私が使用している鍵は次の3つです。

  • コイル状の太いワイヤーロック(ケーブルロック)
    長さ180cm、太さ1cm、カギ式)

  • コイル状の細いワイヤーロック
    長さ120cm、太さ0.3cm、ダイヤル式)

  • アルミ製の小型U字ロック

選ぶポイント

私がメインに使用している鍵は、
コイルタイプで太めの
ワイヤーロック(ケーブルロック)です。

ワイヤーキー/太め

(ボントレガー製、外径1cm、長さ180cm。旧モデルです)

 

ワイヤーロックには
本当に多くの種類がありますが、
私は、次の3つのポイントで選びました。

  1. 太さ
  2. 長さ
  3. 収納/携帯のしやすさ

以下に順に説明します。

太さ/目安は1cm

私は、夜も屋外の駐輪場に置くので、
外径が1cm(10mm)の太めを選びました(上の写真)。

 

下の写真では、
太さの違いが分かるように、
外径の異なる2つのワイヤーロックを示しています。

 

ワイヤーキー/太さの比較

(どちらもGIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)製)

 

右側の鍵の外径は1cm(10mm)
左側の鍵の外径は0.6cm(6mm)です。

 

左側の外径0.6cm(6mm)では、
細くて簡単に切断されそうなので、
夜間の駐輪には使用していません。

 

ちなみに、
右側の鍵は、太さは十分ですが短く
後で買ったU字ロック(下の写真)と
ほぼ同じサイズなので出番がありません。

U字ロック

(アルミ製なので軽いです)

細いワイヤーロックの使い道

細いワイヤーロックは、
夜間の駐輪には心配で使えません。

 

が、コンビニに立ち寄る程度の
短い時間なら使えます。

 

前の写真の細めのワイヤーロックでも
良いのですが、下の写真のような
小型のコイルタイプもあります。
(外径0.3cm、長さ120cm)

ワイヤーキー/細め

(GIZA PRODUCTS製 PL626 コンビネーションロック)

 

この鍵は、
軽くてコンパクトで携帯しやすく、
また、
気軽にロックできるのが良いです。
(ただし、細くて切断されやすいのでメインの鍵としては使えません)

 

私は、このワイヤーロックを
ヘルメットや、大型サドルバック
(RIXEN&KAULコントアーマグナム)の盗難防止にも使用しています。

 

帰宅後の夜の駐輪では、
ヘルメットやサドルバックは、
室内にもって入りますが、

通勤時の駅の駐輪場では、
会社にもって行くわけにはいかないので、
ワイヤーロックで自転車に固定しています。

長さ/目安は180cm

ワイヤーロック(ケーブルロック)の長さは、
メインに使うものなら、
180cm(1.8m)がおすすめです。

 

長すぎると、
コンパクトにできず、
携帯性が悪くなります。

 

なにより、小さく巻くのがメンドウです。

 

逆に短いと
前と後のホイールを
一緒にロックできなかったり、
地球ロックしにくくなります。

 

 

地球ロックとは、
建物の柵や駐輪ラックなどの
地面に固定されたものに
鍵で自転車を固定することをいいます。

 

ちなみに、
公共物(ガードレール、標識)や
他人の敷地内の柵に固定すると違法です。

 

とはいっても、
盗まれるのはイヤなので、
駐輪場や駐輪スペースなどの
迷惑にならない(と思う)場所で地球ロックしています。

 

スポンサーリンク


収納と携帯のしやすさ/コイルタイプがオススメ

ワイヤーロック(ケーブルロック)は、
コイルタイプがおすすめです。

 

巻き癖がついているので、
簡単に巻けて小さくできます。

 

また、コンパクトに巻けるので、
携帯しやすいです。

 

例えば、下の写真に示すように、
シートポストに巻き付けることができます。

 

シートポストの反射板が
ストッパになるので、鍵がずり落ちることはありません。

ワイヤーロック/シートポストに巻き付け

(反射板が隠れますがシートステーにもつけているので大丈夫です)

 

 

一方、コイル状でないもの
(ストレートタイプ)は巻くのがメンドウです。

 

下の写真の右側の鍵が、
ストレートタイプです。
(タイオガ製ダブルループ, 長さ2m, 外径4.6mm)

 

比較のため、左側に、
コイルタイプ(長さ1.8m, 外径6mm)を置いています。

ワイヤーキー比較/ダブルループ

(左がコイルタイプ、右がストレートタイプ)

 

ストレートタイプの鍵は、
長く伸ばして使えるので、
この鍵1つで
前と後のホイールとフレームを通して地球ロックできます。

 

ですが、使用後に
コンパクトに巻くのがメンドウ
収納場所にも困ります。
(収納ボトルがついていますが)

 

それに、
やや細めなので(外径4.6mm)、
長時間の駐輪には不安なので出番がないです。

使い方の一例

夜間の自宅マンションの駐輪場では、
私は、次の写真のように、
前後のホイールとフレームを
太めのワイヤーロック(ワイヤーケーブル)で固定しています。

ワイヤーケーブル/前後輪の固定

(汚れた自転車の写真ですみません)

 

そして、
2段式の駐輪ラックの上段に置いて、
下の写真のように、
後輪と自転車ラックを
U字ロックで固定しています。

U字ロック/後輪の固定

 

すなわち、
後輪が自転車ラックに固定され、
固定された後輪に、
フレームと前輪の両方が固定されます。

 

結果、自転車全体が地球ロックされたことになります。

 

 

駅の駐輪場では、よく、
ホイール(前輪または後輪)だけを
地球ロックしている自転車を見かけます。

 

が、
クロスバイクは簡単にホイールを外せるので、
鍵がついたホイールだけ残して、
フレーム本体をもっていかれることがあります。

 

なので、地球ロックするときは、
フレームにもワイヤー(ケーブル)を通しましょう!

 

鍵の種類やサイズ、組み合わせ、
駐輪場所に応じて、
いろいろな地球ロックの仕方があるので工夫してみてくださいね。

おわりに

以上のように、私は、
太さ1cm(10mm)
長さ180cm(1.8m)

コイルタイプのワイヤーロック
(ケーブルロック)をメインに使用しています。

 

この鍵1つでは、
前後のホイールとフレームを通して
地球ロックするには少し長さが足りませんが、
私はアルミ製U字ロックを組み合わせています。

 

このように、
夜間や長時間の駐輪では、
2個以上の鍵を用いて地球ロックすると良いです。

 

そのときは、ホイールだけでなく、
フレームにも忘れずにワイヤー(ケーブル)通してくださいね。

 

 

この鍵でも不安に感じたら、
もっと太いチェーンロックにしてください。
(重くて携帯しにくくなりますが)

 

アルミ製のU字ロックは、
スチール(鉄)製のものにすると良いです。

 

 

それでも不安なら、
アラーム機能や位置情報機能など
いろいろな盗難防止グッズがあるので検討してみてください。

 

ですが、
プロの窃盗団に狙われたら防ぎようがありません。

 

なので、
鍵を過信しないで、
人通りの少ない場所や、
管理人や監視カメラの無い駐輪場には、
長時間おかないようにしましょう!

 

鍵を選ぶ時にダイヤル式とカギ式に迷ったらこちらの記事をどうぞ↓
クロスバイクにはダイヤル式よりカギ式が良い?その理由は

ロードバイクにはダイヤル式を使っています↓
ロードバイクの鍵をカギ式からダイヤル式に替えた3つの理由

軽さを優先したい方はコチラの記事をどうぞ↓
ロードバイクの鍵を選ぶポイント!やっぱり軽いのがいい