自転車の長指グローブは、
寒さに応じて使い分けると良いです。

 

薄手のグローブしか持っていないと、
寒い日は防寒性が足りなくて
指先が冷たくなり、

厚手のグローブしか持っていないと、
冬でもポカポカ陽気の日や
坂道を登るときは暑くなって
グローブの中が蒸れます。

 

なので、
寒さに応じたグローブが必要になります。

が、
自転車の冬用グローブは高価です。

例えば、パールイズミの製品は、
7千円から1万円以上もするので、
いくつも買うわけにはいきません。

ロードバイクを買って間もなければ
完全に予算オーバーですよね。

 

そこで、
グローブの防寒性を
調整できるアイテムとして、
インナーグローブがあります。

グローブといっても
非常に薄い生地でできていて、
その上から、長指グローブをはめます。

ジャージの下に着るアンダーウェアみたいなものです。

 

値段は2千円くらいで
少し高いですが、長指グローブよりは安いです。

 

私は、
パールイズミのインナーグローブを
使っているのでレビューします。

この記事がお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

購入した理由(目的)

私は、
最初のロードバイクを買った年、
3つのグローブを買いました。

半指(指切り)タイプと、
薄手の長指タイプと、
5℃対応の少し厚手の長指タイプです。

 

いずれもショップで定価で買ったので
2万円近く使いました。

完全に予算オーバーです。

 

予算オーバーでも
これで済めばよいのですが、

3つを使い分けても
グローブの中が蒸れたり、
逆に指先が冷たくなったり、
と、快適ではありません。

 

指先が冷たくなるのは
我慢できないので、
0℃対応品が欲しくなりましたが1万円もします。
(もうお金がないです)

 

また、
5℃対応のグローブは蒸れやすく、
中が湿ったり濡れたりして
不快になることがあるので、
薄手のグローブを買ったのですが、

防風性が良すぎて
(つまり通気性が悪くて)
薄手でも蒸れます。

 

このように、
初めてロードバイクを買って迎えた冬は、
グローブに悩まされました。

 

そこで、
指先が冷たくなるのと、
グローブの中の蒸れを防げないかと

買ったのが、
パールイズミの自転車用インナーグローブです。

インナーグローブ

商品スペック

パールイズミの
インナーグローブのスペックは次の通りです。

素材:ヒートテックセンサー素材
(ポリエステル89% ポリアクリレート系繊維11%)
サイズ:フリーのみ
価格:税別2200円

ヒートテックは、ご存じの通り、
湿気(汗)を熱に変えるので
保温性を高めることができます。

また、
パールイズミのインナーグローブは、
湿気(汗)を吸って発散するので
蒸れが軽減されます。

 

スポンサーリンク

2つの効果(保温性と蒸れ防止)

で、実際、
パールイズミの
インナーグローブをつけて
走行してみると、

保温性と蒸れ防止の効果を実感できます。

 

私の場合、
持っていた5℃対応グローブの
防寒性がアップし、
1万円もする0℃対応品を買わなくてすみました。

 

また、
走りはじめは寒くても、
そのうちに暖かくなって
グローブの中が蒸れることがありますが、

パールイズミのインナーグローブを
つけていると蒸れが軽減されます。

 

但し、吸湿性にも限界があるので、
真冬でもハードに走る方や
ロングライドする方、汗かきの方は、
もう一つ用意しておくと良いかもしれません。

中が濡れるほど汗をかいたら、
インナーグローブだけ交換すれば、
汗冷えも防げるし、なにより快適です。

 

また、
ヒートテックの保温効果は、
手が少し汗ばむくらい走らないと実感できません。

熱のもとになる湿気がないと
ヒートテックは機能しない
からです。

 

なので、走行中じっとしていて
汗が出るどころか冷える一方の
スクーターやオートバイでは、
ヒートテックのインナーグローブをつけても暖かくなりません。

自転車でも、ゆっくり走るとダメですよ。

じっとしていても
(ゆっくり走っても)
暖かくなるグローブが欲しければ、
ヒーター付きのグローブが発売されています。

メリットがデメリット(耐久性)

パールイズミの
インナーグローブの生地はとても薄いです。

なので、
上から長指グローブをはめても
握るのが硬くなったり、
ごわついたりすることはありません。

また、
生地のすべりが良いので、
上から長指グローブをはめるときも
外すときもスムーズ
にできます。

 

このように
生地が薄いことにより
多くのメリットがあるのですが、

耐久性の点でデメリットがあります。

 

私は週末サイクリストなので、
1週間に1~2回しか走りませんが、

2シーズン目で破れました。

 

長指グローブよりは安いとはいえ、
毎年、買い直すには高いです。

他にも買わなければいけない
消耗品(タイヤなど)があります。

 

 

そこで私は、下の写真のように、
靴底補修剤(セメダイン製)で
破れた部分を補修して使っています。

インナーグローブ修復

(親指の外側の付け根あたりを補修しています)

補修後の見た目は悪いですが、
長指グローブを上からはめれば分かりません。

 

また、セメダイン製の靴底補修剤は、
固まった後に弾力性があり、
また、外側のみに塗布したので、
内側の肌に違和感はありません。

洗濯して快適に

パールイズミのインナーグローブは
洗濯してもすぐ乾くので、
使った後に気軽に洗濯でき、

毎回、気持ちよく使えます。

 

また、
汗はインナーグローブが吸うので、
インナーグローブだけ洗って
長指グローブは干すだけにしても良いです。

洗濯の手間と
高価な長指グローブの洗濯による傷みを減らせます。

まとめ

パールイズミの
自転車用インナーグローブは、
長指グローブの防寒性をコントロールできます。

 

薄手で邪魔にならないので
携帯しやすく、

気温や体温の変化に応じて着脱して
防寒性を調整できるのが良いです。

 

また、
一般に長指グローブは
蒸れやすいのですが、

パールイズミのインナーグローブは
湿気(汗)を吸収し発散するので
蒸れによる不快感を軽減してくれます。

 

このように、
パールイズミのインナーグローブは
寒いと感じたときに使えば
長指グローブの防寒性を高め、
暖まったときは、
湿気を吸収して蒸れを抑えてくれます。

 

少しでも快適に走りたい
週末サイクリストの私にとって、
冬のライドの必須のアイテムになっています。

 

長指グローブの選び方についての記事です。参考になれば幸いです↓
冬用グローブの選び方!5℃を基準に使い分け

グローブの蒸れが気になる方はこちらの記事をどうぞ↓
グローブの蒸れを防ぐには?秋冬は手のひらも快適に