ロードバイクの防寒対策として
グローブ、イヤーウォーマに引き続き
フェイスマスク(フェイスカバー)について書いてみます。

 

5℃前後から0℃に近い環境で走ると
我慢できなくなるほど
顔が冷たくなります

そんな寒い中、走らないよ、
という声も聞こえてきますが、

冬は、
花粉も、紫外線も、熱中症も
心配しなくて良い季節です。

地域によっては、
晴れの日も結構あります。
(ちなみに私は関東在住です)

なので、
防寒対策さえシッカリすれば、
真冬でもロードバイクを楽しむことができます。

そこで今回は、顔の防寒対策として
どんなフェイスマスク
(フェイスカバー)が良いか
調べてみました。

この記事が冬のライドのお役に立てれば幸いです。

 

つま先も冷たくなるので、シューズカバーについてもまとめてみました↓
シューズカバーで足の防寒対策!温度別にまとめてみた

 

スポンサー検索

 

スポンサーリンク

ロードバイクのマスクは防寒性よりも通気性?!

フェイスマスク(フェイスカバー)に
必要な機能は、
もちろん防寒性です。

ですが、
防寒性が良いと
通気性が悪くなります。

通気性が悪いと次の2つが問題になります。

  • 息苦しくなる
  • 吐いた息がこもって蒸れる

普通の使い捨てマスクを着けて
駅の階段を駆け上ったり、走ったりしても
息苦しくなったり、蒸れたりしますよね。

特にロードバイクは運動量が大きいので、
フェイスマスク(フェイスカバー)には、
防寒性だけでなく、通気性が大切です。

 

とはいっても
通気性がよければ冷気が入ってくるし、
やっぱり寒いのでは?
と思う人もいるかもしれません。

ですが、
マスクの中では吐く息も暖かいし、

ロードバイクは運動量が大きいので、
しばらくすると体も顔も暖まってきます。

なので、
雪が舞う寒波の中を走るのでなければ
フェイスマスク(フェイスカバー)の防寒性は
冷気が直接、顔に当たらない程度で十分です。

 

寒いからといって
防寒性が良すぎるものを選ぶと
通気性が悪いので息苦しくなり、
しっかりペダルを回せなくなります。

息苦しさでマスクを外してしまったら
マスクの意味がなくなります。

逆に、
我慢してマスクを外さないでいると
息苦しいだけでなく
マスクの中が蒸れたり
結露で濡れたりして不快
になります。

なので、ロードバイク用の
フェイスマスクを選ぶときは、
防寒性だけでなく、通気性も大切です。

 

前置きが長くなりましたが、
次に、防寒用のフェイスマスクをいくつか紹介します。

 

スポンサーリンク

日焼け防止マスクが意外と使える

上記の理由から、
防寒性が程々(ほどほど)で
通気性を重視するなら、

日焼け防止マスクが意外と使えます。

なので私は、日焼け防止マスクを
防寒用にも使用しています。
(ヘルメットとアイウェアとイヤーウォーマもつけています)

下の写真の上側のマスクが
私が使っている日焼け防止マスクです。

その下側には、比較のため
通常の使い捨てマスクを置いています。

 

フェイスマスク比較

 

マスクの裏側は次のようになっています。

 

フェイスマスク裏側

 

この日焼け防止マスクは
RF-SPORTS MASKという製品で、

口まわりの部分が1枚の薄いメッシュ生地になっています。

口まわりの防寒性は低いですが、
冷気が顔に直接あたらないので冬でも使えます。

なにより、
息苦しさや蒸れがほとんどないのが良いです。

特にガッツリ走る方におすすめです↓

アマゾンへのリンクです↓
RF-SPORTS MASK MINI ホワイト

マスクの詳細は以下の記事で説明しています↓
涼しいマスクで顔の日焼け対策!RF-SPORTS MASK

パールイズミのフェイスマスクは2種類ある

通気性よりも
防寒性を重視するなら、

自転車ウェアメーカーの
パールイズミから、
防寒用のフェイスマスクが発売されています↓

アマゾンへのリンクです↓
(パールイズミ)PEARL IZUMI 488 サイクリング フェイスマスク

楽天にもあります↓
パールイズミ 488 フェイス マスク 2019年モデル 秋冬 自転車 サイクルウエア

 

フリース生地(ポーラーテック)で
耳から首元まで覆う
ので防寒性は十分です。

ですが、
購入者のレビューにもあるように、
ガッツリ走ると、
通気性が不足するので
マスクの中が湿ったり結露して濡れ、
濡れた部分が口に接触して不快になります。

(息苦しさは口の部分が開くので一時的には対応できます)

 

そこで、
パールイズミにも
日焼け防止用のフェイスカバーがあります↓

アマゾンへのリングです↓
[パールイズミ] UV フェイスカバー FA-3

楽天にもあります↓
パールイズミ FA-3 UVフェイスカバー 2019年モデル 春夏 自転車 フェイスカバー

防寒用のフェイスマスクと
見た目が似ていますが、
春夏用なので通気性が良いです。

通気性が良くても
冷気が顔に直接あたらないので
冬でも使えます。

蒸れがなくなるわけではありませんが

パールイズミの製品で
通気性を重視するなら、
日焼け防止用のUVフェイスカバーを選ぶとよいです。

その他の気になるフェイスマスク

パールイズミ以外の
自転車用フェイスマスクについても調べてみました。

気になる製品を
ピックアップしたので参考にしてください。

マスクと口(くち)が接触しないように工夫された製品もあります。

NAROOMASK(ナルーマスク)T-BONE 5 PLUS

 

マスクと口が触れないように
プラスチック製のフレームがついた
スポーツマスクです。

アマゾンへのリンクです↓
NAROO MASK(ナルーマスク) T-BONE5 PLUS

楽天にもあります↓
NAROO MASK(ナルーマスク) T-BONE5 PLUS スポーツマスク

前と後に
目の細かいフィルター部
目の粗いメッシュ部があり、
前後で使い分けることができます。

耳にかける部分があるので
ズレ落ちる心配もありません。

首元まで覆うタイプで、
ネックウォーマーも兼ねています。

ですが、
首元が暑くなった時の温度調節が不便そうです。

NAROOMASK(ナルーマスク)X5s

なので、
首元を覆わないタイプもあります↓

アマゾンへのリンクです↓
NAROO MASK(ナルーマスク) X5s スポーツマスク フェイスマスク

楽天へのリンクです↓
NAROO MASK (ナルーマスク) 紫外線対策 や Vカット シーズンレス マスク ウイルス対策 にもなる!日焼け防止! アウトドア 野外活動 スキー スノーボード ジョギング MTB

ただし、プラスチック製のフレームは付いていません。

SWANS SPORTS MASK(スワンズ スポーツマスク)

 

フィルター交換式の立体形状のマスクです。

アマゾンへのリンクです↓
スワンズ スポーツマスク SSM-04 BK

楽天へのリンクです↓
スワンズ スポーツマスク SSM-004 スポーツタイプ 【自転車】【ウェア】【スワンズ】

立体形状なので
口がマスクに接触しません。

蒸れにくいメッシュ素材が使われています。

フィルターは活性炭入りで、
息苦しくならないように排気弁までついています。

花粉対策にも良さそうです。

ですが、防寒に使うときは
フィルター無しで良いかもです。

 

カジュアルなバンダナタイプもあります↓

アマゾンへのリンクです↓
SWANS(スワンズ) スポーツマスク カジュアルタイプ ドットブルー SSM-003

楽天へのリンクです↓
スポーツマスク【 スワンズ SWANS 】SSM-003[カジュアルタイプマスク スポーツ sports mask ピンク カラー 花粉 花粉症対策 風邪 自転車 バイク バンダナ スギ花粉 大気汚染 マスク n95 と同等 pm2.5 3tz

 

ワイドタイプもあります↓

アマゾンへのリンクです↓
スワンズ SWANS スポーツマスク カジュアル ワイドタイプ

楽天へのリンクです↓
(SWANS)スワンズ SPORTS MASK スポーツマスク カジュアルタイプ SSM-005(ワイドタイプ) BK ペイズリー(4984013957734)(20009196)

Sports Mask AEROAD(スポーツマスク エアロード)

立体形状の使い捨てマスクです。

スターウォーズのダースベイダーみたいです。

アマゾンへのリンクです↓
AEROAD(エアロード) スポーツマスク

楽天へのリンクです↓
【代引料無料】SPORT MASK AEROAD スポーツマスク エアロード(柏楽 はくら)

通気性が良いとのレビューもあります。

使い捨てにしては少し高いですが、
洗濯がめんどうな方には良いです。

固定はベルクロ(マジックテープ)で、調整幅があります。

普通の使い捨てマスクも防寒用に使ってみた

夕方冷えたときに緊急的に使うのなら
通常の使い捨てマスクを防寒用に使えます。

アマゾンへのリンクです↓
アイリスオーヤマ マスク 大きめ プリーツ 60枚入 NRN-60PL (PM2.5 花粉 黄砂対応)

楽天へのリンクです↓
プリーツ型マスク NRN−60PL 大きめ 60枚

大きめのサイズを選べば、
アイウェアの下から
両側のほっぺと
あごの下あたりまでカバーできます。

何より安いし、
洗濯しなくて良いし、
使い捨てなので衛生的です。

小さな切り込みを入れると、
息苦しさも軽減
できます。

私は、駅までの自転車通勤に使っています。

シールド付きヘルメットも顔の防寒に使える?!

これまで紹介したマスクは、
口まわりの防寒はできますが、
目のまわりの防寒はできません。

アイウエアで防風はできますが
それでも冷たい風があたります。

 

そこで、シールド付きのエアロヘルメットがあります。

速く走れない自分には
必要ないと思っていましたが、
「大きなシールド」は冷たい風を防いでくれます。

それに、
シールド付きエアロヘルメットは
通気性が低めなので頭部の防寒にもよいです。

何よりカッコイイです↓

アマゾンへのリンクです↓
OGK(オージーケー) AERO-R1(エアロR1) エアロヘルメット G-1ホワイトライトグレー L/XL

楽天へのリンクです↓
OGK KABUTO AERO-R1 軽量ショート エアロ 自転車 ロードバイク ヘルメット jcf公認 bebike kabuto aero-r1 30540

 

価格を抑えたモデルもあります↓

アマゾンへのリンクです↓
OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット VITT (ヴィット) カラー:G-1パールホワイト

楽天へのリンクです↓
OGK KABUTO オージーケー カブト VITT ヴィット 軽量 自転車 ヘルメット jcf公認 サイクルヘルメット ロードバイク ヘルメット bebike

 

「大きなシールド付きヘルメット」をかぶり、
目元は「大きなシールド」で、
口から鼻は「フェイスマスク」でカバーすれば、
真冬の冷気の中へ思いっ切り飛び込めます。

 

スポンサーリンク

まとめ

自転車乗りにとって、
フェイスマスク(フェイスカバー)には

息苦しさや
蒸れ(口まわりの湿りや濡れ)
の問題があります。

そのため、
防寒性だけでなく
通気性も大切です。

なので、
フェイスマスク(フェイスカバー)を選ぶときは
通気性の良い日焼け防止用マスク
選択肢に入れて検討してみてください。

それと、
自分の走行スタイルが
がっつり/トレーニングタイプか、
マイペース/サイクリングタイプ
も考慮してくださいね。

同じフェイスマスク
(フェイスカバー)でも
走行スタイルによって
息苦しさや蒸れの程度が異なります。

がっつりトレーニングなら「通気性」、
マイペースでサイクリングなら「防寒性」を重視すると良いです。

 

この記事が快適な冬のライドにお役に立てれば幸いです。

 

 

耳が冷たいならイヤーウォーマをつけるとよいです↓
耳の防寒対策!パールイズミのイヤーウォーマの購入レビュー

つま先が冷たいならシューズカバーについてまとめたこの記事を参考にしてみてください↓
シューズカバーで足の防寒対策!温度別にまとめてみた

 

冬用グローブについてはこちらの記事をどうぞ↓
冬用グローブの選び方!5℃を基準に使い分け

冬用グローブはインナーグローブと組み合わせて使うとよいです↓
パールイズミのインナーグローブの購入レビュー

 

冬用ウェアについて節約の点からまとめてみました↓
ロードバイクの冬用ウェアは高いので重ね着で節約してみた

 

スポンサーリンク