ロードバイク乗りにとって
冬は、ウェア選びに困ります。

なぜかというと、
冬用ウェアは値段が高いからです。

例えば、パールイズミ製の
0℃対応ジャケットは、
税込み2万円から3万円近くもします。

ウィンドブレーカーでさえも1万円です。

下のボトムス(タイツ)も、
防寒性の高いものは2万円近くもします。

その他にも
冬用グローブ、
シューズカバー、
イヤーウォーマ、
フェイスカバー、など、
必要なものがたくさんあり、

全てを自転車専用ウェアで
そろえようとすると大変
です。

これまでに予算のほとんどを
自転車やパーツに使ってしまった方は
お金が足りませんよね。


そこで、この記事では、
できるだけお金をかけない
冬のウェア選びについてまとめてみました。

ポイントは、
重ね着(レイヤリング)
見た目を気にしないことです。
(大切なのは内側です)。

スポンサーリンク

重ね着(レイヤリング)の基本

ロードバイクを買ったばかりの頃は、
自転車の知識は多少あっても、

ウェアについて
しっかり知っている方は少ないと思います。

当時の私もそうでした。

なにせ、
私は学生の頃は柔道をしていて
真冬でも柔道着一枚だったもので。

とにかく重ね着すれば暖かくなるかな~
と思っている程度でした。


ですが、
同じ「重ね着」をするといっても、

アウトドアスポーツでは、
レイヤリング」といって
重ね着した各ウェアに
役割を分担する考え方があります。

特に登山をする方にとっては、
ウェア選びの基本のようです。


そこで、
自転車のウェア選びにおいても、
この「レイヤリング」に従えば、

高い自転車専用ウェアばかりを買わなくてもいいんじゃない?

と考え、
冬のウェア代を節約してみました。

基本はスリーレイヤー!ウェアの役割分担

ウェア代の節約のためには
「レイヤリング」の基本を知っておく必要があります。

「レイヤリング」の基本は
次のスリーレイヤー(3つの層)です。

  • インナー
  • 中間着
  • アウター

この3つのレイヤー(層)に、
次のように役割を分担させます。

インナーには、汗冷え防止
中間着には、吸った汗の蒸発(蒸散)保温
アウターには防風

といった感じです。


続いて各レイヤーについて順に説明します。

インナーで汗冷え防止

最も内側のインナーは、
肌に直接触れる、いわゆる下着で、
アンダー」ともいいます。

汗冷えを防ぐのが主な役割です。

そのためには、
汗を吸ってもすぐに放出することが必要です。

中間着で汗の蒸散と保温

インナー(アンダー)の上に着る
中間着
ベースレイヤー」とか、
ミドルレイヤー」とも呼ばれます。

インナー(アンダー)を介して
汗を吸収し、
その汗を
水蒸気にして外側へ逃がすこと
(蒸散)が重要な役割です。

そのためには、優れた
吸汗性
速乾性が必要です。

また、
体温を逃がさないための
保温性も必要です。

さらに、
この保温性と相反する
蒸れの防止(通気性)も大切です。


このように
中間着の役割は多いので、
1着だけでなく、
2着以上を重ねることもします。

例えば、2着を重ねる場合、
内側には主に
吸汗性と速乾性(蒸散)に優れる
ウェア(ベースレイヤー)を着用し、

その外側には主に
保温性の良いウェアを重ねます。

さらに3層にして調整することもできます。

アウターで防風

最も外側のアウターは、
風を防ぐのが主な役割です。

内側の中間着には
蒸れ防止のために
通気性が必要ですが、

アウターは、逆に
通気性が低いことが必要です。

通気性が低いと防風性に優れます。


なお、雨や雪の中を走る場合は、
撥水性(はっすいせい)
(水をはじくこと)も必要です。

ゴアテックスのように
撥水性や防風性もありながら、
透湿性もある素材もありますが、
ウェアの価格が跳ね上がるので、
この記事ではスルーします。


前置きが長くなりましたが、
次に、
この「レイヤリング」に基づいて
自転車ウェア選びの節約について書いてみます。



スポンサーリンク

冬の自転車ウェアを節約するには

インナーはケチらない

節約といっておきながら、
矛盾するようですが、
インナーはケチらないでください。

1000円程度の安い
ヒートテックの下着はおすすめしません。

肌に接するインナーは、
とにかく
吸汗性と速乾性に優れ、
汗冷えしない
ことをメインに選んでください。

保温性が気になりますが、
保温性はインナーの上に着る中間着に任せます。


吸汗性と速乾性に優れたインナーは、
自転車ウェアメーカーをはじめ
各スポーツウェアメーカーから発売されています。

ですが、
5000円前後はします。

繰り返しますが、
この5000円をケチらないでくださいね。

下着と考えると高いですが、
冬の自転車用ジャケットの
2~3万円と比較すると安いです。

インナーはレイヤリングにおいて
最も重要なので良い製品を買いましょう。

山岳用ウェアのインナーが使える

私は、インナーに、
ファイントラックの製品
(スキンメッシュロングスリーブ)
を使っています。

山岳ウェアですが自転車にも使えます。



インナー/ファイントラック

(薄くて小さな穴が特徴です)


汗を吸うというより、
汗を透過して元に戻さない
というイメージです。

ポイントは、
インナーを透過した汗は
中間着に吸収され、

インナーには汗が残らない
ことにあります。

一度、中間着に吸収された汗は、
インナーの撥水性が高いので、
元のインナーに戻りません。

なので、
インナーはサラサラのままです。

上に書いたことが、
次の動画をみればよく分かります。
最初の1分30秒ほど見てくださいね。

山岳ウェアは命に関わるものなので
値段は高いですが、
性能は想像を超えていますよ。





ファイントラック社は
このインナーに
「ドライレイヤー」という
名称(登録商標)をつけていますが文字どおりの性能です。


アマゾンでも売っています↓
ファイントラックのスキンメッシュ(ロングスリーブ)

楽天にもあります↓
【ネコポス送料無料!】ファイントラックスキンメッシュロングスリーブ・メンズ

こちらは少し生地を厚くして保温性を高めた製品です↓

アマゾンへのリンクです↓
ファイントラックのアクティブスキン(ロングスリーブ)

インナーでも防寒性を調整

防寒性は主に中間着で調整しますが
インナーでも補助的に調整できます。

ファインテックのインナーには、
半そでやノースリーブもありますが、

昼でも5℃を超えない寒い日は、
先ほどのロングスリーブ(長袖)がよいです↓

アマゾンへのリンクです↓
ファイントラックのスキンメッシュ(ロングスリーブ)

楽天へのリンクです↓
【ネコポス送料無料!】ファイントラックスキンメッシュロングスリーブ・メンズ

先ほども紹介した少し生地を厚くして保温性を高めた製品もあります↓

アマゾンへのリンクです↓
ファイントラックのアクティブスキン(ロングスリーブ)


一方、朝夕が寒くても
昼に10℃まで気温が上がる日
半そでやノースリーブのインナー着るとよいです。
ファイントラックの製品でもよいですが、
私は、夏用のノースリーブのインナー(パールイズミ製)で代用しています。



インナー/パールイズミ

(パールイズミの夏用のインナー。スケスケです)


私は旧タイプのパールイズミ製を
使用していますが、
最新の製品は伸縮性がよいです↓

アマゾンへのリンクです↓
パールイズミのドライアンダーシャツ

楽天へのリンクです↓
(パールイズミ/PEARLiZUMi)(自転車用ウェア/男性用/メンズ)(2017春夏)(111)クールフィットドライ ノースリーブ

夏用のインナーでも、
10℃まで気温が上がる日は、
冬でも使えますよ。

夏の大量の汗を想定した製品なので、
冬の汗くらいならサラサラです。

インナーの着用にあたっての注意点

インナーの着用にあたっては注意点あります。

それは、
インナーの上に着る中間着のサイズです。

決して、
ダボダボの中間着を着ないでください

ダボダボの中間着を着ると
インナーの効果が半減します。

先ほどの動画からも分かるように、
最終的に汗を吸収するのは
インナーの上に着る中間着です。

インナーと中間着の間にすき間があると
汗が中間着に吸収されません。

なので、
インナーの上に直接着るウェアは
ぴったりフィット(密着)するサイズにしましょう!

中間着には吸汗性が必須!寒ければ重ね着で調整

上に書いたように、
インナーの上に直接着る中間着は、
吸汗性がよいことが必要です。

インナーを透過した汗を
しっかり吸収する必要があるためです。

また、そのためには、
インナーにフィット(密着)する
必要があるので、伸縮性がよいものを選びましょう。

普通のスポーツウェアで良いですが、
私は、
秋用の長袖ジャージを持っているので、
それで代用しています。

15℃対応品が
吸汗性と速乾性も良い
ので
レイヤリングの中間着にちょうど良いです。

私はパールイズミの15℃対応ジャージを使っています。

2016年モデルは、こんなデザインです↓

アマゾンへのリンクです↓
パールイズミの15℃対応の長袖ジャージ

こちらは2017年モデルの15℃対応ジャージです↓

アマゾンへのリンクです↓
パールイズミのオルタナジャージ

楽天へのリンクです↓
【送料無料】【PEARLIZUMI】 (パールイズミ)3112-BL オルタナ ジャージ(17)【ジャージ】【自転車 ウェア】

少し価格を抑えたオールシーズン用の製品もあります↓

アマゾンへのリンクです↓
パールイズミのハザードジャージ

楽天へのリンクです↓
パールイズミ 3120-BL ハザード ジャージ(pi0)


(パールイズミのハザードジャージ)


冬に秋用ウェアは寒いのでは?

と思うかもしれませんが、
中間着は、防寒性よりも
吸汗性と速乾性を優先させます。

寒ければ、
下に、吸汗性の良い
薄手のスポーツウェアを着たり、
上に、保温性の良い
厚手のスポーツウェアや
フリースウェアなどの普段着を着て
防寒性を調整します。

役割をしっかり分担させることがポイントです。


ただし、重ね着するウェアは、
少なくとも首元がファスナーで開閉
できるものを選ぶとよいです。

ウェア内が蒸れたとき、
ファスナーを開けると換気ができます。


また、
下に重ね着するウェアは
汗を吸いやすくするために
フィットするものが良いですが、
これとは反対に
上に重ね着するウェアは
少し大きめがいいです。

きゅうくつにならないだけでなく、
重ね着したウェア間にできた空気層
保温性を高めることができます。

住宅の窓のペアガラスが
断熱効果に優れるのと似ています。


ちなみに、
ファイントラックには、
中間着として
インナーの上に着るベースレイヤー、
その上に着るミドルレイヤー、
さらにその上に着るミッドシェルと
細かく分けてウェアが用意されています。

自転車ウェアで
レイヤリングするときの参考になります。

アウターは普通のウィンドブレーカーで代用

最初に書きましたが、
自転車専用の冬用ウェアは高いです。

例えば、
パールイズミの0℃対応ジャケットは
2万円~2万8千円(税込み)もします↓

(パールイズミ 1500BL プレミアムウィンドブレークジャケット)


ホイールも欲しいし、
パーツのグレードアップもしたいのに
冬しか使わないウェアに
3万円近くも払いたくないですよね。

ロードバイクを買って
初めて迎えた冬なら、
予算オーバーで
お金が残っていないと思います。


なので、ここは、
ウィンドブレーカーをアウターとして使いましょう!

自転車用でなくても、
近所のショッピングセンターで
売っているもので十分です。

パールイズミのウィンドブレーカーは
1万円もしますが、

その半額の5千円も出せば
良い製品はたくさんあります。



(パールイズミのウィンドブレーカー2386)


雨や雪の日は走らないのであれば
撥水性は必要なく、
防風性だけあればよいので、
もっと安いものもあります。

ただ、デザインや色の点で
気に入ったものがみつからないかもしれません。

ですが、
節約のためにはそこはがまんしましょう。


ウィンドブレーカーだけでは
寒そうですが、

前に書いたように、
その下にスポーツウェアや
フリースウェアを着て防寒性を調整します。

なので、
アウターには防風性のみを求めます。

ウィンドブレーカーは安いものでも
防風性はしっかりあるので、
アウターとして十分に役立ちます。


ちなみに、私は、
峠の下り用に
コンパクトにたためる
薄手のウィンドブレーカーを持っていて、

また、
通勤用に厚手のウィンドブレーカーも
持っているので、特に寒い日は2枚を重ねて着ます。

ただ、
通勤用のウィンドブレーカーは
厚着の上から着ることができるように
大きめなので、
走行時に風でバタついて
空気抵抗が大きくなります。

ですが、
これも節約のためにはしかたありません。

下は防風スポーツパンツとモモヒキで

最後に、下のボトムスをどうするかです。

防寒性に優れた冬用タイツは
1万5千円から2万円近くもします↓

(パールイズミ6700-3DNP ウィンドブレーク サーモ タイツ)


なので、私は、
レーパン(レーサーパンツ)と
モモヒキ
(ユニクロのヒートテックタイツ)
をはいて、その上から、
普通の防風スポーツパンツ(長ズボン)をはいています。

このスポーツパンツは、
防風性が十分にあれば、
近所のスポーツ用品店で売っているもので十分です。

ランニング用なら
ペダリングの邪魔にならないですし、
裏地がフリースであれば暖かいです。


ちなみに、私は、
ユニクロの旧タイプの
スポーツパンツをはいています。



防風スポーツパンツとモモヒキ

(左がスポーツパンツ、右がモモヒキ)


このスポーツパンツは、
今は発売されていませんが、
確か3000円前後でした。

似たような製品は他のメーカーにもあります。


スポーツパンツの下にはく
ユニクロのモモヒキ(タイツ)は、
普段はいていれば、それを使います。

もっていなければ
1000円くらいで売っています。

ユニクロでなくても
下着メーカー各社から発売されていますよね。

モモヒキ(タイツ)は、
そのままはいてもよいですが、
ももの付け根からカットして
レッグウォーマーのように装着してもよいです。

(ズレないように上端をレーパンの太もも部分の内側に入れてください)

もし、秋にレッグウォーマーを
買っていたなら、そちらを使ってください。

(パールイズミのレッグウォーマー418)


また、レーパンの代わりに、
パッドの付いたインナーパンツでも良いです。

パールイズミのメッシュインナーパンツ159-3D


なお、
防寒用のスポーツパンツは、
裾(すそ)がだぶつくので、
チェーンにあたらないように
裾止め(すそどめ)をつけてくださいね。

裾止めも自転車専用品でなくても
100円ショップで売っている
ベルクロ止めのゴムバンドで代用できます。



(オーストリッチのズボンクリップB)



(オーストリッチのズボンクリップC)


このように、
下に、
ジョギング用の長ズボンはいて、
上に、
ウィンドブレーカーを着ると、
見た目は、
近所でジョギングしているおじさんと
同じ格好になります。

見た目は、地味ですが、
しっかり防寒できて、節約もできますよ。



スポンサーリンク

おわりに

長くなりましたが、まとめると

既に持っている
春夏/秋用の自転車ウェアと
普通のスポーツウェアや普段着とを
上手く組み合わせれば
十分な防寒ができ、
結果、節約ができます。

ただし、
インナー(アンダー)は大切なので
ケチらないで5000円は用意してくださいね。

それと
インナー(アンダー)の上に着る
中間着はダボダボだめですよ。
フィット(密着)するウェアにしてください。


ただ、どうしても
見た目が気になる方は、

ホイールやパーツだけでなく、
ウェアにもしっかり予算をあてて、
来シーズンに向けて貯金をしましょう!


ちなみに、各ショップでは、
1月頃から冬用ウェアのセールが始まります。

20~30%OFFは普通で、
中には40%OFFの商品もあります。

サイズと好みが合えばラッキーなので
近くにショップがあれば行ってみるとよいです。



耳や顔が冷たいときはこちらの記事をどうぞ↓
耳の防寒対策!パールイズミのイヤーウォーマの購入レビュー
自転車用のフェイスマスクはどれが良い?

シューズカバーの記事はこちらです↓
足の防寒対策を気温別にまとめてみた

防寒用の長指グローブについてはこちらの記事をどうぞ↓
冬用グローブの選び方!5℃を基準に使い分け
パールイズミのインナーグローブの購入レビュー