夏から秋、秋から冬へと
季節の変わり目には衣替えをしますが、
自転車乗りも衣替えをします。

 

半袖ジャージを長袖に替えたり、
膝上のレーパンを
ロングタイプ(長ズボンタイプ)にしたり、
と、
このあたりは、普段着と同じです。

 

が、
やっかいなのが、グローブです。

ジャージに
半袖と長袖があるように、
グローブには
指先が無い半指(指切り)タイプと、
指先を覆う長指タイプがあります。

 

寒くなってくると
長指タイプに替えるのですが、

走っているうちに
体温が上がり、
手も温かくなり、そして

グローブの中が蒸れてきます。

 

ウェアの場合、
首もとのファスナーを下げて
外気を入れれば良いのですが、

グローブの場合はそうはいきません。

 

通気性が悪いので
(防寒用なので当たり前ですが)

手が汗ばんできて不快になります。

 

休憩時にグローブを外し、
しばらくして再びはめると
中が湿っていて冷たいです。

 

競技者であれば、
我慢するのでしょうが、

私のような週末サイクリストは、
少しでも快適に走りたいものです。

 

 

という訳で、この記事では、
秋から冬へ(冬から春へ)の
季節の変わり目における
グローブの蒸れ対策について書いてみます。

 

お役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

半指グローブと作業用手袋を重ねる

私がとった蒸れ対策は、
半指(指切り)グローブ
長指の作業用手袋の組み合わせです。

 

薄手で適度に通気性の良い
作業用手袋をして、
その上から、半指グローブをはめます。

 

なーんだ、
と言う声が聞こえてきますが、

作業用手袋でも良いものがあるので
しっかり蒸れを防いでくれますよ。

グローブの蒸れ対策1

 

グローブの蒸れ対策2

 

本格的な冬になる前の時期であれば
防寒性も十分です。

 

目安ですが、
最低気温5℃以上
日中10℃前後の日ならOKです。

 

逆に、この環境で
通常の長指グローブを使うと蒸れます。

作業用手袋のスペック/安いです

蒸れ対策の作業用手袋のポイントは次の通りです。

  1. 薄手であること
  2. 適度な通気性があること
  3. 滑り止めがついていること

この3つを備えた作業用手袋として
私が買った商品は、
勝星産業(株)の「キャッチライナー」
C-400(極薄タイプ)です。

 

近所のワークマンで
税込み158円で買いました。

 

アマゾンでは税別156円で売っています。

 

グローブの蒸れ対策3

 

この作業用手袋の素材は、
ナイロンウーリーです。
(滑り止めは塩化ビニール製)

 

ナイロンなので強く、その一方で
伸縮性があり、肌触りが良い素材です。
(ストッキングや水着などに使われています)

 

200円もしない作業用手袋ですが、

手のひらが蒸れから解放されました。

 

 

一方、長指グローブには、
防寒よりも防風を目的とする
薄手の製品(10~15℃対応品)があります。

 

この薄手のグローブとして
ボントレガー製の
「ソルティスウィンドシェルグローブ」
を買ってみたのですが蒸れました。

 

薄手であっても
防風性に優れるグローブは蒸れる

ので注意が必要です。
(4千円もしたのですが失敗でした)

 

参考までに、パールイズミの製品に
「UV フルフィンガー グローブ」
という日焼け防止用のグローブあります。

 

長指タイプですが、
手のひらのメッシュ生地により
「蒸れを防ぎ、涼しくて快適」とあります。

 

蒸れ対策に良さそうな製品ですが、
税別5000円もします。

 

また失敗するはイヤなので
買っていませんが、

高価なグローブを買わなくても、
200円しない作業用手袋と
半指グローブの組み合わせで十分ですよ。

 

スポンサーリンク

蒸れ対策のポイント

自転車用グローブの蒸れ対策には、
以下のポイントがあるので順に説明します。

  • 防寒性と蒸れにくさはトレードオフの関係
  • ブレーキとシフトレバーの操作性
  • 重ねやすさ/装着性
  • 価格
  • メンテナンス性/洗濯

防寒性と蒸れにくさ

グローブの通気性が良ければ
蒸れにくくなります。

 

が、
通気性が良ければ、
防寒性(防風性)が劣り、
防寒性(防風性)が良ければ、
通気性が劣ります。

 

このように、
通気性(蒸れにくさ)と
防寒性(防風性)とは
相反する関係
にあります。
トレードオフの関係)

 

通常の冬用グローブは、
防寒性(防風性)を高めるため、
通気性が低くなるように作られています。
なので、蒸れやすいです。

 

自転車に乗ると、
特にロードバイクやクロスバイクでは
運動量が多いので、
最初は寒くてもそのうち体温が上がり
手も温かくなって汗ばんできます。

 

手が温かくなってからは、
防寒とは逆に
熱を外に出さなければ蒸れます。

 

なので、
通気性が必要になります。

 

が、通気性がありすぎると
手が冷たくなります。

 

通気性と防寒性(防風性)のバランスが大切です。

 

 

この記事の蒸れ対策では、
5本の指の部分に
通気性があるので蒸れを防止
できます。

 

手のひらの部分は、
夏用の半指グローブを重ねているので
熱がこもることはなく、
ハンドルの振動も防止できます。

 

防寒性については、
秋から冬(冬から春)への
季節の変わり目の時期に限れば十分です。

 

 

但し、真冬に近づいたら、
走り初めの寒さや夕方の冷えに備えて
通常の長指グローブも装備すると良いです。

ブレーキとシフトレバーの操作性

私が選んだ作業用手袋は、
生地が薄いので、
半指グローブを上からはめても
握りはそれほど硬くなりません。

 

また、滑り止めが付いているので
ブレーキやシフトレバーの操作性は良好です。

 

サイクルコンピュータの
小さなスイッチも指先で押せます。

 

 

ちなみに、
長指グローブの防寒性を高めるために
インナーグローブがあります。

 

このインナーグローブ
(パールイズミ製)に
半指グローブをはめて使ってみましたが、
通気性が良すぎて防寒性に劣り、
何より、滑り止めがないので、
レバー操作で指先が滑り、操作しにくいです。

重ねやすさ/装着性

私が蒸れ対策に使った作業用手袋は、
一般の軍手と違って薄いので、

インナーグローブのような感じで
上からグローブをはめることができます。

 

もし窮屈であれば、
ワンサイズ大きいもので対応できます。

価格/自転車用品は高いです

私が買った作業用手袋は
200円もしません。

 

一方、
自転車用の長指グローブは
薄手のタイプでも、
大手メーカーのものなら
4~5千円はします。

 

薄手のタイプであれば、
蒸れないようにも思いますが、
防風性が良い製品は、
通気性が悪いので蒸れます。

 

この記事で紹介した蒸れ対策は、
使える時期が限定されますが、
とてもコストパフォーマンスが良いといえます。

メンテナンス性/洗濯が楽です

私が選んだ作業用手袋は、
洗濯してもすぐ乾くので、
使う度に洗濯できて毎回、気持ちよく使えます。

 

安いので予備を買っておいても良いです。

 

また、
内側の作業用手袋だけ洗えば、
外側の半指グローブの洗濯回数を少なくでき、

半指グローブの洗濯の手間と
洗濯による傷みを減らせます。

 

 

一方、
長指グローブは乾きにくいので、
つい、洗わないで放置してしまいます。
(衛生的ではないですよね)

 

また、
長指グローブは値段も高いので
洗濯のために予備の買い置きなんてできません。

 

その点、作業用手袋なら、
安いので買い置きもでき、
洗濯しても直ぐ乾くので、

毎回、洗濯したものを気持ちよく使えます。

おわりに

この記事で紹介した蒸れ対策は、
200円もかけずに、

これまで使っていた半指グローブを
長指グローブとして使うことができます。

 

真冬になったら使えませんが、
それまでなら防寒性も適度にあり、

操作性や装着性を損なわずに、
蒸れを抑えて

手のひらを快適にできます。

 

長指グローブの蒸れが気になる方は、
200円で一度ためしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

冬用のグローブについてはこちらをどうぞ↓
冬用グローブの選び方!5℃を基準に使い分け

冬用グローブはインナーグローブと組み合わせて使うと良いです↓
インナーグローブの購入レビュー