冬にロードバイクに乗って
足先(つま先)が冷たくなったら、
がまんしないで
シューズカバーをつけるとよいです。

自転車専用シューズは、
通気性がとても良いので、
夏は蒸れなくてよいのですが、

冬は、
しっかり冷気が入って、
つま足が冷たくなります。

厚めのソックスを履いても効き目がありません。

ですが、
シューズカバーをつければ
冷気をシャットアウトできます。


私がロードバイクを買って
初めての冬、
シューズカバーをつけずに
我慢して走っていたら、

しもやけ(霜焼け)ができました。

足先がかゆくなったので、
冬なのに水虫?
と思っていたら、
数十年ぶりのしもやけです。

子供の頃の雪遊びと
しもやけの痛痒(いたがゆ)さが懐かしいです。


と、のんきなことを
言ってる場合ではありません。
凍傷にでもなったら大変です。

そこで、この記事では
足先の防寒対策についてまとめてみました。

この記事が冬のライドのお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

気温別の3つの対策

シューズカバーにもいろいろあり、
また、気温によっても防寒対策が異なります。

なので、
以下の3つの温度環境に分けて
対策をまとめてみました。

  • 5~10℃:昼頃は10℃まで気温が上がるが朝夕は冷える
  • 5℃前後:一日を通して寒い
  • 0℃以下:凍てつく極寒の環境

5~10℃/着脱が楽なトゥーカバー

お昼頃は大丈夫でも
朝と夕方が冷える環境では、
トゥーカバーが良いです。

つま先部分のみをカバーするハーフタイプです。

こんな製品です(アマゾンへのリンクです)↓
パールイズミのトゥーカバー

パールイズミのハーフシューズカバー

楽天にもあります↓
パールイズミ(PAEALIZUMI) ウィンドブレークロードハーフシューズカバー 7955 ブラック


下の写真は私が使っている製品です。

トゥーカバー

この製品はカンパニョーロ製ですが、
現在、発売されていないようです。

が、似た製品があります↓
アマゾンへのリンクです↓
プレミア ハーフシューズカバー ブラック(サイズL)

楽天へのリンクです↓
プレミア ハーフシューズカバー ブラック

このタイプのシューズカバーは、
足先(つま先部分)のみを覆うので、
着脱が簡単です。


朝早くに走るときは、
つけた状態でスタートし、
お昼頃になったら外します。

また、夕方になって
冷えてきたら装着します。

着脱が簡単なので、
一日の気温の変化に応じて使えるので便利です。

厚みはありますが
柔らかいので、
少し大きめのサドルバックなら入ります。

お昼頃は大丈夫でも
夕方は思いのほか冷えるので
携帯しておくと安心ですよ。

メリットとデメリット

トゥーカバーは、上に書いたように、
着脱が簡単で、
冷えにそなえて携帯できるのがメリットです。

ですが、防寒性が低いです。

つけないよりはずっと良いのですが、

足先しかカバーしないので、
5℃付近でしばらく走ると、
足首から冷えてきて
足先まで全体が冷えてしまいます。


また、見た目も今ひとつです。

上の写真の通り、
私が使っているトゥーカバーは、
スリッパみたいです。
(が、機能を優先して使っています)


トゥーカバーは、
朝夕の冷えた時間帯に一時的に使うのに便利です。

一日を通して5℃前後の寒い日は
次に説明するフルカバータイプの
シューズカバーをつけましょう。



スポンサーリンク

5℃前後/基準はフルカバータイプ

一日を通して
5℃付近の寒さの時は、
フルカバータイプのシューズカバーが良いです。

足先から足首の上(ふくらはぎの下部)までカバーします。

こんな製品です(アマゾンへのリンクです)↓
パールイズミのロード用シューズカバー7911

SPDシューズならMTB用がよいです↓
MTB用シューズカバー7915

楽天にもあります↓
パールイズミ 7911 ウィンドブレーク ロード シューズカバー 2017年モデル 秋冬 冬用シューズカバー 防風 保温 bebike

パールイズミ 7915 ウィンドブレーク ウィンター MTBシューズカバー 2017年モデル 秋冬 bebike


下の写真は、私が使っている
クラフトのシューズカバーです。
(旧モデルです)

クラフトシューズカバー

上の写真のように、
裏側をベルクロ(マジックテープ)で
止めるので、無理なく着脱ができます。


また、
シューズカバーを選ぶ時は、
サイズに注意してください。

シューズを覆うことができるのは
もちろんですが、

足首より上のサイズ
(ふくらはぎの下部の太さ)も忘れないでくださいね。

私が買ったクラフトの製品は、
シューズに対しては十分な大きさでも、
足首より上の部分が細めです。
(私のふくらはぎが太いだけかもしれませんが)

ファスナーが上がらない!
なんてことがないように、
フルカバータイプのシューズカバーは
試着をしてから買いましょう!

メリットとデメリット

フルカバータイプのシューズカバーは
足先だけを覆うトゥーカバーに比べて

防寒性がよいのがメリットです。

ですが、
着脱が面倒(めんどう)です。

これから寒い外へ出ようとする時、
取り付けに手間取ると、
モチベーションが下がります。

ですが、
冬のライドのルーティーンと思って
めんどくさがらずに装着しましょう。


ただ、通常のシューズカバーをつけて
足の防寒対策は大丈夫といえるのは、
5℃付近までです。

通常のシューズカバーは
一般に5℃対応で
先ほどのパールイズミのシューズカバーも5℃対応品です。

なので、
5℃をきり、0℃近くになると、
足先が冷えてきます。

0℃対応のシューズカバーもあるのですが、
値段が高いので、
私は、次の防寒対策をしています。



(パールイズミ 0℃対応プレミアム シューズカバー 7000)

使い捨てカイロとアルミホイル

フルカバータイプの
シューズカバーをつけても
足先が冷えてきたら、

使い捨てカイロとアルミホイルを使うとよいです。

使い捨てカイロを
シューズのつま先に貼り、

アルミホイルで覆ってから、
シューズカバーをかぶせます。

シューズの中に
カイロを入れるとよいのですが、

冬用の厚手のソックスを履くと
シューズの中が窮屈で、
カイロを入れるとさらに窮屈になって
違和感もあります。

なので、
シューズの外側に使い捨てカイロをつけます。

ただ、それだけでは
効き目がないので、その上から
アルミホイル(アルミ箔)で覆って
保温性を高めます。



シューズカバーとカイロとアルミホイル

ちなみに
パールイズミの
上位グレードのシューズカバーは、
つま先部分に
カイロ用ポケットが付いていて
生地内には保温力を高める
メッシュチタンフィルムが入っています↓

アマゾンへのリンクです↓
パールイズミの0℃対応プレミアムシューズカバー7000

楽天へのリンクです↓
パールイズミ 7000 プレミアム シューズカバー 2017年モデル 秋冬 bebike

チタンの輻射熱効果と遠赤外線効果で0℃に対応する製品です。


ですが、
通常の5℃対応シューズカバーでも
アルミホイルとカイロを使えば
0℃までの環境なら大丈夫です。

冬の夕方は、思いのほか冷えます。

場所をとらないので、
使い捨てカイロとアルミホイルを
背中のポケットやサドルバックに入れておくと安心ですよ。

シューズカバーは破れやすい/補修方法

シューズカバーは破れやすいので
装着するときに、
力を入れすぎないでください。

とはいっても、
破れたら、その部分から冷気が入るので
なんとかしないといけません。

予算がある方は
新品に買い換えてもよいですが、

私は、
節約のため、補修して使っています。

靴底補修剤で補修するとよいですよ。

下の写真は、
セメダイン製の靴底補修剤を使って
補修した部分を示しています。

シューズカバーの補修

0℃以下/値段は高いけどヒーター付きシューズカバーか冬用シューズを

0℃以下の極寒の中を走る場合は、
先ほどのチタンメッシュの
0℃対応シューズカバー
カイロを組み合わせて使うとよいですが、

ヒーター付きシューズカバーもあります↓

アマゾンへのリンクです↓
パールイズミのヒーター付きシューズカバー

楽天にもあります↓
パールイズミ HS-03 ヒーター シューズカバー 2017年モデル 秋冬 bebike


あるいは、
シューズ自体を防寒性の高い
ウィンターシューズにしても良いです。

こんな製品です(MTB用です)↓

アマゾンへのリンクです↓
シマノのウィンターシューズ MW7

楽天へのリンクです↓
MW7 SH-MW700 SPD シューズ ブラック シマノシューズ bebike


値段は高いですが、

そもそも
足先が冷たくなるのは、
シューズの通気性が良すぎるのが原因なので、

ウィンターシューズに交換すれば
その原因(通気性)自体が無くなります。

また、
ワンサイズ大きめのものを選んで
厚手のソックスをはいて、さらに
使い捨てカイロを入れてもよいです。

メリットとデメリット

ヒーター付きシューズカバーや
ウィンター(冬用)シューズは
防寒性に優れますが、
値段が高いのがデメリットです。

また、
ウィンターシューズは、一般に
マウンテンバイク(MTB)用の
SPDペダル対応の製品が多いので、
ロード用ペダルをつけている方は
SPDペダルへ交換する必要があります。

が、ロードバイク用もあります↓

アマゾンへのリンクです↓
ノースウェーブ(NORTHWAVE)冬用ロードシューズ

楽天へのリンクです↓
ノースウェーブ エクストリームウィンターGTXロード 2016秋冬【Gore-TEX採用モデル】防水防風レーシングモデル【-25°〜5°】NORTHWAVE EXTREME WINTER GTX Road RACING MODEL SHOES 自転車【送料無料】

-25℃~5℃の対応品です。

ノースウェーブ(NORTHWAVE)には、
MTB用ですが、
こんなオシャレなシューズもあります↓

アマゾンへのリンクです↓
ノースウェーブ(NORTHWAVE)冬用MTBシューズ

楽天へのリンクです↓
ポイント10倍(エントリー&楽天カード決済)【送料無料】【NORTHWAVE】(ノースウェーブ)2016 CELSIUS 2 GTX(セルシウス2 GTX) 冬用MTBシューズ【MTBシューズ】【自転車 ウェア】spdシューズ

-10℃~15℃の対応品です。


いずれにしても、
お金がかかりますが、
0℃以下の極寒の中を走る場合は、
十分な防寒対策が必要です。

足先は、
他のどの部位よりも
心臓から遠いので、
血の流れが悪くなり、
運動量を上げても暖まりません。

なので、0℃以下の環境では、
値段が高くても
ヒーター付きシューズカバーや
ウィンターシューズを検討しましょう。



スポンサーリンク

おわりに

自転車用シューズは
通気性がとても良いです。

5℃をきり0℃近くまで冷えると
厚手のソックスを履いても足が冷たくなります。

なので、
シューズカバーでしっかり防寒対策をしましょう!


これまでの防寒対策の記事で書いた、
グローブ、
イヤーウォーマ、
フェイスマスク
と併せて、

シューズカバーをつければ、
おどろくほど冬の寒さが平気になります。


その際、ヘルメットとアイウェアは必須ですよ。

ヘルメットも通気性がよいので
防風用のインナー又は
アウターカバーをつけるか、
ヘルメットの下にキャップをかぶるとよいです。

それと、汗冷え防止のために
インナーウェア(アンダーウェア)は良いものにしてくださいね。


冬の間に
しっかりロードバイクに乗っておけば

春には、
ロングライドの距離を伸ばせたり、
寒がりな仲間に差をつけることができますよ。


冬用の長指グローブについてはこちらの記事をどうぞ↓
冬用グローブの選び方!5℃を基準に使い分け

インナーグローブをつけると保温力がアップします↓
パールイズミのインナーグローブの購入レビュー

グローブの中の蒸れが気になる方はこちらの記事もどうぞ↓

グローブの蒸れを防ぐには?秋から冬(冬から春)の季節の変わり目は手のひらも快適に


顔が冷たいならコチラの記事をみてください↓
自転車用のフェイスマスクはどれが良い?

耳が冷たいならコレをつけると良いです↓
耳の防寒対策!パールイズミのイヤーウォーマの購入レビュー


冬用ウェアについて節約の点からまとめてみました↓
ロードバイクの冬用ウェアは高いので重ね着で節約してみた