ロードバイクで走行中にパンクしたら
チューブを交換して対応します。

なので、
予備(スペア)チューブを携帯しましょう。
タイヤレバー携帯ポンプも忘れずに装備してくださいね。


あとは、
自分一人でパンク修理ができれば
どこへ出かけても安心です。


そこで、
初めての方にも分かるように
チューブの交換方法のポイントをまとめてみました。


この記事を読んで、
パンク修理をできるようにしておきましょう。

 

チューブを交換するには
ホイールを外す必要があるので、こちらの記事もみてくださいね。↓
ホイールの着脱方法のポイント解説

 

スポンサーリンク


チューブを取り出す手順

まず、ホイールを外します。

ホイールの外し方があやしい方は、
こちらで確認しておいてくださいね。↓
ホイールの着脱方法のポイント解説


ホイールを外したら、
以下のステップにしたがってタイヤからチューブを取り出します。

ステップ1:空気を抜く

まず、
バルブのキャップを外し、
先端にあるネジを回して緩めます(下の写真)。

その後、
この先端を押して空気を抜きます(下の写真)。
(パンクしていても空気が残っていることもあるので十分に抜いてください)

 

ステップ2:バルブのナットを外す

次に、
バルブの根元にある
ナットを外します(上の写真)。
指で左に回すと緩みます。


このナットは
バルブをホイールに
固定するためにあります。
小さいので、なくさないでくださいね。

ステップ3:タイヤレバーを差し込む

次に、
タイヤの縁(ふち)(ビード)
タイヤレバーで外します。


ホイールのリムとタイヤの間に
タイヤレバーを差し込み、
その先端をビードに引っかけて起こします(下の写真)。

 

 

起こしたタイヤレバーの後端は
スポークに引っかけておきます(下の写真)。

 

 

タイヤレバーを差し込む位置は
バルブの近くをおすすめします。

バルブを押し込みながら、その脇(ワキ)に差し込むといいですよ。


下のイメージ図のように
バルブを押し込むと
チューブも押し込まれて
リムからはなれる
ので、
タイヤレバーでチューブを傷めることはありません。

 

 

取り出したチューブは、
パンクの穴が小さく傷みもなければ
パッチ(穴をふさぐシール)で修理すれば使えます。

ステップ4:ビードをめくり出す

次に、
2本目のタイヤレバーを、
1本目から手の幅くらいの
間隔をあけて
差し込み、
さらにビードをめくり出します。


(慣れれば、
1本目のタイヤレバーを起こす前に
2本目を差し込み、両方を同時に起こしてもいいです)

 

 

続いて、
起こした2本目のタイヤレバーを
リムに沿ってずらして
ビードを外していきます。


(かたくてズラしにくければ、
もう一度2本目のタイヤレバーを
間隔をあけて差し込み、
さらにビードをめくってからズラします)


ある程度ビードが外れれば手でも外せるようになります。

ステップ5:チューブを取り出す

片側のビードが全て外れたら、
外したビードとリムの間からチューブを取り出します。

 

 

最後に、
チューブのバルブを
ホイールのリムの穴から抜き取ります。

ステップ6:タイヤの異物の有無をチェック

これで
チューブの取り出しは終了ですが、
予備チューブに交換する前に忘れずに
次のチェックをしてください。

タイヤに突起物等の異物がささっていないか
(タイヤの表面はもちろん裏側もチェックしてください)

タイヤに異物がささっていたら、取り除きます。

でないと、
このあと交換する予備チューブに穴があいてしまいます。

 

スポンサーリンク


予備チューブを入れる手順

タイヤに異物が無いことを確認したら
予備チューブをタイヤに入れます。

ステップ1:空気を少し入れる

まず、チューブに少し空気を入れます。

棒状に折って
垂れ下がらない程度に入れてください(下の写真)。

空気を入れることにより、
ホイールのリムとタイヤの間に
チューブがはさまりにくくなります。

 

ステップ2:チューブを入れる

次に、
チューブのバルブをホイールのリムの穴に入れます。

続いて、
バルブ側から左右等しく
チューブをタイヤにおさめていきます(下の写真)。

 

ステップ3:タイヤのビードを入れる(はめる)

次に、
ビードをホイールのリムへ入れます。
バルブ側からスタートして左右等しく入れていきます(下の写真)。

このとき、チューブが
リムとタイヤの間に挟まれないように
(かみ込まないように)
注意してください。

 

 

ビードの最後の残りの部分を
入れるのはチョット大変ですが、
がんばって入れましょう。

手のひら(親指のつけ根や他の指のつけ根あたり)を使うといいですよ。

 

 

うまくは入らない時は
こちらの記事をみてください↓

タイヤのはめ方のコツ!ポイント解説

空気を入れる前と入れた後のチェックが大切!

あとは空気を入れれば終了ですが、
次のチェックをしてください。

【空気を入れる前】
リムとタイヤの間にチューブがはさまっていないか(全周360度でかみ込みはないか)

【空気を入れた後】
タイヤの全周(360度)でビードのラインが同じようにに出ているか(ビードのラインとリムの間隔が等しいか)

空気を入れる前のチェック

まず、空気を入れる前に、
チューブがはさまっていないか
(かみ込んでいないか)
360度(ひとまわり)
確認してください。

 

 

バルブは一度、押し込んでおいてください。

これにより、
下のイメージ図のように
バルブ付近のチューブが持ち上がり、
チューブがかみ込んでいたら解消できます。

 

 

他の箇所でかみ込みがあるときは
タイヤをつまみ上げたり、ひねったりしてみてください。


チューブのかみ込みが無いことを
確認したら空気を入れます。

タイヤの推奨空気圧(通常7~8bar:100~120psi)までしっかり入れましょう。

空気を入れた後のチェック

空気を入れたら忘れずに、
ビードのラインとリムの間隔が
360度(ひとまわり)で同じ
であるか確認してください(下の写真)。

タイヤの反対側も同じようにチェックしてください。

 

 

念のため、
ホイールを回して
タイヤがフレないか(ゆがみがないか)
も確認します。

 

以上のチェックがOKなら、
バルブの根元にナットをとりつけ、指で軽く締めます。

最後に、バルブにキャップをつけます。

これでチューブの交換は完了です。

おわりに

どうでしたか?
パンク修理といっても
チューブを交換すればいいので、
ひとつひとつの作業は単純(シンプル)でしたよね。


最初は、
手順が多いので
難しいと思うかもしれませんが、
慣れると、思うほどでもありません


とはいっても、
慣れるほどパンクはしないので、
練習をしておきましょう。


自分でパンク修理ができれば、
パンクの不安がすっきり解消します。

自転車でもっと遠くへ行きたくなりますよ。

 

タイヤをはめるのが大変な方はこの記事をどうぞ↓
タイヤのはめ方のコツ!ポイント解説

ホイールの外し方はコチラです↓
ホイールの着脱方法のポイント解説


初心者の方やロングライドでは、携帯ポンプは少し大きくても空気を入れやすいものが良いです↓
トピークミニモーフ(ゲージ無し)

空気圧計(ゲージ)付きも発売されています↓
トピークミニモーフ(ゲージ付き)

購入レビューも書いてみました↓
トピークミニモーフの購入レビュー


パンクをしないことが何よりなので以下の記事もよんでくださいね↓
ロードバイクのパンク防止の方法は?初心者に伝えたい5つのポイント!


それでもパンクが不安な方には、こちらのタイヤがよいですよ↓
コンチネンタルグランプリ4000 S II(23C)
コンチネンタルグランプリ4000 S II(25C)

少し重くて硬いですが、サイドカットに強いタイヤもあります。↓
コンチネンタルゲータースキン