ロードバイクはママチャリに比べて
パンクしやすいので、
自分ひとりでパンク修理ができるようにしておきましょう。


とはいっても、
ショップでパンク修理を
教えてもらえる方はいいですが、

そうでない方は、
本やネットの情報を参考にして、
見よう見まねでやってみることになります。


ホイールを外して、
タイヤの縁(ビード)を外して、
チューブを交換して...

 

ここまでは何とかできた方でも、
ビードをホイールにはめる最後でつまづく方は多いと思います。


私も、初心者の頃、
ショップで教えてもらったのですが、
後で一人でやってみたら
ビードがはまらず、
1時間以上タイヤと格闘した思い出があります。

タイヤレバーで
ムリやりはめようとして
新品のチューブに穴をあけてしまう方もいるようです。

 

なので、
タイヤのはめ方のポイントをまとめてみました。

コツをつかめば
タイヤレバーを使わなくてもはめることができるようになりますよ。

 

パンク修理の全体の流れはこちらです↓
ロードバイクのチューブの交換方法

 

スポンサーリンク


パンク修理で最も難しいところ

運悪くパンクしたら、
まずホイールを外し、
次にタイヤの片側の縁(ビード)を外してチューブを交換します。

あとは、外したビードをホイールに
はめればいいのですが、

下の写真の状態から
残りのビードが入らなくなります。

ここで初心者はつまずきます(私は格闘しました)。

 

 

ここでタイヤレバーを使うことをすすめる解説もあります。


ですが、
タイヤレバーを使わなくても、
以下のポイントに従えば残りのビードを最後まで入れることができますよ。

タイヤをはめる時のポイント

残りのビード部分を最後まで入れるために、以下の3つのポイントを試してみてください。

  1. タイヤの縁(ビード)はバルブ側から入れる。
  2. 入りにくい残りのビード部分はその両端から少しずつ入れて小さくしておく。
  3. 最後に、両手でタイヤをにぎり、ビードが入っていない手前側から反対側にひねってビードを入れる。

以下に、順を追って説明します。

 

スポンサーリンク


ポイント1:バルブ側から入れる

タイヤのビードはバルブ側から入れて180度反対側へ左右均等に入れていきます。

このとき、チューブが、ホイールのリムとタイヤの間にはさまれないように(かみ込まないように)注意してください。

 

 

バルブ側からビードを入れる理由は、最後に残ったビード部分にバルブが来ないようにするためです。

 

下の左側の図に示すように、バルブが無い部分では、タイヤ内のチューブがタイヤと一緒に動きやすく、残りのビードを入れやすくなります。


一方、バルブがある付近では、下の右側の図のように、チューブがバルブに引っ張られて動けないのでタイヤも動きにくくなり、ビードが入りにくくなります。

ポイント2:両端から少しずつ入れる

次に、残りのビード部分はその両端から少しずつ入れて小さくしておきます。

 

最初は親指を使ってもいいですが痛くなるので、手のひら(親指のつけ根あたり)を使うといいですよ。

 

ビードの残り部分がにぎりこぶし3個分くらいになるまで入れてください。残り部分が小さいほど、次のポイント3でビードが入りやすくなります。

(後の動画で、残りのビード部分を小さくするコツを説明しているので見てくださいね)

ポイント3:両手でにぎってひねる

残りのビード部分を小さくしたら、ビードが入っていない部分のタイヤを両手でにぎってください。

そして、下の写真のように、にぎったタイヤをビードが入っていない手前側から反対側へひねってください。

 

 

手のひらでタイヤに力を加えます。
親指のつけ根より他の4本の指のつけ根あたりを使うといいですよ。


ひねることにより、手前側から反対側へタイヤの表面に沿った力(下のイメージ図の左向きの矢印方向の力)が加わります。


すると、にぎったタイヤ部分が反対側(図では左側)へ動くとともに手前のビードが持ち上がってリムにはまります。

 

タイヤのビードは硬いので、
輪ゴムを広げるようにタイヤの輪を広げることはできません。

なので、
ビードをリムより上に直接もち上げるのではなく、ひねる力を利用してジワジワと上にズラしていくイメージです。

動画による説明

開始時間(7分目)を指定したので、ちょうどビードを入れるところからスタートします。7分目から5分間ほど見てくださいね。


この動画では、上の3つのポイントに加えて、残りのビード部分を小さくするためのちょっとしたコツを紹介しています。これまでに説明した方法でもハメにくかったときは試してみてください。

 


おわりに

タイヤは、
メーカー(ブランド)や
種類、サイズ等によって、
同じホイールでも、はまりやすさに違いがあります。

また、ホイールも
タイプによってタイヤをはめにくいものがあります。


通常、
買った自転車についているタイヤが
ホイールに、はまりにくいことはないですが、

タイヤやホイールを違うものに
買い換えた時に、はまりにくくなる
ことがあります。

 

ですが、コツをつかめば、
タイヤやホイールの種類によらず
上手くはめることができるようになります。

上に書いた3つのポイントに従って練習してみてくださいね。

 

ちなみに私は、ロングライド用に、
コンチネンタルグランプリ4000sIIを
愛用していますが、
普通にはめることができますよ↓
コンチネンタルグランプリ4000sII(タイヤ幅25c)

こちらはタイヤ幅が23Cです↓
コンチネンタルグランプリ4000sII(タイヤ幅23c)


近距離のライドやトレーニングなら
同じコンチネンタルのコチラの製品が
コストパフォーマンスが良いです。
25cでも普通にはめることができます↓
コンチネンタルウルトラスポーツ2(タイヤ幅25c)

 

ロードバイクで走り慣れてくると
走行距離が長くなり、もっと遠くへ行きたくなります。

自分ひとりでパンク修理ができると
安心して遠くまで行ける
ので、
ロードバイクがますます楽しくなりますよ。

 

パンク修理の全体の手順はこちらの記事に書いてます↓
ロードバイクのパンク修理のポイント解説!チューブの交換編

ホイールの着脱もできるようにしておきましょう↓
ホイールの着脱方法のポイント解説


携帯ポンプは、初心者の方やロングライドなら、少し大きくても空気を入れやすいものが良いです↓
トピークミニモーフ(ゲージ無し)

空気圧計(ゲージ)付きも発売されています↓
トピークミニモーフ(ゲージ付き)

購入レビューも書いてみました↓
トピークミニモーフでパンクも安心!空気を入れやすい携帯ポンプ


パンクしないことが何よりなのでこちらの記事も読んでくださいね↓
パンク防止の方法!5つのポイント

タイヤ幅25cはロングライドで安心感があります↓
コンチネンタルグランプリ4000sII(タイヤ幅25c)

少し重くて硬いですが、サイドカットに強いタイヤもあります。↓
コンチネンタルゲータースキン