この記事では、
トレックとジャイアントの
初心者向けのクロスバイクを比較します。

2018年モデルの
トレックFX2
(税抜き5万7千円)と
ジャイアントエスケープRX3
(税抜き6万5千円)の比較です。

トレックやジャイアントに限らず、
クロスバイクの種類はとても多いので
どれがよいのか迷うと思います。

自転車としては高額の買い物なのでなおさらですよね。

まずは
大手自転車メーカーの上記の2台を比較するとよいです。

この2台のどちらにするのかはもちろん
クロスバイク選びのポイントが見えてくると思います。



また、この記事では
下位モデルと上位モデルとの違いも書いています。

ですが、
もっと詳しく知りたい方は
下記の記事も参考にして頂ければ幸いです↓

4~5万円以下(最も安いグレード)
通勤や通学、街乗りに最適な実用クロスバイク
トレックFX1とジャイアントエスケープR3を比較!

5~6万円台(エントリーグレード)】(今回の記事です)
お気に入りのフレームカラーで軽快に街乗り&快速サイクリング
→トレックFX2とジャイアントエスケープRX3の比較!

7万円台(ミドルグレード)
スポーツとして、またロングライドに使うならこのクラスから
カーボンフォークのトレックFX3とジャイアントエスケープRX2の比較!

10万円台(上位グレード)
ロードバイク用コンポのティアグラ仕様のクロスバイク
トレックFXS4とジャイアントエスケープRX1の比較!


スポンサーリンク

フレームセットのスペック比較

トレックFX2と
ジャイアントエスケープRX3の
価格差は8千円です。

トレックの方が安いですが、
価格差以上の違いがあるのか、
それほど違わないのか、
スペックを比較してみます。

まずは、
最も重要なフレームセットからです。

パーツは後で交換できますが、
フレームはそうはいかないので。

フレームもフロントフォークもアルミ製

どちらのモデルも、
フレーム本体はアルミ製
フロントフォークもアルミ製です。

厳密には、
アルミにも種類がありますが、
どちらもエントリーモデルなので
素材の違いを体感できるほどの差はないはずです。

フロントフォークの形状も同じストレート型です。

なので、
フレームセットの点からは
どちらのモデルを選んでもよい
ということになります。

ただ、後でも書きますが、
選べるフレームの色と
変速機等のパーツ(部品)が違います。

下位モデルおよび上位モデルとの違いはフロントフォーク

トレックFX2も
ジャイアントエスケープRX3も
フロントフォークはアルミ製でしたが、

これに対して
下位モデルでは鉄(スチール)製、
上位モデルではカーボン製です。

フレーム本体は
どのモデルもアルミ製なので
フロントフォークの違いがフレームセットのグレードを分けるポイントです。



フロントフォークの素材と形状は、
乗り味に大きく影響します。

フロントフォークの素材には、
鉄(スチール)と
アルミと
カーボンがあります。

鉄(スチール)は
アルミより強度があり、価格が安いです。

ですが、重いので、
下位グレードは鉄(スチール)製です。

一方、カーボンは
軽くて、振動吸収性もよく
強度も十分にあるので自転車に最適な素材です。

ですが、高価なので、
上位グレードのみがカーボン製です。

ちなみに、
競技志向のロードバイクの
フロントフォークはカーボン製です。

アルミは軽いのですが、
スポーツ走行やロングライドを重視するなら
軽くて振動吸収性の良いカーボンが良いです。

ですが、
実用性/耐久性を重視するなら
重くても丈夫な鉄がよいです。

ツーリング車や
クラシックタイプのロードバイクの
フロントフォークは鉄製です。



トレックFX2と
ジャイアントエスケープRX3には
鉄よりは軽く、カーボンより安い
アルミ製
のフロントフォークが装着されています。

コスト的に
鉄とカーボンの中間をとって
アルミが選ばれているのだと思います。



なお、
フロントフォークの形状については
下位グレードの
ジャイアントエスケープR3のみが
曲がりのあるベント型フォークで
乗り安さ/安定性を重視し、
他のモデルの
トレックFXシリーズと
ジャイアントRXシリーズは
まっすぐなストレート型フォークで、
軽快さ/スポーツ性を重視しているようです。

フレームのカラー

トレックFX2も
ジャイアントエスケープRX3も
エントリーモデルとはいっても6万円前後もします。

1万円のママチャリが6台も買える値段です。

なので、性能だけでなく、
見た目にもこだわりたいですよね。

パーツは後で交換できますが、
フレームはそうはいかないので
好きな色のクロスバイクを選ぶのがよいです。

トレックFX2も
ジャイアントエスケープRX3には
フレームカラーがいろいろあります。

【トレックFX2のフレームカラー】

  • 黒(つやけし、ロゴはグレー)
  • 白(ロゴは黒)
  • スカイブルー(ロゴは黒)
  • オレンジ(ロゴはグレー)
  • ガンメタリック(ロゴは赤)

【ジャイアントエスケープRX2のフレームカラー】

  • 黒(ロゴは赤)
  • 白(ロゴはグレー)
  • 青(ロゴは白)
  • 緑(ロゴは黒)

前に書いたように
フレーム本体の素材が同じで
フロントフォークの
素材も形状も同じなので、
フレームの色で決めてもよいかもしれません。

黒や白なら
どちらのモデルにもありますが、

スカイブルー、オレンジ、ガンメタリックがよいなら
トレックFX2を選ぶことになり、

緑や青がよいなら
ジャイアントエスケープRX3を選ぶことになりますね。

車体の重さの比較

ママチャリと違って
クロスバイクはとても軽快に走ることができます。

その軽快な走りの理由は車体の軽さにあります。

なので、車体の重量を比較してみます。



カタログやホームページによれば、
トレックFX2が
サイズ20(適応身長174~187cm)で
約11.4 kg

エスケープRX3が、
サイズ465mm(Sサイズ)で
10.4kgです。

上記の数値は、
比較したトレックFX2の
フレームサイズが大きく、
タイヤも太いので
その分を差し引く必要がありますが、
ジャイアントエスケープRX3が軽いです。

ジャイアントエスケープRX3は、
比較的軽いフレームや部品が使われ、
タイヤも細めなので軽く、
これらの違いが重量差にあらわれています。

クロスバイクは、
10kgを切ると非常に軽いので、
10kg台のジャイアントエスケープRX3は軽いクロスバイクといえます。

トレックFX2の重量は
重い太めのタイヤをつけた
大きめなフレームサイズでも11.4kgなので、
クロスバイクとしては十分な軽さです。

18~20kgもあるママチャリと比べると、
どちらもとても軽いので
ママチャリから乗り換えると
その軽快な走りに驚きますよ。


スポンサーリンク

パーツ(部品)の比較

トレックFX2も
ジャイアントエスケープRX3も
エントリーグレードなので
どちらも入門用のグレードのパーツが装着されています。

ですが、
その違いも気になると思うので詳細を見てみます。

変速機(ディレーラー)とギア比

トレックFX2と
ジャイアントエスケープRX3は、
どちらも
シマノ製のマウンテンバイク(MTB)用の変速機が装着されています。

リア(後)は
トレックFX2が
8速(歯数11-32)
変速機(リアディレーラ-)はシマノ製アセラ(Acera)

ジャイアントエスケープRX3が
9速(歯数11-32)
変速機(リアディレーラ-)はシマノ製アルタス(Altus)です。



フロント(前)は
トレックFX2が
3段(歯数48/38/28)で
変速機(フロントディレーラー)は
シマノ製ターニー(Tourney)

ジャイアントエスケープRX3が
3段(歯数48/36/26)で
変速機(フロントディレーラー)は
シマノ製アルタス(Altus)です。



ちなみに
ターニー<アルタス<アセラ<アリビオの順でグレードが高くなります。

なので
リアの変速機はトレックFX2が上
フロントの変速機はジャイアントエスケープRX3が上です。



最も軽いギア比は
トレックFX2が
28/後32
ジャイアントエスケープRX3が
26/後32です。

なので、
ジャイアントエスケープRX3の方が軽くこげます。

といっても、その違いはわずかで
ママチャリと比べるとどちらも驚くほど軽くこげます。



シフターは、
親指と人差し指で操作する
レバー式(トリガー式)です。

トレックFX1が
シマノ製ST-EF500, 8 speed

ジャイアントエスケープRX3が
シマノ製アルタス, 9 speedです。

前と後を合わせた変速の段数は
トレックFX2が3×8の24段
ジャイアントエスケープRX3が3×9の27段です。



まとめると、
トレックFX2には、
後の変速機にグレードの高い
アセラが装着されていますが、

ジャイアントエスケープRX3の方が
変速段数が多く、ワイドレシオで、
シフターと前後の変速機がアルタスで統一されています。

なので、
変速機系のパーツについては
トータルとして
ジャイアントエスケープRX3の方がよいといえます。

トレックFX2より
ジャイアントエスケープRX3が
8千円ほど高い理由の1つとして
このような変速機のグレードの違いがあるようです。

ブレーキ

前後のブレーキは
どちらのモデルも Vブレーキ(テクトロ社製)です。

トレックFX2にはディスクブレーキのモデルもあります。

Vブレーキは
マウンテンバイク(MTB)用なので
良く効くはずですが、
効きが今ひとつと感じたら、
シマノ製のディオーレ(DEORE)に交換すると良いです。

効きとメンテナンス性が格段にアップします↓

アマゾンへのリンクです↓
SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE フロント用 ブラック

SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE リア用 ブラック

(カラーはブラックのほかにシルバーもあります)

楽天にもあります↓

ちなみに、
トレックFX2のディスクブレーキは
機械式(ワイヤー式)です。

参考までに
上位モデルのトレックFX3とFXS4のディスクブレーキは油圧式です。

いずれにしても
ディスクブレーキは、
よく効くので雨の日も安心です。

見た目もかっこいいです。

ただ、
Vブレーキに比べて整備が難しいです。

自分で整備ができるならいいですが、
ショップにお願いすると
工賃が高いのでその点は注意してくださいね。

その他のパーツ(部品)について

ハンドルバー、ステム、
ホイール等の他のパーツについては、
いずれもエントリーモデル向けなので
大きな違いはないです。

サドルも、
どちらもクロスバイク用の柔らかいものです。
(ママチャリよりは硬いです)

ただ、
シートポスト(シートピラー)と
タイヤの太さには大きな違いがあります。

タイヤの太さについては
乗り心地に大きく影響するので
後でくわしく説明します。

ジャイアントのシートポストD-FUSE Composite

ジャイアントのエスケープRX3の
シートポストは、
「D-FUSE Composite」といい、
振動吸収のための工夫がされています。

このシートポストは、
文字通り、断面がD型の形状、
すなわち、
シートポストの後側が平たくなっているので、
前後にしなりやすくなっています。

このしなりによって、路面からの振動を軽減することができます。

素材はアルミ製です。
ちなみに上位モデルのRX2とRX1はカーボン製です。

ただ、
お尻が痛くなったら、
こんなインナーパンツをはくといいですよ↓



アマゾンへのリンクです↓
パールイズミ(159-3D)メッシュインナーパンツ

楽天へのリンクです↓
パールイズミ 2017年モデル 秋冬 159-3D 3Dメッシュインナーパンツ bebike

パーツの交換

ママチャリと違って、
クロスバイクの部品(パーツ)は
1つ1つ他のものに交換できます。

同じ部品(パーツ)でも
いろいろな製品があるので、
乗り慣れた頃に交換してみるとよいです。

例えば、
ハンドルのグリップは、
エルゴ形状でエンドバー付き
以下のタイプに交換すると
とても握りやすくなり、
遠出のサイクリングをしたときに手の負担を軽減できます↓

アマゾンへのリンクです↓
ERGON(エルゴン)GP2 グリップ

ERGON(エルゴン)GP3 グリップ

楽天にもあります↓

エンドバーの長さが
GP2は短め、GP3が長めです。
それぞれ握りが細いSサイズと太めのLサイズがあります。

なお、シフターの種類に応じて
グリップの長さに2タイプ(ショートとロング)があります。

その他にも、
コルクを使ったタイプや
少し堅めのGSシリーズがあります。

いろいろあるので購入時に注意してくださいね。



ブレーキは、前に書いたように、
シマノのディオーレ(DEORE)に交換すると
効きとメンテナンス性が向上します↓

SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE フロント用 ブラック

SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE リア用 ブラック

(ブラックの他にシルバーもあります)

タイヤの太さの比較

トレックFX2と
ジャイアントのエスケープRX3は、
タイヤの幅が大きく違います。

トレックFX2は
太めの35C(35mm)で、

ジャイアントエスケープRX3は
細めの28C(28mm)です。

タイヤは消耗品なので、
すり減って交換するときに
違う幅のタイヤにしてみるとよいです。

細いタイヤは走りが軽快ですが、
空気圧を高くする必要があるので、
路面が悪いと振動が大きくなります。

リム打ちパンクをしないように
空気圧管理もしっかりする必要があります。

一方、
太めのタイヤは、空気量が多く、
空気圧を低めに設定できるので
路面からの振動を吸収しやすく
乗り心地が良くなります。

また、リム打ちパンクをしにくく
空気圧の管理も少しゆるくてよいです。

ですが、
タイヤが太いと重いです。



私は、
25C、28C、32C、35Cを
試してみましたが、
バランスのよい32Cに落ち着きました。

ちなみにチューブのバルブは
トレックFX2が
米式(オートバイや自動車と同じ)で、
ジャイアントエスケープRX3が
仏式(ロードバイクと同じ)です。

フレームの規格が違う/ホイールの互換性に注意!

トレックFX2のフレームの
エンド幅(後輪の取り付け部の幅)は
マウンテンバイク(MTB)規格の135mmです。

なので、
ロードバイク用のリアホイールが装着できません。

クロスバイクを購入後に、
ロードバイク用のホイールに交換することを考えている方は、
フレームのエンド幅に注意してくださいね。

一方、
ジャイアントエスケープRX3は、
ロードバイクと同じ130mmです。

なので、
ロードバイク用のホイールをつけることができます(とても高価ですが)。

どちらを選んだらよいか

トレックFX2と
ジャイアントのエスケープRX3を
スペック上で比較すると、

エスケープRX3の方が

  • トレックFX2より軽量
  • リアの変速が1速多い
  • 前後の変速機とシフターがアルタスで統一
  • ロードバイクのホイールが装着できる

といったメリットがあります。



一方、トレックFX2の魅力は、
なんといっても
エスケープRX3より8千円安いことです。

クロスバイクには、
ライトも、鍵も、
スタンドも、泥よけも、
ベルもついていません。別売りです。

なので、
価格差の8千円で
これらのアイテムを買えるのは助かりますよね。

それにトレックFX2は、
ジャイアントエスケープRX3と
フレーム本体が同じアルミ製で、
フロントフォークも同じアルミ製のストレートタイプです。

また、
トレックFX2は、
ジャイアントエスケープRX3より
変速の段数が少ないといっても
ママチャリに比べれば十分な段数があります。

タイヤは
すり減ったときに交換すればよいし、
その他のパーツについても
乗り慣れた頃に交換できます。

また、街乗りがメインなら
高価なロードバイク用のホイールは必要ないです。



という分けで結論としては、

フレームカラーに好みの色があれば、
8千円安いトレックFX2がよいです。

エントリークラスなので価格を重視した選択です。

ですが、
トレックFX2には無い緑や青が好みなら、
ジャイアントエスケープRX3がよいです。

8000円高くても
トレックFX2より軽くて
変速機もトータルとして良いですし、
やっぱり、好きなフレームカラーがいいですよね。



スポンサーリンク

おわりに

これまで、
スペックを比較して、
どちらがよいか検討してみました。

ですが、これと併せて
自分がクロスバイクを買う目的も
今一度、考えてみてくださいね。

というのも、
もし、通勤や通学、街乗りしか考えていないなら、
フロントフォークが鉄製で丈夫な下位モデルで十分だからです。

下位モデルであっても
トレックとジャイアントのクロスバイクは
ママチャリや
他の安価なシティサイクルに比べると
驚くほど軽快に走れます。



一方、街乗りだけでなく、
ロングライドをしたり、
トレーニングをするための
スポーツ機材として考えているなら、
値段は少し高いですが
フロントフォークがカーボン製
上位モデルがおすすめです。

自転車に乗るだけで
楽しかった子供の頃のように
クロスバイクに乗ることが楽しみになりますよ。



これまでに書いた
クロスバイクの比較記事を4つの価格帯にまとめてみました。

街乗りがメインの方は、
下位モデルの記事も読んで比較してみるとよいです。

また、クロスバイクを
トレーニングやロングライドに使いたいなら、
ぜひ上位モデルの記事を読んでくださいね。↓

4~5万円(最も安いグレード)
通勤や通学、街乗りに最適な実用快速クロスバイク!トレックFX1とジャイアントエスケープR3を比較

5~6万円(エントリーグレード)】(今回の記事です)
→お気に入りのフレームカラーで街乗り&快速サイクリング!トレックFX2とジャイアントエスケープRX3を比較

7万円台(ミドルグレード)
スポーツとして/ロングライドに使うならこのモデルから!カーボンフォークのトレックFX3とジャイアントエスケープRX2を比較

10万円台(上位グレード)
ロードバイク用コンポのティアグラ仕様!トレックFXS4とジャイアントエスケープRX1を比較



クロスバイクにはライトがついていないので、購入前にこちらの記事でライトのルールを確認しておくとよいです↓
フロントライトは点滅はダメ?明るさのルール

テールライト(リアライト)は点滅でいい?点灯と点滅のルール

おまわりさんにつかまらないように、自転車の交通ルールも確認しておきましょう!
自転車は車道?交差点でのルールと注意点

 

スポンサーリンク