初めてのロードバイクで
ツーリングは楽しいですよね。

自転車に乗るだけで楽しかった
子供の頃を思い出します。


ですが、
突然パンクはやってきます!

楽しかった一日になるはずが、
そのとたん、ツイてない一日になります。


わたしは、
初めて買ったロードバイクの納車後、
最初のツーリングでパンクしました。

楽しくて日没まで走っていたのですが
その帰り道でパンクし、
外灯の下で四苦八苦しながら
パンク修理をした思い出があります。


なので、
予備チューブ(スペアチューブ)と、
タイヤレバー、携帯ポンプ
を装備し、
パンクの修理もできるようしておきましょう。

近頃は自転車保険にも
ロードサービスがあり、

24時間いつでも
駆けつけてくれるから大丈夫!
なんていう方もいるかもしれません。


ですが、何よりも
パンクをしないことが一番ですよね。

 

私はパンクをして以来、
パンク対策の意識が高くなり
(正しくはパンクが怖くなり)
おかげで、
その後はパンクはありません。
(運がいいこともありますが)


これからお話しする
パンク防止のポイントは、
基本的なことですが、
簡単にできることなので実践してみてください。


運もあるので、これだけで
100%防げるわけではありませんが、
かなりのパンクのリスクを減らせますよ。

 

スポンサーリンク


走行前に推奨空気圧まで空気を入れる

ロードバイクのタイヤは
細くてパンクしやすいので、
しっかり空気を入れて走ることが大切です。


圧力計の付いた空気入れ
(ゲージ付きフロアポンプ)
は買ってありますよね。

空気を入れるときは、次の2点を守ってください。

  1. 走行前に空気を入れる。
  2. タイヤの推奨空気圧まで入れる。

走行前に空気を入れる

ママチャリのときのように、
「先月空気を入れたから大丈夫」なんてことはありません。

パンクをしていなくても
毎日、空気は少しずつ抜けていきます。


なので、
走行当日に空気を入れましょう。


早朝から走るときは
前日の夜でもいいですが
少し高めの空気圧にしておくと安心です。

タイヤの推奨空気圧まで入れる

「タイヤを指で押して柔らかかったら空気を入れる」なんてダメですよ。

ロードバイクのタイヤの
推奨空気圧
通常7~8バール(bar)です。

1バール(bar)は
約1気圧(atm)なので
7~8気圧も入れる必要があります。

ママチャリに比べて
とても高い圧力なので
空気圧計を見ながらしっかり入れましょう!


タイヤの推奨空気圧は、
タイヤのサイズや種類、
メーカーによって違うので
確認してくださいね。
(タイヤの側面に書いてありますよ)


例えば、
コンチネンタルグランプリ4000sIIの
推奨空気圧は次の通りです。

  • サイズ23c:7.5~8.5bar(110~120PSI)
  • サイズ25c:6.5~8.5bar(95~120PSI)

「23c」と「25c」は
タイヤの幅を示し、数字が大きい方が太いです。

このように
タイヤの幅が少し違うだけで、
推奨空気圧が異なっているので注意
してください。


わたしは、
太めの25cを使っているので、
6.5bar(95PSI)以上にする必要があります。

ですが、
体重が70kgと重く、
大型のサドルバックを
つけることもあるので
7bar(約100PSI)以上の
少し高めの空気圧にしています。

体重が重い方は少し高めにしておくと安心ですよ。

空気圧が低いと

空気圧が低い方が、
振動が少なくなり、
乗り心地が良くなるのですが、

低すぎるとパンクしやすくなります。


空気圧が低いと、
タイヤの表面が柔らかいので
異物が刺さりやすくなります。

また、
タイヤが変形しやすいので、
段差を乗り越えるとき
チューブとタイヤが
地面とリムの間に強く挟まれて、
チューブに穴があきます。
(これを「リム打ちパンク」といいます)

特に、
車道から歩道に上がるときは、
リム打ちパンクをしやすいので、
ゆっくりと段差を越えてください。


このように、
空気圧が不足すると
パンクのリスクが高まる
ので、

走行前推奨空気圧までしっかり空気を入れましょう。

 

スポンサーリンク


タイヤは少し太めで

ロードバイクのタイヤが
パンクしやすい主な理由は、
見て分かる通り、細いからです。

細くても
しっかり空気圧を管理すれば、
パンクしにくいのですが、

一般に、タイヤが細いと
空気量が少なくなり、
ゴムの厚みも薄めになります。


なので、
空気量が多くゴムの厚みも十分にある
太めのタイヤがよいです。

通常、23cが装着されているので、
25c前後の少し太めのタイヤに交換してみてください。

24cや26cもあるので、
自分の自転車に装着可能なサイズを選んでくださいね。

28cは太すぎて
装着できないことがほとんどなので注意してください。

 

太めのタイヤにすることで、
タイヤ内の空気量が増え、
リム打ちパンクをしにくくなります。

加えて、
振動吸収性が良くなり、
転がり抵抗が小さくなるメリットも得られます。


太いタイヤの欠点として、
「重くなる」とか、
「空気抵抗が大きくなる」とか
言われていますが、
25c前後の少し太めであれば
初心者にはあまり影響ありませんよ。

近頃は、25cが装着された完成車も増えています。

パンクに強いタイヤを選ぶ

入門用ロードバイクには、通常、
価格を抑えるため
安価なタイヤが装着されています。

安価なタイヤはそれなりの性能なので
耐パンク性もよくありません。

なので、
パンクに強いタイヤに交換してください。

軽量なレーシングタイヤも
気になると思いますが、
特にロングライドをするときは耐パンク性を優先してくださいね。

 

私が現在使っているタイヤは、
コンチネンタルグランプリ4000sII」(サイズ25c)です。

ブルベ等のロングライド志向の
サイクリストに評判がいいタイヤです。

旧型の4000sから使い続けていますが、
このタイヤに交換してからパンクはありません。

コンチネンタルグランプリ4000sII(タイヤ幅25c)


その他に、同じコンチネンタルで、
サイドカットにも強いタイヤもあります。

コンチネンタルゲータースキン


他のメーカーにも
耐パンク性を重視した
良いタイヤがあるので検討してみてください。

これもロードバイクの楽しみの1つです。

車道では左端に寄りすぎない

ロードバイクでは
基本的に車道の左側を走りますが、
左端に寄りすぎないようにしましょう。


車道の端には、
異物が落ちていることが多く
パンクのリスクが高くなります。

白線があるときは、
白線から少し車道よりを走ります。


とはいっても、後ろから追い越してくる車がこわいですよね。


ですが、車道の左端
(白線から歩道側)ばかり走ると、
パンクのリスクが高くなります。

その上、
アスファルトの継ぎ目にハンドルをとられたり、
ガードレールが突然張り出していたり、
白線上にポールが立っていたりと危険です。

また、
白線の内側(歩道側)を走っていると
後ろから来た車が徐行しないで
スレスレで追い越したりすることもあります。


なので、
白線から少し車道よりをメインに走行してみてください。

後方の車は
徐行しながら間隔を開けて
追い越しをしてくれますよ。


なお、狭い道では、
左側にスペースがあるところで
左に寄って徐行し、
後方の車を先に行かせましょう。

走行後にはタイヤをチェック

走行後には、タイヤを水拭きして、
以下の2点をチェックします。

  1. タイヤに異物はないか。
  2. タイヤの摩耗はどの程度か。

タイヤの傷や異物は
パンクの原因になるので、
異物があれば取り除き、
傷があるときはタイヤを交換します。

新品のタイヤに交換したばかりで
小さな傷が見つかったときは、
私は自己責任で靴底補修剤で補修をしています。


また、
タイヤが摩耗すると
パンクしやすくなるので
早めに交換しましょう。

ロードバイクのタイヤは
ママチャリのタイヤに比べると
ともても高価なので、

もう少し使えるからと
つい購入を先延ばしにして
交換が遅くれがちになります。

なので、
いつでも新品のタイヤを買えるように貯金しておきましょう。

まとめ

これまでに説明した
パンク防止のポイントを
以下にもう一度書いておきます。

  1. 走行前に推奨空気圧まで空気を入れる。
  2. タイヤは少し太めで
  3. パンクに強いタイヤを選ぶ。
  4. 車道では左端に寄りすぎない。
  5. 走行後にタイヤをチェック

以上のパンク防止のポイントは
初心者でも簡単に行うことができます。

特に、
走行前の空気圧管理と、
走行後のタイヤチェック
すぐにできることなので、実践してくださいね。


少しでもパンクのリスクを減らして
楽しい自転車ライフを送りましょう。

 

パンクをしないのが何よりですが、自分一人でパンク修理ができれば安心ですよ↓
ロードバイクのパンク修理のポイント解説!チューブの交換編
ホイールの着脱方法のポイント解説!


タイヤをはめるのが大変は方はこちらの記事をどうぞ↓
ロードバイクのタイヤをホイールへはめるコツ!


携帯ポンプは空気が入れやすいものがおすすめです↓
トピークミニモーフ(ゲージ無し)

空気圧計(ゲージ)付きも発売されています↓
トピークミニモーフ(ゲージ付き)

購入レビューも書いてみました↓
トピークミニモーフの購入レビュー


コンチネンタルグランプリ4000sIIはレーシングタイヤですが、パンクしにくいのでロングライドでも安心感があります↓
コンチネンタルグランプリ4000sII(タイヤ幅25c)

少し重くて硬いですが、サイドカットにも強いタイヤもあります↓
コンチネンタルゲータースキン