トレックとジャイアントの
2018年型クロスバイクのエントリーモデルの価格は、

トレックFX1が、
税抜き4万5千円

ジャイアントエスケープR3
税抜き5万円です。

価格が5万円以下なので
どちらも購入しやすいモデルです。

この記事では、
大手自転車メーカーの5万円以下の
エントリーグレードのモデルは
どのようなクロスバイクなのか、
比較しながらまとめてみました。



ちなみに、
我が家にはトレックFX1と、
旧型のトレック7.5FXがあるのですが、
ジャイアントは所有していません。

なので、
主にスペックの比較になりますが、
初めてのクロスバイク選びにお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

フレームの比較

トレックFX1
ジャイアントエスケープR3
価格差は5千円です。

価格差以上の違いがあるのか、
それとも大差ないのか、スペックから判断してみます。

フレームの材質

どちらも、
フレーム本体はアルミ製
フロントフォークは鉄(スチール)製です。

厳密にはアルミにも種類があり、
鉄にも種類がありますが、
どちらもエントリーモデルなので
素材の違いを体感できるほどの差はないはずです。

ただ、
トレックFX1のフロントフォークは
同じ鉄でも
ハイテン(高張力綱)ですが、
エスケープR3のフロントフォークは
クロモリ(クロムモリブデン綱)です。

ハイテンは
通常の鋼材よりも強度がありますが、
クロモリの方が、
ロードバイクのフレームにも使われる
強度と加工性に優れる鋼材です。



また、
エスケープR3のフロントフォークは
曲がりのあるベントフォークなので
安定した乗り心地のよい走行が期待できます。

一方、
トレックFX1のフロントフォークは
真っ直ぐなストレートフォークです。

フレームのジオメトリー(寸法図)が
上位モデルとほぼ同じなので
軽快なスポーツ走行が期待できます。

ただ、後で説明するように、
トレックFX1はタイヤが太いので
軽快に走るには、
細めのタイヤに交換するとよいです。

フレームのカラー

トレックFX1も
ジャイアントエスケープR3も
エントリーモデルとはいっても5万円もします。

性能だけでなく、フレームカラーにもこだわりたいですよね。

パーツは後で交換できますが、
フレームはそうはいかないので
長いつきあいになります。
(トレックのフレームは生涯補償付きです)

なので、
好きな色のクロスバイクを選ぶのがよいです。

ですが、
トレックFX1(2018年モデル)は、
黒(光沢あり)
青(水色)しかありません。

一方、
ジャイアントエスケープR3(2018年モデル)は、
の他に、
赤、白、マットライム(ツヤ消しの黄色)があります。

黒と青(水色)以外の色がよいなら、
ジャイアントエスケープR3を選ぶことなります。

ちなみに、
少し高くてもトレックがよければ、
上位モデルのFX2には
(エスケープR3より7千円高)
黒(光沢無し)、白、スカイブルー、オレンジ、ガンメタリックがあります。

車体の重さの比較

自転車の全体の重量は、
トレックFX1が
サイズ20(適応身長174~187cm)で
約12.4 kg

ジャイアントエスケープR3が、
サイズ465mm(Sサイズ)で
10.7kgです。

上の数値は
トレックFX1のフレームサイズが大きいので、
その分を差し引く必要がありますが、
ジャイアントエスケープR3が1kg以上も軽いです。

ジャイアントエスケープR3は、
比較的軽いフレームや部品が使われ、
タイヤも細めで軽く、
これらの違いが重量差にあらわれています。

クロスバイクは、
10kgを切ると非常に軽いので、
10kg台のエスケープR3は、安いのに、
そこそこ軽いクロスバイク
といえます。

トレックFX1の重量は普通です。

とはいっても
18~20kgもあるママチャリと比べると、
どちらもとても軽いです。



スポンサーリンク

パーツ(部品)の比較

変速機とギア比

トレックFX1と
ジャイアントエスケープR3には、
どちらもシマノのマウンテンバイク(MTB)用の変速機がついています。

リア(後)は
トレックFX1が7段(歯数14-34)、
エスケープR3が8段(歯数11-32)、
変速機(リアディレーラー)はどちらもシマノ製アルタス(Altus)です。

フロント(前)はどちらも
3段(歯数48/38/28)で、
変速機(フロントディレーラー)はシマノ製ターニー(Tourney)です。

ターニーもアルタスも
シマノのマウンテンバイク(MTB)用の
コンポーネントの入門グレードです。

最も軽いギア比は、
トレックFX1が前28/後34
ジャイアントエスケープR3が前28/後32です。

トレックFX1の方が坂道を軽くこげる構成になっています。

とはいっても、その違いは小さく、
どちらも、ママチャリと比べると驚くほど軽くこげます。



シフターは、
どちらもシマノの同グレード品で
親指と人差し指で操作するレバー式(トリガー式)です。

トレックFX1が
ST-EF500, 7 speed
ジャイアントエスケープR3が、
ST-EF500, 8 speedです。



前と後を合わせた変速の段数は、
トレックFX1が21段(3×7)
ジャイアントエスケープR3が24段(3×8)です。

ジャイアントエスケープR3の段数が多いですが、
ママチャリと比べれば、
トレックFX1の21段でも十分です。

ブレーキ

前後のブレーキは
どちらもVブレーキ(テクトロ社製)です。

Vブレーキは
マウンテンバイク(MTB)用なので
良く効くはずですが、
効きが今ひとつと感じたら、
シマノ製のVブレーキ(DEORE)に交換すると良いです。

効きとメンテナンス性が格段にアップします↓

アマゾンへのリンクです↓
SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE フロント用 ブラック

SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE リア用 ブラック

(カラーはブラックのほかにシルバーもあります)

楽天にもあります↓

なお、
ジャイアントエスケープR3と
トレックFX1のどちらも
ロードバイク用の
キャリパーブレーキ、
ダイレクトマウントブレーキは装着できません。

その他のパーツ(部品)について

ハンドルバー、ステム、
シートポスト(シートピラー)、
ホイール等の他のパーツについては、
いずれもエントリーモデル向けなので
大きな違いはないです。

サドルも、
どちらもクロスバイク用の柔らかいものです。

ただ、
タイヤについては太さがかなり違います。
走行に影響があるので後で詳細を説明します。

パーツの交換

ママチャリと違って、
クロスバイクの部品(パーツ)は
1つ1つ他のものに交換できます。

同じ部品(パーツ)でも
いろいろな製品があるので、
乗り慣れた頃に交換してみるとよいです。

例えば、
ハンドルのグリップは、
エルゴ形状でエンドバー付き
以下のタイプに交換すると
とても握りやすくなり、
ロングライドでも手の負担を軽減できます↓

アマゾンへのリンクです↓
ERGON(エルゴン)GP2 グリップ

ERGON(エルゴン)GP3 グリップ

楽天にもあります↓

エンドバーの長さが
GP2は短め、GP3が長めです。
それぞれ握りが細いSサイズと太めのLサイズがあります。

なお、シフターの種類に応じて
グリップの長さに2タイプ(ショートとロング)があります。

その他にも、
コルクを使ったタイプや
少し堅めのGSシリーズがあります。

いろいろあるので購入時に注意してくださいね。



ブレーキは、前に書いたように、
シマノのディオーレ(DEORE)に交換すると、
効きとメンテナンス性が向上します↓

SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE フロント用 ブラック

SHIMANO(シマノ) Vブレーキ DEORE リア用 ブラック

タイヤの太さの比較

トレックFX1と
ジャイアントのエスケープR3は、
タイヤの幅が大きく違います。

トレックFX1は
太めの35C(35mm)で、
ジャイアントエスケープR3は
細めの28C(28mm)です。

タイヤは消耗品なので、
すり減って交換するときに
違う幅のタイヤにしてみるとよいです。

細いタイヤは走りが軽快ですが、
空気圧を高くする必要があるので、
路面が悪いと振動が大きくなります。

リム打ちパンクをしないように
空気圧管理もしっかりする必要があります。

一方、
太めのタイヤは、空気量が多く、
空気圧を低めに設定できるので
路面からの振動を吸収しやすく
乗り心地が良くなります。

また、リム打ちパンクをしにくく
空気圧の管理も少しゆるくてよいです。

ですが、
タイヤが太いと重いです。



私は、
25C、28C、32C、35Cを
試してみましたが、
バランスのよい32Cに落ち着きました。

ちなみにチューブのバルブは
トレックFX1が
米式(オートバイや自動車と同じ)で、
エスケープR3が
仏式(ロードバイクと同じ)です。

フレームの規格が違う/ホイールの互換性に注意!

トレックFX1のフレームの
エンド幅(後輪の取り付け部の幅)は
マウンテンバイク(MTB)規格の135mmです。

なので、
ロードバイク用のリアホイールが
装着できません。

クロスバイク用のホイールをつければいいのでは?
と思うかもしれませんが、
クロスバイク用のホイールは種類が少ないです。

クロスバイクを購入後に、
ロードバイク用のホイールに交換することを考えている方は、
フレームのエンド幅に注意してくださいね。



一方、
ジャイアントのエスケープR3は、
ロードバイクと同じ130mmです。

なので、
とても種類の多い
ロードバイク用のホイールから
好きなものを選んで取り付けることができます。

ホイールを代えると走りが変わり、
見た目もよくなるので、
ホイールのグレードアップの
楽しみがあります。
とてもお金がかかりますが

どちらを選んだらよいか

トレックFX1と
ジャイアントのエスケープR3を
スペック上で比較すると、

エスケープR3の方が
値段が5千円高いものの、

  • トレックFX1より軽量
  • リアの変速が1速多い
  • 選べるフレームのカラーの種類が多い
  • ロードバイクのホイールが装着できる

といったメリットがあります。



一方、トレックFX1の魅力は、
なんといっても
税抜き4万5千円
エスケープR3より5千円安いことです。

クロスバイクには、
ライトも、鍵も、
スタンドも、泥よけも、
ベルもついていません。別売りです。
(エスケープR3にはベルがついています)

なので、
価格差の5千円で
これらのアイテムを買える
のは助かりますよね。



トレックFX1と
ジャイアントエスケープR3は
フレームの材質に大きな違いがなく、
変速機やシフターのグレードもほぼ同じです。

また、
トレックFX1は、
ジャイアントエスケープR3より
変速の段数が少ないのですが、
ママチャリに比べれば
どちらも十分な変速の段数です。

タイヤの幅が違いますが、
すり減ったときに交換すればよいし、
その他のパーツについても
乗り慣れた頃に必要なものに交換できます。

また、
ホイールの交換がしたくなる頃には、
上位モデルのクロスバイクや
ロードバイクが欲しくなっているので
街乗りがメインなら
ホイールの互換性は気にすることはないです。


という分けで結論としては、

フレームカラーが
黒か青(水色)でよければ、
5千円安いトレックFX1でよいです。

他の色が良ければ、
ジャイアントエスケープR3ということになります。



スポンサーリンク

おわりに

あれこれ書きましたが、
見た目と値段で選んでも問題ないという結論になりました。

な~んだ、
という声が聞こえてきますが、
トレックとジャイアントであれば、
どちらを選んでも間違いないです。

子供の頃の
自転車に乗るだけで楽しい
という気持ちを
きっと思い起こすことができますよ。



クロスバイクをスポーツとして又はロングライドにも使うなら、上位モデルがおすすめです。↓
カーボンフォークのトレックFX3とジャイアントエスケープRX2の比較!

クロスバイクにはライトがついていないので、購入前にこちらの記事でライトのルールを確認しておくとよいです↓
フロントライトは点滅はダメ?明るさのルール
テールライト(リアライト)は点滅でいい?点灯と点滅のルール

おまわりさんにつかまらないように、自転車の交通ルールも確認しておきましょう!
自転車は車道?交差点でのルールと注意点

 

スポンサーリンク